【Twitter Blue】サブスクの価格と機能とプラン!日本はいつから開始される予定?

スポンサーリンク

こんにちはNarseです。

アメリカに本社があるTwitter社は、全世界で使われているコミュニケーションツールの一つ。

 

芸能人から一般人まで、日々思った事をつぶやいて発信していますね。

時には誹謗中傷にもつながる問題も起きており、その都度改善を重ねてきました。

 

2021年6月3日にTwitter社はサブスクリプションサービスの一環として、「Twitter Blue」を導入する事を発表しました。

いったいどんな機能がついているのでしょうか?

 

ここではTwitter Blueの機能や値段、日本での販売予定はあるのか、気になる情報を知らべていきますよ。

差後までご覧いただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

【Twitter Blue】サブスクが開始

Twitter Blueはサブスクで始まるのはいつからでしょうか?

 

Twitter社初のサブスク導入

2021年6月3日にTwitterから、初のサブスクリプション「Twitter Blue」を導入した事が発表されました。

2008年にTwitterをはじめてから、広告料で収益を賄ってきたんですよ。

 

年間売り上げ37億ドルの大半を、ディスプレイ広告が占めてました。

今回サブスクを取り入れた目的は、気まぐれな広告ビジネスへの依存から抜け出し、多様な収益を獲得したいと考えたからだそうですよ。

 

今YouTubeやSpotifyなども、サブスクを導入してますね。

本当にその機能だけを使いたい人にとっては、画期的である事は間違いないです。

 

Twitter社もこれが第1弾で、今後フォロワー数が多いユーザー対して、有料のボイスチャットルームを提案。

同社は売上の一部を、自社の収益とする事を目的にしているんですよ。

ただ今まで行つていた無料のTwitterをやめる事はないそうです。

 

「あくまでも希望者を対象に高度な機能や補完的な機能を、既存のTwitterの体験に追加するもの」と述べていました。

多様化した戦略で、ユーザー獲得を目指すTwitter社の挑戦。

今後のますます使いやすくなりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

オーストラリアとアメリカで導入される

 

Twitter Blueは、まずオーストラリアとカナダで導入予定と発表されました。

まず加入者数や、ユーザーの使いやすさなどを見ていくようです。

 

いずれは全世界で使用できるようにしたいと話している事から、手ごたえを感じてからの導入になりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

【Twitter Blue】価格と機能とプラン

TwitterBlueは月額いくら位で利用できるのでしょうか?

 

月額料金も良心的

Twitter Blueの月額料金以下の通りです。

オーストラリア  4.49豪ドル(約380円)
カナダ      3.49カナダドル(約318円)

 

いずれも300円台の設定でした。

かなりお安いのではないでしょうか?

 

コーヒー1杯分で、機能がアップしたTwitterが使用できるのが、いいですよね。

ではどんな機能が組み込まれてりうのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

機能も充実している

どんな機能なのか見ていきましょう。

 

①広告の非表示

 

一番わかりやすいのは、不要な広告が載らない事ですね。

本当に知りたい情報だけを見れるのは、ありがたい機能になります。

 

 

②ツイートの取り消し

以前はツイートはのってしまったら削除するしかなかったですね。

しかしツイートを公開する前に、プレビューを確認して修正できる機能がつきました。

最長30秒以内であれば、投稿を取り消せるUndo Tweetの機能なんです。

 

使いこなしてる多くのユーザーが、求めてきた編集機能のようですよ。

 

 

③ブックマークフォルダ

ブックマークしたツイートを、フォルダーに分けて整理する機能がつきます。

 

これも慣れている人が使用すると、便利な機能なようですよ。

 

 

④リーダーモード機能

長いスレッドを読みやすく改変し、シームレスな閲覧を可能にする「より美しい」閲覧体験を提供するそうです。

 

自分の文章が正しいか不安になった時に、いいですよね。

 

 

⑤ビジュアルカスタマイズ

アプリのアイコンをカスタマイズしたり、テーマカラーを変更できます。

 

 

⑥専用のカスタマーサポート

Twitter Blueメンバー専用のカスタマーサポートを利用できます。

 

 

これだけの機能を使いこなせれば、きっと300円前後の値段も安いのだと思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

【Twitter Blue】日本はいつから開始される予定?

日本での導入はいつになるのでしょうか?

 

日本版App Storeにて値段が判明

まだ日本での運用は残念ながら発表にはなっていません。

しかし日本でのTwitter Blueの月額使用量がわかったんですよ。

海外でのサブスク料金は300円前後ですが、Appストアの課金にTwitterBlueが350円である事が表示されました。

 

Twitter blue 28

日本では350円で、サブスク機能がつかえる予定です。

他のサブスクよりもかなりお安い設定だと思いますよ。

 

(例)YouTubeプレミアムは月額1180円~ Spotifyは月額980円~

この値段提示に対して、様々な意見がありました。

 

まずは肯定的な意見です。

 

 

これだけの機能がついて350円は安いと評価している人は、Twitterを日常的に使用している人が多かったですね。

 

 

私も含めTwitterを見たり、たまにツイートする位であれば、無料ので十分と考えている人もいると思います。

お金を払って利用するには、本人たちの便利度や使用頻度が、大きく関係していると思いました。

 

今度導入が決まれば他のサブスクのように、3か月無料などの制度が導入される可能性もあります。

お試し機能が付けば、まずやつてみるのもいいですよね。

 

関連記事はこちら↓

twitter投げ銭・チップ機能「Tip Jar」とは?設定・利用方法!ペイパル利用で本名や住所バレで危険?

Twitterスペースとは?新機能の内容!招待・参加・退出など詳しいやり方や活用方法・利用者の声まとめ

 

スポンサーリンク

 

【Twitter Blue】サブスクの価格と機能とプラン!まとめ

2021年6月3日にTwitter社から、サブスクリプションサービスの一環として、「Twitter Blue」を導入する事を発表しました。

Twitter社ではじめてサブスク機能をつかい、広告収入以外で収益を上げる機能なんですよ。

これには気まぐれな広告ビジネスへの依存から抜け出し、多様な収益を獲得したいと考えたからだそうです。

まずオーストラリアとカナダで導入開始されました。

 

機能としては、ツイートの取り消しが30秒以内であれば可能になる事を一番に挙げています。

他にもTwitterをつかいこなしている人にとっては、便利な機能ばかりでした。

 

Twitter社は今後も有料のボイスチャットルームなど高度な機能や補完的な機能を取り入れ、収益を2倍にしたいと考えています。

通常の無料のTwitterは、変わらず継続していくのが嬉しいですね。

日本での導入日時はまだ発表されていません。

 

しかしAppストア内で350円である事がわかりました。

他のサブスクに比べると、かなりお安いと思います。

 

値段もわかっているため、日本での導入は近いかも知れないですね。

しかしTwitterをあまり使わない人にとっては、機能の良さを理解できにくい事もあります。

 

他のサブスクのように無料お試しみたいなものがあれば、使ってみるといいかもしれません。

日本での導入を楽しみに待ちましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23