【台風】停電・断水に備えで必要なモノ!準備リストまとめ災害対策と心得とは

こんにちは。

台風が多い時期、「停電したらどうしよう」「何を準備したらいいんだろう」との不安はつきものですよね。

 

いざ急な停電や、長期的な停電を経験するとパニックになってしまいますよね。

 

今回は、台風の停電に備えたお役立ち情報を解説していきます。

 

  • 必要なモノ(チェックリスト付き)
  • 長期停電の災害対策と心得

 

自分の身を守るために、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

台風は予測可能!停電・断水の準備対策は出来ている?

みなさんは、台風による停電対策はできていますか?

 

台風は地震と違い、いつ頃来るか予想ができます。

 

今回襲いかかる台風が、どんな台風なのか知る事で警戒が強まります
そして自分自身で最善の行動を取っていきましょう。
現在の風の状況はこちら↓

そして、台風に伴うのが、停電や断水です。

災害対策は、遅くとも前日までに準備しておく必要があります。

 

では、さっそく準備リストを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

停電・断水に備えで必要なモノ!準備リスト

一時的な停電だけでなく、長期停電を考慮してリストアップしました。

ぜひ参考にしてみてくださいませ。

 

【食料、飲料水】

  • 飲料水×3日分(1人3リットル)
  • カンパンなど、冷蔵不要で長期保存できる食料
  • カセットコンロとカセットガス
  • 紙コップや紙皿
  • サランラップ(紙皿に巻いて何度も使えるように工夫できる)
  • レトルト食品・缶詰

 

※停電になる前にご飯を沢山炊いておきましょう!

常温で翌日までは気にせず食べることが出来ます。

 

【照明】

  • 懐中電灯

※ろうそく、ライターなども一応準備しておきましょう

 

【電池】

  • 乾電池
  • モバイルバッテリー(大容量orソーラー式がオススメ)

※充電は忘れずにおこないましょう

※ソーラー充電が断然おすすめです。

 

【熱中症対策や衛生用品】

  • うちわや扇子
  • 汗拭きシート
  • 塩飴
  • ウェットシート

 

【その他】

  • 現金・通帳など(貴重品はまとめておく)
  • 前日は、お風呂の水を流さない※水溜めておく
  • ポリタンクやアウトドア用のタンクに水を溜めておく※手洗いなどにも使います
  • ガゾリンは満タンにしておく
  • 雨樋の掃除をしておく(詰まっていると雨で壊れる恐れアリ)
  • カーテンや網戸を閉める
  • 外に出ている鉢などものは家の中へ

 

【情報収集】

  • ラジオやテレビ
  • 防災関連の公式SNSのフォロー

 

お住まいの地域のアカウントや全国版はフォローをおすすめします!

首相官邸(災害・危機管理情報) Twitterはこちら
内閣府防災 Twitterはこちら
総務省消防庁 Twitterはこちら
防衛省 Twitterはこちら
海上保安庁 Twitterはこちら

Twitter Lifeline

Twitterはこちら

tenki.jp Twitter公式アカウント

Twitterはこちら

気象庁

Twitterはこちら

NHK生活・防災

Twitterはこちら

Yahoo! JAPAN 防災速報

Twitterはこちら

防災情報 全国避難所ガイド

Twitterはこちら

東京都防災

Twitterはこちら

警視庁警備部災害対策課

Twitterはこちら

東京都港区(災害・緊急対策関連情報)

Twitterはこちら

仙台市危機管理室

Twitterはこちら

宮城県石巻市役所【災害・防災・減災情報】

Twitterはこちら

大船渡市役所

Twitterはこちら

南相馬市防災メール

Twitterはこちら

いわき市公式Twitterについて

Twitterはこちら

大阪市 危機管理室Twitter

Twitterはこちら

愛知県防災局

Twitterはこちら

横浜市ソーシャルメディアアカウント一覧

Twitterはこちら

千葉市公式Facebookページのご案内

Facebookはこちら

旭川市ソーシャルメディア一覧

HPはこちら

広島市ソーシャルメディア一覧

HPはこちら

鹿児島市 ソーシャルメディア

HPはこちら

Twitterアラート

Twitterはこちら

さいたま市 Twitterアラートで緊急情報を発信します

Twitterはこちら

災害時情報センターのご案内(Facebook)

Facebookはこちら

国土交通省 高崎河川国道事務所

Twitterはこちら

国土交通省 長野国道事務所

Twitterはこちら

国土交通省 山形河川国道事務所

Facebookはこちら

 

 

 

台風は、停電だけでなく、断水も起こる可能性があるので、注意が必要です。

 

いざ災害に遭うと、パニックになってしまいますよね。

そうならないためにも、チェックリストを参考に、準備をしてくださいね。

 

スポンサーリンク

【台風】長引く停電で困ることとは?

台風による長期停電で、困ることと対処法をピックアップしました。

台風が来る前、ぜひ目を通してくださいね。

冷蔵庫が使えない→水分と食料の確保を十分に

停電時に一番困るのは、冷蔵庫が使えなくなることです。

停電時の冷蔵庫の保冷期間は、2~3時間と言われています。

 

停電時は冷蔵庫の食料がだめになる前に消費する必要があります↓

  • 無駄な開閉は避ける
  • まずは冷蔵庫にあるものから消費する
  • とくに傷みやすいものから食べる
  • 解凍された水分からの、冷蔵庫の水漏れ対策をする

長期停電を乗り越える肝は、「食料」と「水分」の確保です。

 

長期停電に備えて、先に冷蔵庫の中身を消費してから非常食を食べることが基本となってます。

また、日頃から飲み物や保冷剤を冷凍しておくのも有効でしょう。

 

熱中症に注意する必要がある

『熱中症などによる体調不良』にも警戒が必要です。

 

台風は、8~9月と暑い季節に上陸する頻度が高くなります。

停電時は冷房機器が使えないので、注意する必要があります。

 

値中傷対策を意識しましょう↓

  • 水分の確保する
  • うちわなどで涼む※ハンディー扇風機推薦
  • 塩分補給をする
  • 風通しのよい場所で過ごす
  • 服を緩める
  • ガソリンに余裕があれば、車のエアコンを使う

 

特に、お年寄りや赤ちゃんなどは特に注意が必要です。

熱中症などの体調不良には、十分に気をつけましょう。

 

 

熱中症対策セットが手軽でおすすめ↓

 

スポンサーリンク

長期停電は起こりうるもの!災害対策と心得

長期停電は、いつでも起こりうるものです。

一般的に、ライフラインの復旧に3日程度かかるとされています。

なので、最低でも3日分の防災グッズを用意する必要があるでしょう。

 

また、検討もつかないような長い停電に見舞われる場合もあることも知っておきましょう。

 

2019年関東地方を通過した大型の台風15号。

この時に千葉県を中心として関東で大規模な停電が起こりましたが、停電が2日間は普及目処が立たず、早いところで4日間長いところは、2週間もの期間停電が続きました。

 


普及までおよそ台風後特有の快晴も続き、熱中症で亡くなる二次被害も起ました。

そういった点から、災害対策を普段から知っておくことが重要です。

 

大事なのは、いつ長期停電が起こってもいいように、事前に備えておくこと。

自分や家族を守るために、しっかりと準備をしておきましょう。

 

準備の確認にこちらもおすすめ↓

【台風10号】 災害時の備えと食事や対応方法!避難時に持っていくものチェックリストまとめ

【台風】強・暴風の窓ガラス対策!養生テープやダンボールの代用と飛散防止補強方法

女性におすすめ!100均で揃う災害グッズ必要なもの!買っておきたい食料品はこれ

防災グッズを揃えよう!100均とホームセンターで揃えられるものネット販売商品リスト

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、台風に備えて必要なモノ、災害対策の心得でした。

 

台風による停電は、「水」「食料」「熱中症対策」が重要になっていきます。

事前に対策をして、停電時の不安を少しでも減らしていきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23