東京オリンピックチケットのキャンセルしたい!返金は可能?払い戻しの期限や方法!忘れた場合も調査

スポンサーリンク

こんにちはNarseです。

いよいよ東京オリンピックが2021年7月23日から開催されますね。

 

コロナ禍である事もあり、6月23日政府から「収容定員は50%以内で1万人」と発表がありました。

一般チケットはすでに363万枚販売されましたが、上限以上の人数の競技には再抽選が行われるそうです。

 

まだ7月11日までまん延防止等重点措置である東京。

今後解除されるかどうかもわからない状況です。

 

感染の不安を考えて、チケットの払いもどしを希望されるかたも多いようですね。

オリンピック開催前にキャンセルする方法があるのでしょうか?

 

ここでは払い戻しの方法の期間や方法をご紹介します。

最後までご覧いただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

東京オリンピックチケットのキャンセルしたい!返金は可能?

まもなく開催予定の東京五輪。

新型コロナの対応や政府のゴリ押し感が批判を呼び、開催歓迎ムードとは程遠い状況が続いていますね…。

 

オリンピックチケットをキャンセルする方法はあるのでしょうか?

 

チケット払い戻し方法

 

移動や感染のリスクから、チケットを手放したいという声も多くきかれています。

オリンピック公式チケット販売サイトによると、払い戻し期間があるようなんですよ。

 

202176日(火曜)未明 ~ 2021715日(木曜)午前11:59
▶東京オリンピック公式サイト

 

公式サイト内の「マイチケット」から払い戻しができます。

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックチケット払い戻しの期限や忘れた場合はどうなる?

上記の払い戻し期間中に払い戻しし忘れた場合は、どうなってしまうでしょう?

 

払い戻しできなくなる

公式の発表によると今後希望者払い戻し受付や、公式リセールサービスの予定はないとの事でした。

公式チケットの払い戻し期間を過ぎると払い戻しができなくなります。

期間内に払い戻しを忘れないようにする必要がありますね。

 

 

チケットの転売禁止法がある

払い戻しできないなら、転売してはだめなのか?と思う方もいらっしゃと思います。

しかし法律で転売は禁止しているんですよ。

 

2019年6月に「チケット不正転売禁止法」を成立。

違反した際には、「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または両方」と厳しい制度をもうけました。

公式のリセール以外は認められないという事になりますね。

 

実際に2019年10月に初の適応があったそうですよ。

オリンピックでもマイチケットでの購入しか認められてません。身分確認も行っています。

 

購入者自身がオークションに出す事も禁止されているので注意。

 

 

払い戻し期間を過ぎた場合、残念ながら払い戻しは出来ないことがわかりました。

キャンセルしたい方は、この機会を逃さないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックチケットキャンセル・払い戻し方

実際にどうやってキャンセルするのしょうか?

払い戻し方法

東京オリンピック販売サイトの「マイチケット」から払い戻しができます。

 

再抽選が終わる2021年7月6日までマイチケットはご利用できません。

 

払い戻しには手数料はかかるの?

払い戻し手数料に関しては、明記はありませんでした。

 

前回2020年の払い戻し時には、払い戻し手数料は無料だったんですよ。

今回もコロナ禍である事を鑑みて、無料になる可能性は高いです。

 

 

払い戻しにはどの位かかかる?

前回2020年の時には、11月10日に払い戻し申請をし、翌月の12月15日にはクレジットカードに返金されていたケースがありました。

多く見積もって1か月程度みるといいでしょう。

 

こちらもおすすめ↓

東京オリンピックチケットの再抽選はいつ?対象の競技や日程!価格や購入方法も調査

【東京オリンピック2021】テレビ局別の放送日程と時間を競技別まとめ!ネット中継や視聴方法も調査

【東京オリンピックアプリ】73億円の受注企業はどこ?会社名や企業内容!アプリ仕様や内容まとめ

東京五輪オリンピック開催中止の署名オンラインサイトはどこ?やり方やサイトの安全性などを調査

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックチケットのキャンセルしたい!・まとめ

2021年7月23日から8月8日まで行われる東京オリンピック。

収容人数を減らしていきながらも、有人で開催する事がきまりました。

 

しかし新型コロナ感染が落ち着いていない事や、コロナワクチンの普及が遅くなっている事から、チケットを払い戻し

をしたいという声が多く上がつています。

 

公式サイトでは払い戻し期間を、7月6日から7月15日で受け付ける事を発表しました。

今後リセールや払い戻しをしないため、これが最後のチャンスとなりそうです。

 

転売も2019年に「チケット不正転売禁止法」が成立され、違反した際には「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または両方」と厳しい制度をもうけました。

転売した側も購入した側も、罪に問われてしまいますよ。

 

もしチケットの払い戻しを希望されるなら、期間内に払い戻しする必要があります。

参加しても払い戻しても、東京オリンピックは忘れられないものになりそうですね。

 

頑張る選手を精一杯応援していきましょう。

最後までご覧いただだきりがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23