【2020】台風10号・リアルタイム現在地情報!沖縄・九州の上陸はいつ?最大ピークの風速も調査

こんにちは。

今年も日本には台風がよく接近しますね。

今回の台風10号は、中国の言葉で「海の神」ハイシェンという名前がついています。

名前からしても勢いの強さが伺えます。

今年の台風の中でも勢力がひときわ強いと噂の台風10号。

  • 台風は今どこにいるのか?
  • どのくらいの強さなのか?

など、最新情報をお届けします。

 

スポンサーリンク

【2020】台風10号:リアルタイム現在地情報

史上最大風力の台風がすぐそこまで迫ってきています。

自分では、考えられない現実が待ってるかも知れません。

 

今はそれが検討もつかないのは当たりまえです。

それもそのはず、経験した事がないからです。
今回襲いかかる台風が、どんな台風なのか知る事で警戒が強まります
そして自分自身で最善の行動を取っていきましょう。
現在の風の状況はこちら↓

スポンサーリンク

【2020】台風10号ピーク時の最大風速はどのくらい?現在の台風情報

こちらには、最新情報を入れさせていただきます。

台風10号の現在地

9月6日 AM8時頃の状況

 

奄美大島の南東160キロの海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいる状況です。

9月5日の状況

 

南大東島の南南東約290kmの位置にいます。

 

現在発表されている到達時間がこちら↓

9月6日AM8時現在、奄美では暴風域に入っていて、今後さらに強くなるとされます。

現在の観測

▽南大東島では午前3時半すぎに50.7メートルの最大瞬間風速を観測。
▽沖縄本島のうるま市で午前5時40分ごろに34.1メートル。
▽鹿児島県の喜界島では午前7時20分すぎに31.9メートルの最大瞬間風速を観測。

▽鹿児島県が屋久島町に設置した雨量計で46ミリの激しい雨を観測。

 

 

  • 沖縄県:9/5の20時~9/6の24時頃
  • 奄美停:9/5の16時~9/6の24時頃

  • 九州南部(鹿児島・宮崎):9/6の03時~9/7の12時頃

 

威力は、沖縄・九州南部に到着時が最も強い可能性があると予想されています。

さらに、台風が到着する以前でも雨風などの影響は甚大ですので強い警戒が必要ですね。

 

最大風速

台風10号は現在西北西の方角を向いて20km/hの速度で移動しています。

存在地域   南大東島の南南東 約320km
強さ階級   非常に強い
移動     西北西 20 km/h
中心気圧   925 hPa
最大風速   50 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 70 m/s ※中心部は80 m/sを予想

 

  • 存在地域   南大東島の南南東 約320km
  • 強さ階級   非常に強い
  • 移動     西北西 15 km/h
  • 中心気圧   920 hPa
  • 最大風速   50 m/s (中心付近)
  • 最大瞬間風速 70 m/s ※中心部は80 m/sを予想

となっております。

 

風速70mといえば、時速に換算すると、252kmです。

時速に換算するとわかりやすいです。

車よりも大きな物体が252kmで走っていると考えると恐ろしいですね…。

 

ちなみにこの数値のについて、更にイメージしやすいように説明していきますね!

気圧の数値目安

気圧が下がるにつれて台風の勢力が強くなります。
弱い 990hpa以上
並み 960~989hpa
強い 930~959hpa
猛烈 900 hpa
今回もし920hPaになってしまえば、19号より強い強い気圧なのがわかります。
今後も気圧が下がらないか常に確認しておきましょう

侵攻方向・速さの目安

気象庁が3時間ごとに測る台風の移動スピードを数字にしたもの
計測方法は10分間の強弱で判定します。
  • 25m/s以上:暴風
  • 15m/s以上:強風
今回の台風10号は西北西に10分間で15kmのスピードで移動しています。

風速数値の目安

風速とは:10分間の平均風速
  • 10〜15・m/s:やや強い風
    • (風に向かって歩くのが難しいレベル)看板などが飛ぶ。
  • 15〜20・m/s:強い風
    • (風に向かって歩けない)ビニールハウスが壊れ始める。
  • 20〜25・m/s:非常に強い風
    • (身を確保しないと転倒する)銅製シャッターが壊れ始め窓ガラスが飛んできたもので割れる。
  • 20〜30・m/s:非常に強い風
    • (立ってられない野外は危険)ブロック塀が壊れ取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める。
  • 30〜35・m/s:猛烈な風
    • (立ってらてない野外は危険)根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる・
  • 35〜40・m/s:猛烈な風
    • 壊れる家が出てくる。鉄骨構造物で変形するものが出てくる。
予想されている風速は50m/s
家が壊れてしまうに相当する風速と言えます。

瞬間風速の目安

 瞬間風速:3秒間の平均風速を表す
今回の瞬間風速は55m/sと言われている所もあるので、
一瞬の間に家が飛んででしまう可能性があるかともいえますね。

もし、80mもの風が吹いた場合の実験もおこなれてていました。

このことから、家が倒壊してしまうのは納得します…。

では、最も風が強いピークの時間帯はどうなのでしょか?

 

スポンサーリンク

【2020】台風10号・沖縄と九州の上陸通過時間は?最大ピーク時間はいつ?

気になる台風の上陸時間や最大ピーク時間をみていきましょう。

予想通過時間

台風10号は今後も発達を続けて、5日(土)にはより猛烈な勢力となる予想されています。

 

5日(土)夜には最大瞬間風速80m/sで南大東島近海を通り

勢力を保ったまま、6日(日)には奄美諸島近海を通過する見通しです。

 

最大ピーク時間

 

  • 沖縄では5日夕方より
  • 九州南部の共に6日の朝方〜夜にかけて

 

最大瞬間風速85m/sとされており

かなり長い時間暴風と大雨が続くとされています。

 

台風10号による被害予測

台風10号は九州に急接近する予想がされていますが、これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、甚大なトラブルにつながる危険性が高いです。

接近時の中心気圧が非常に低いことで、高潮も危険です。

 

気圧の低下による吸い上げ効果と、暴風による吹き寄せ効果が重なった場合は、記録的な高さの潮位になってもおかしくありません。

 

 

また停電の可能性も予想されており、九州全域や中四国の西部で停電の可能性があります。

 

最悪の事態に準備、九州では可能なだけ5日(土)のうちに台風への準備や避難など済ませてしまった方がよいでしょう。

台風の進路に近い島々では、過去に類を見ない荒天となるおそれがあり、最大限の警戒が必要です。

 

準備の確認にこちらもおすすめ↓

【台風10号】 災害時の備えと食事や対応方法!避難時に持っていくものチェックリストまとめ

【台風】強・暴風の窓ガラス対策!養生テープやダンボールの代用と飛散防止補強方法

女性におすすめ!100均で揃う災害グッズ必要なもの!買っておきたい食料品はこれ

防災グッズを揃えよう!100均とホームセンターで揃えられるものネット販売商品リスト

 

警戒レベルをお覚える

気象庁が発表している警戒レベルを知り適切に判断することが大切です。

警戒レベル 取るべき行動
警戒レベル1 災害への心構えを高める必要があることを示す警戒レベル1です。最新の防災気象情報等に留意するなど、災害への心構えを高めてください。
警戒レベル2 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2です。ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。
警戒レベル2相当 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2に相当します。ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。
警戒レベル3相当 高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。危険度分布や河川の水位情報等を用いて高齢者等の方は自ら避難の判断をしてください。
警戒レベル4相当 避難が必要とされる警戒レベル4に相当します。避難勧告が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて自ら避難の判断をしてください。
警戒レベル5相当 災害がすでに発生していることを示す警戒レベル5に相当します。命を守るための最善の行動をとってください。

スポンサーリンク

まとめ

日本は台風が頻繁に接近する国です。

台風に対する準備や知識は日ごろから身につけておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23