役立つ防災グッズはこれ!普段使いやアウトドアにも活躍するアイテムをご紹介

こんにちは〜ちゃみんです♪

毎年、何かと自然災害に遭う機会が多いですよね。

ちゃみん
うちはいつも大丈夫だし!

そんな風に思っているあなた!

日本は、地震・台風・雨と災害がとても多い国です。

いつどこで災害が起きるかわかりません。

災害が起きた時のために事前に準備をしておくことがとても大切です。

ちゃみん
来るかも分からない災害用に買っておくなんて勿体無い!

「災害用に買おうと思うから勿体無い」「災害が来る前でいいや」と後回しになってしまいます。

では、普段から使えるものだったら、なんとなく準備ができていいんじゃないでしょうか?

普段使いのものが、突然の災害にも役立つアイテム。

災害用にも使えてアウトドアにも使えるアイテムなどご紹介していきたいと思います。

役立つ防災グッズ

役立つ防災グッズをご紹介。

救急アイテム

災害の際について回るのは怪我や病気、感染症などが心配されます。

その為にも最小で普段からも使える救急の準備をしておきましょう。

救急セットなどを購入するより、自分で普段使いも兼ねて必要なものを揃えとく方が有効です。

  • 常備薬(痛み止め・胃薬・風邪薬など)
  • 持病薬
  • お薬手帳(普段使っていれば)
  • 絆創膏
  • 外傷絆創膏
  • 殺菌消毒液(上の外傷用軟膏だけでいいかも)
  • 包帯
    (きつく巻くと止血にも使え、
    ガーゼの固定、負傷箇所の保護などに使える)
  • カット綿
  • 滅菌ガーゼ(1人3個)
  • サージカルテープ(ガーゼを留める)
  • 三角巾(負傷部分の固定や圧迫止血に使える。
    圧迫止血の際にはコンビニの袋などでも代用化。)
  • 体温計
  • 綿棒
  • ピンセット(トゲなどの処置)
  • 爪切り
  • 小さめのはさみ(ガーゼ切るときなど)

衛星用品

被災現場での感染症予防などに大切なアイテムです。

風邪のケアもそうですが、普段から意識して持った方が良いアイテムにもなります。

・除菌シート

汚れた手を拭いたりお風呂に入れない時にふき取ったりできるので必需品です。

 

・除菌スプレー

手が洗えない時に大変活躍します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルコール除菌スプレー 本体(400mL)
価格:273円(税込、送料別) (2019/10/17時点)

 

・生理用品

生理用品は女性には必項アイテムなので言うまでもないですが、ポイントは織物シートです。

おりものシートを敷いておけば、災害時でもパンツを履き替えなくても衛星的に綺麗でいられます。

とても大切なので、女性の方は常にストックを準備しておきましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小林製薬 サラサーティ コットン100(56枚入)【サラサーティ】
価格:451円(税込、送料別) (2019/10/17時点)

 

・マスク

・トイレットペーパー(1つは持つ事)

・歯ブラシ

生活用品あった方が良いリスト

災害時にあると便利なものをリストしました。

大体は家にあるものなのでメモしておくと便利です。

  • サランラップ
    お皿の上を包むことで、洗わなくて良い。
    圧迫止血などにも使える。
    細かく編み込むと紐としても使える。
  • アルミホイル
  • ロープ
  • 使い捨てカイロ
  • コンタクトレンズなどの予備品
  • レインコート
  • 現金
    (最低2万円ほどは持っておくと安心です)
  • 健康保険証の写しと血液型を証明するもの
  • 厚手ゴミ袋
  • スーパーの袋
  • マジックペン

・100円ライター

タバコを吸う方には当たり前のアイテムかもですが安くて置いとくには困らないアイテムです。

100均で1つ買っておきましょう。

・飴

長期保存が効く飴なども有効です。

災害時に糖を摂るのはとても大切です。

 

家に置いてあるもので非常食になるなる物は意識的に買い揃えておくともしもの時に役立ちます。

  • 普段使いできる防災グッズ
  • 醤油
  • レトルト食品
  • 缶詰め
  • インスタントラーメン
  • バナナ

普段使いにも使える防災グッズ

普段使いできる商品だけど、普段使いできるグッズすごく役立ちます。

・モバイルバッテリー

携帯を充電するのに大切なモバイルバッテリーは必ず1つは準備しておきたい商品です。

大容量タイプの20000mAhおすすめです。

このモバイルバッテリーの魅力は、何と言っても残量が一目でわかる事です。

充電切れの携帯を4回は満タンにしてくれます。

アウトドアに行くときも、学校や仕事などに行くときも持ち歩ける安心グッズです。

 

・USB式スタンドライト

停電により、灯りは絶対欲しいアイテム。

みなさん非常用に懐中電灯を準備する家も多いと思いますが、断然お勧めはUSB式電気スタンドです。

USB式の電気スタンドは、学習机や仕事机の上に置いて充電しながら普段使いします。

突然、停電になってもそこから6時間ほど使うことが出来ます。

充電が切れても、モバイルバッテリーで充電可能です。

子供の机に、お仕事机に、ベットルームに、一つ置いてあると便利です。

 

・カセットコンロ

今や定番中の定番の商品ですが、カセットコンロは災害中に役に立つ大切なアイテムです。

普段使いで鍋や焼肉にでも、アウトドアでも使える優れ物です。

災害前に自宅に一つは置いておくと安心です。

 

・USBブランケットかマット

USBブランケットまたはパットはかなり使えます。

冬寒い時に部屋でコンセントに繋げても使用出来て、屋外観戦などの時もモバイルバッテリーと一緒に持ち歩けばポカポカで快適に過ごせます。

身体を温めてくれる商品は、生きるのに必需品です。

モバイルバッテリーに繋げられるのが使い回しの良さのポイントです。

 

ホットマットは、下に引くので下からの冷えも感じなくなり有効です。

 

アウトドアにも活躍する防災グッズ

・ソーラーモバイルバッテリー

長い期間の震災生活を送るときには必需品のこちらは、キャンプ時の電気代わりにもや山登りの際にリュックに巻きつけているだけで携帯の充電が出来ます。

充電時間には時間を使いますが、太陽の光があればチャージ出来る優れ物です。

個人的に太陽光を沢山拾ってくれるパネルが広がるタイプをおすすめします。

ソーラーモバイルバッテリーは持ってて後悔しない商品です。

一つは置いておきましょう。

 

・メタルマッチ

メタルマッチは、濡れても使えるところがいいです。

火をつけるのに苦労しますが、浸水被害などで濡れてしまった時に家電やガスは絶望的に使えなくなります。

その時の救世主として1つ持っておくと良いアイテムです。

 

ちゃみん
使い方難しくない?

・折りたたみウォーターサーバー

飲み水の確保が大切ですが、大量のペットボトルを買っておくスペースなんてない!

という方もいると思います。

そんな時に便利なのは折りたたみのフォーターサーバーを2個ほど常に置いておくと便利。

アウトドアの時も部活の時なども活躍します。

使わない時はたためるので邪魔になりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ ウォータータンク 20L
価格:698円(税込、送料別) (2019/10/17時点)

 

夏になるとアウトドアコーナーでダイソーでも安く買えます。

400円〜500円ほどです。

ダイソーで見つけたら買っておきましょう。

袋式タンクも場所を取らないので便利です。

 

・エマージェンシーブランケット

体温の熱を逃さず保温してくれる特殊な素材のブランケットです。

一枚あるととても便利です。

非常用にもアウトドアにも使えるのでおすすめです。

 

・アルファ米

お水を注ぐだけ、開けるだけで食事が取れる商品。

 

災害用に準備をして正味期限が近くなった時は、アウトドアなどに持って行って食事として食べても美味しい商品ばかりです。

・リュック

防災用のリュックまたは登山用リュックを準備しておくといざという時に役立ちます。

 

災害専用にしてる方が、いざという時に焦らないのは良いかもしれません。

 

災害時に必要なリスト類

・電気類

今や生活の中に電気製品が溢れています。

急な災害で、停電になってしまった時でも、携帯電話、パソコン、タブレットなど。

災害中の最新情報を得る為にも連絡を取る為にも絶対切らしたくないアイテムの1つです。

普段からも使えるのを使用することで邪魔にならず、急な災害にも役立ちます。

・火の確保

震災に遭ってしまった時に、次に気になるのは火の確保です。

電気がない。時に暖かい食事をとりたい。

暖をとりたいなどに必需品です。

・水の確保

災害時に水が止まってしまうとトイレに困ります。

お風呂にも入れません。

食事も出来なくなります。

被害に会う前に早めの準備をしましょう。

・お風呂の水を溜める

災害が起きるかもしれない?

警戒レベルが2・3と上がって来た時はまずお風呂の水を溜めるのは忘れずに行いましょう。

・防寒グッズ

災害の際に一番辛いのは防寒でもあります。

寒い時期の災害で低体温で命を落としてしまった・・・。

と言う例もあるので、意識的に準備をしておくのが大切です。

・食事類

災害時に生き延びる為には食事も重要です。

今は保存が聞いて美味しい食事があるので防災用に準備しておくのも有効です。

まとめ

災害はいつ訪れるかわかりません。

でも、訪れて体験しないとわからないのが私たち人間なのかもしれません。

常に最悪なことが起こる想定で動くのは生き延びるのにとても大切なことだと思います。

生活の中に溶け込む防災品を準備して、非常の時にあって良かったと思える商品が見つかっていただけたなら嬉しいです。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23