Twitterスペースとは?新機能の内容!招待・参加・退出など詳しいやり方や活用方法・利用者の声まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。

 

2021年4月に登場した、Twitterスペースが話題となっていますね!

Twitterスペースは、これまで文章で交流していたツイッターをリアルタイムで会話できちゃう新機能です。

一足先に登場した音声SNS「クラブハウス」と同じような機能で、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

 

この記事では、

  • Twitterスペースって何?
  • Twitterスペースのやり方
  • Twitterスペースの口コミ

などについてまとめていきます。

 

Twitterスペースを利用してみたい!やり方について知りたい!という方は是非参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterスペースとは?新機能の内容

 

Twitter, ソーシャル ネットワーク, それが好きです, ような, ロゴ

 

Twitterスペースは、これまで文字がメインだったツイッターを音声で会話を楽しむことができる音声SNS機能になります。

音声SNSは、2020年に登場した「クラブハウス」でも注目を集めていますよね。

 

2021年2月頃より試験的に導入が始まったTwitterスペースは、5月4日からiOS・Android共に本格的に提供が始まりました。

 

 

スペースの特徴

 

Twitterスペースの特徴がこちら

  • スペースを構成するのはホスト(作成者)・スピーカー(発言できる参加者)・リスナー(観客)の3構成
  • スペースで会話に参加できるのは最大11人
  • リスナーの数は無制限

 

スペースを開始するユーザーをホストと呼びます。

ホストはスペースに参加者を集め会話ができるのですが、会話の権限を持つのは最大11人。

会話に参加しなくても、リスナーとして音声会話を聞くだけなら誰でも可能です。

 

ただ、ユーザーなら誰でもホストになれるわけではなく

  • ホストの条件はフォロワー数600人以上
  • 現在作成できるディバイスはiOSのみ

という条件があります。

 

2021年5月現在の設定では、ホストになれるのはフォロワー数が600人以上かつiOSディバイスのみとなっています。

ホストは、スペースに参加しているスピーカーで不適切な発言をしているユーザーをミュートしたりブロックすることも可能。

会話中でもしっかり参加者しているアカウントを管理できるので安心ですね。

 

Twitterスペースの利用は、一般ユーザーはもちろんのこと企業アカウントも積極的な利用が広まっています。

利用方法も、チケット購入制で参加できるタイプなど様々な様式が展開されていくみたいですよ。

 

スポンサーリンク

 

スペースならではの機能

 

Twitterスペースでは、絵文字でリアクションをとることができます。

この機能は、同じ音声SNSの「クラブハウス」にはないので、より感情を表現しやすくコミュニケーションの幅が広がりそうですね。

 

また、「クラブハウス」にはない機能がもう一つ。

スペースで会話されている内容が字幕で表示されるので、聴覚が不自由な方でも楽しむことができるんです。

この機能は、ホストとスピーカーが字幕をオンにする必要がありますが、様々なユーザーが利用しやすくなる便利な機能の一つと言えますね。

 

Twitterスペースの詳しい機能はこちら

Twitterスペース

 

スポンサーリンク

 

Twitterスペース招待・参加・退出など詳しいやり方や活用方法

 

電話, ディスプレイ, アプリ, アプリケーション, 画面

 

Twitterスペースを開始できるホストになるには、フォロワー数600人以上であることが必要になります。

ホストになるには少し難しい…という方でも、リスナーとして参加するだけなら誰でも気軽に出来ますよ。

 

まずは、スペースの開始方法から見ていきましょう。

 

スペースの開始から退出まで

 

スペースの開始から退出までの手順

  1. ホームのタイムラインを開き、「ツイート作成」を長押しする
  2. 一番左に表示されるスペースのアイコンをタップする
  3. 発言できる参加者を「全員」・「フォローしているアカウント」・「スピーカーとして招待したアカウントのみ」から選ぶ
  4. 「スペースを開始」 をタップして会話を開始する (最初はマイクがオフになっています)
  5. マイクへのアクセスを許可」をオンにするとスピーカーがマイクで発言できる
  6. スペースを終了するには画面右上に表示される「退出」をタップする

 

参加者をスペースへ招待するには、ダイレクトメッセージやツイートすることで直接招待します。

また、開始されたスペースは全て一般公開され、フォローしていないアカウントのユーザーもリスナーになることが可能。

ホストとスピーカーが「字幕表示」をオンにしていると、リスナーは「字幕を共有」をタップすることで字幕で会話を聞くことも出来ます。

さらに、会話しているスペースに名前や説明を追加することもできるので、他のユーザーへどんな内容の会話をしているかをアピールすることもできますよ!

 

スペースを終了する時は、ホストもスピーカーも「退出」をタップすることで終了できます。

 

スポンサーリンク

 

リスナーとして参加する方法

フォローしているアカウントがスペースを開始すると、タイムラインの上部に紫のバブルが表示されます。

リスナーとして参加するには、紫のバブルアイコンをタップすると参加が可能に。

 

スペースへリスナーとして参加するには参加したいユーザーをフォローしていることが絶対条件

リスナーがスピーカーとして会話に参加したい場合は、マイクの下にある「リクエスト」のアイコンをタップするとホストにスピーカーの権限をリクエストできます。

 

 

スペースの告知方法

ホストは、スペースの参加者を集めるために告知ツイートやダイレクトメールを送ることができます。

ただ、告知ツイートを行えるのはスペースを開始してから。

 

告知ツイートのやり方

  1. スペースの「共有」をタップして「ツイートで共有」を表示する
  2. 全てのテキストを70文字以内で紹介文を記入しリンク付きのツイートが作成できる

 

スペースを開始した後でも、どんどんユーザーを集めることができるシステムになっているんですね。

 

 

ダイレクトメッセージを送る方法

  1. スペースの「共有」をタップ
  2. 「DMで招待」から特定のユーザーへメッセージを送る

ダイレクトメッセージを受け取ったユーザーは招待された形でスペースに参加することができます。

 

スポンサーリンク

 

スペースは招待されないと参加できない?

音声SNSというと、招待制の「クラブハウス」が思い浮かびますよね。

Twitterスペースも招待制なのでしょうか。

 

スペースは、ツイッターのアカウントを持っていれば誰でも利用することができます。

ホストは参加者を招待することもできるし、開催中のスペースにリスナーがスピーカとして参加を申請することも可能。

ツイッターを利用している全てのユーザーが利用できるのがTwitterスペースなんです。

 

そう考えると、招待してもらわなければ参加できない「クラブハウス」よりハードルが低そうですね。

 

スポンサーリンク

 

Twitterスペース利用者の声

Twitter, 社会的なメディア, ビジネス, Iphone, モバイル

 

それでは、実際にTwitterスペースを利用している方のコメントを見てみましょう。

 

 

ツイッターでは、スペースに対するコメントが目立ち始めていますよ♪

やってみたい!気になっている人も多いようです。

 

 

純粋に「話せる」ということを楽しんでる方もいます。

気の合う人同士で、おしゃべりを楽しむ使い方も十分ありですね。

リスナーとして、ラジオ感覚で楽しんでいる方もいるようです。

 

 

早速有意義に活用している方もいるみたいです。

店舗や企業が利用しているツイートもありますね。

 

 

コロナの収束が見えない状況で、音声SNSを必要とする場面は増えていきそう。

宅飲みに利用しているコメントもありましたよ♪

 

企業の商品紹介やイベントの告知などもチラホラ。

スペースはユーザーに直接接点を持てるので、特に企業アカウントが活躍の場を広げていくと予想されます。

 

こちらもおすすめ↓

【Twitter Blue】サブスクの価格と機能とプラン!日本はいつから開始される予定?

twitter投げ銭・チップ機能「Tip Jar」とは?設定・利用方法!ペイパル利用で本名や住所バレで危険?

トリップロワイヤルのやめ方!LINE通知を消したい!アプリの連動を解除する方法まとめ

【東京オリンピックアプリ】73億円の受注企業はどこ?会社名や企業内容!アプリ仕様や内容まとめ

dispo(ディスポ)β版アプリ招待を受けるには?登録方法と使い方まとめ

Clubhouse(クラブハウス)アプリの招待を受ける方法!ウエイティングリストとは?Android対応いつ?予定も調査

【Clubhouse/クラブハウス】Androidの偽物アプリが出回ってる?ダウンロードして大丈夫?口コミを調査

Clubhouse(クラブハウス)アプリの特徴や使い方と機能!日本語対応?招待のやり方も調査

 

スポンサーリンク

Twitterスペースについて・まとめ

この記事では、

  • Twitterスペースって何?
  • Twitterスペースのやり方
  • Twitterスペースの口コミ

などについてご紹介してきました。

 

Twitterスペースは、ホストが主催する新時代の音声SNS機能です。

スピーカーとして発言するにはホストの承諾が必要ですが、リスナーとして聞くだけなら誰でも参加が可能。

招待制の「クラブハウス」より気軽に利用できそうですね。

 

利用しているユーザーは、個人から企業まで様々なアカウントが利用の幅を広げていますよ。

 

個人で楽しむ会話から企業のアピールにも使われているTwitterスペース。

スペースを始めるにはフォロワー数が600人以上など条件がありますが、今後の利用状況によっては条件が緩和されていく可能性もあります。

気になる方は是非Twitterスペースをチェックしてみて下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23