女性におすすめ!100均で揃う災害グッズ必要なもの!買っておきたい食料品はこれ

こんにちは。

 

みなさんは「いざという時」どうするか考えていますか?

人生の中でピンチを迎える場面は誰しもあるでしょう。

 

例えば地震や台風などの自然災害…日本は特に地震の多い国と言われていますが、いつ自分の身に起こるかなど誰も予想できませんよね。

 

今回は、そんな「いざという時」のために、特に女性におすすめする100均で揃う災害グッズや買っておきたい食料品について調べてみました!

 

事前準備の参考に慣れば幸いです。

 

スポンサーリンク

女性におすすめ!100均で揃う災害グッズ必要なもの!

 

災害グッズを用意したいけれど出費は抑えたい…そんな方にまずは100均で買える災害グッズをご紹介しましょう。

 

マスク

倒壊した建物のがれきの影響による粉塵やほこりから鼻・口を守ったり、感染症予防にもなります。また、女性は化粧ができない場合のすっぴん隠しにもなりますよね。

 

ウエットティッシュ・赤ちゃん用おしり拭き

水が使えない時に重宝します。

特に赤ちゃん用おしり拭きは肌に優しいので、入浴できない時の身体拭きにも使用できます。

 

ホイッスル・ブザー

災害時に自分が要救助者になった時、居場所を知らせるため使用します。

また、女性は身の危険を感じた時の護身用として持つことを特におすすめします。

 

アルミブランケット

雨に濡れたり風に当たって体温が下がると体力を消耗させる原因になるので、ぜひ持っておきたいアイテムです。女性の場合周囲の目が気になる時の目隠しにもなります。

 

モバイルバッテリー

言わずもがなスマートフォンは必須アイテムです。電池切れで使えなくなることがないように準備しておきましょう。

 

簡易トイレ

 

非常用給水バッグ

ダイソーなら400円でゲットできる折りたたみ式で便利な排水タンクです。

レインコート

100均にはお手軽なレインコートもおいてあります。

歯みがき付き歯ブラシ&顔スッキリシート

 

ブルーシート&保温アルミシート

ダイソーでブルーシート100円、保温アルミシートは300円で手に入ります。

もし、なにもない所で寝なければならない時、避難所での暖を取るのに役立ちます。

 

他にもたくさんの災害グッズを100均で揃えることができます。

・アイマスク&耳栓

・緊急用ハンマー

・使い捨て下着

・軍手

・使い捨てカイロ

・ライター

・ロウソク

・ラジオ

・ポケットティッシュ

・ポリ袋

・圧縮タオル

・スリッパ

・包帯などの応急処置グッズ

・油性ペン

・ガムテープ

・サランラップ※お皿に巻いて洗い物をしなくて良くなります。

・応急グッズ(ケーズ、包帯、傷テープ、ミニハサミ、絆創膏などは100均で揃います)

・生理用品(生理用&おりものシート)※おりものシートは下着が変えられない状況時に役立ちます

 

「使い方が分からなかった」「肌に合わなかった」などということがないように、購入した物は実際に一度使用してみましょう。

 

スポンサーリンク

女性におすすめ!買っておきたい保存食料品はこれ

災害時の食事といえば長期保存ができる「非常食」を思い浮かべる方が多いと思いますが、今注目されているのが「ローリングストック」という考え方です。

 

これは「備蓄食品を日常生活で消費したら買い足し、常に一定量を備蓄する」という方法で、食品の鮮度を保ち非常時にも日常に近い食生活を送ることができるというメリットがあります。

 

ここではローリングストックに向いている、スーパーや100均でも手に入るおすすめの保存食料品を紹介します。

 

缶詰

賞味期限は3年程度です。種類も豊富にありますので、ご自身の好きな味をストックしておくのもよいでしょう。

 

レトルト食品・レトルトのおかゆ

賞味期限は1年程度です。温めなくても食べられるものもありますので、色々食べ比べてみましょう。

 

お菓子

賞味期限はようかんやチョコレートなど甘いものは数か月~1年程度、缶入りビスケットは3年以上もつものもあります。甘いものは精神的にも落ち着かせる効果がありますので、非常時にはぜひ準備しておきたいです。

 

ドライフルーツ

賞味期限は数か月~一年程度です。ビタミンや食物繊維など栄養素が取れる食品も非常時には貴重です。

 

氷砂糖

賞味期限はありませんので、実は究極の保存食料品かもしれません(笑)

 

スポンサーリンク

 

災害グッズを入れるバックと置き場所

最後に災害バックを準備してどこに置いておくのが良いのでしょうか?

置き場所やバックについて見ていきましょう。

バックはどれがいいの?

不安のあまり大きいバックを用意して、たくさん物を詰め込み過ぎるのはNGです。

 

一般女性が無理なく移動できる重さはせいぜい5kgですので、自分に必要な物を最低限の量で準備するようにしましょう。

 

バックの種類は「リュック」、そして「地味な色」がおすすめです。

 

リュックの利点が「両手が使える」というのはみなさんご存知でしょう。

 

なぜ色まで…と思う方もいるかもしれませんが、持ち主が女性と気付かれないようにすることが重要なんです。

 

悲しいことですが、女性の荷物は盗難の被害に遭いやすい傾向にあるので、万が一のために暗めの色を選びましょう。

 

置き場所はどこがいいの?

置き場所で一番多い意見が「玄関」でしたが、玄関だけが正解というわけではありません。

 

玄関に収納スペースがないアパート住まいの方、一戸建てで部屋が複数・2階以上あるお家の方など人によって事情が違います。

 

また、災害時に玄関部分が崩れたり玄関までたどり着けなくなってしまう場合も考えられます。

 

そこでより安心な方法として「分散させて準備する」ことをおすすめします。

 

例えば玄関と寝室の2か所、または1階と2階にそれぞれ1か所ずつ置いておくなど、どちらかがダメになっても良いように準備するということです。

 

ご自身の住宅事情をふまえながら、よりリスクを減らせるように備えておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、女性におすすめする100均で揃う災害グッズや買っておきたい食料品についてご紹介しました。

予想ができない不測の事態だからこそ、日頃から防災意識を高めていきましょう。

100均グッズなら気軽に揃えておくことが出来すのでおすすめです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23