【富士通】中村匠吾の愛用シューズは?出身中学やMGC制覇の記録や経歴とプロフィール

こんにちは。

東京オリンピックマラソン日本代表の中村匠吾選手

東京オリンピックの出場は内定していますが、実はフルマラソンは4回しか走っていません。

その4回目が2019年のMGC優勝です。

今回は経験は浅いにもかかわらず、結果を残している中村匠吾選手について、出身中学などの生い立ちやMGCの舞台裏愛用シューズなど詳しくまとめました。

スポンサーリンク

【富士通】中村匠吾の出身中学やMGC制覇の記録

現在は富士通に所属している中村匠吾選手ですが、中学校はどこだったのでしょうか。

実は中学校時代に「上を目指す気持ち」が芽生えました。

そこからMGCで優勝するまでの舞台裏をまとめてみました。

 

上を目指す気持ちが芽生えた中学校時代

中村匠吾選手は三重県の四日市市立内部中学校の出身です。

陸上を始めたのは小学5年生の時で、中学校から長距離に絞りました。

 

今では日本トップクラスの成績ですが、中学校時代は全国大会すら出たことがありませんでした。

 

三重県がそもそもあまり長距離に強い県ではなく、初めて全国大会に出たのが三重県代表として出場した都道府県対抗駅伝です。

 

都道府県対抗駅伝とは、全国の都道府県ごとに

  • 中学生
  • 高校生
  • 社会人

人数を合わせて駅伝を行う大会です。

この三重県代表の中学生に選ばれたのですから、それなりの実力はありました。。

 

この時に三重県の先輩方と接してみて「高校ではもっと上を目指したいな」という向上心が芽生えます

やっぱりレベルの高い人たちと話すと刺激をもらうんですね。

このようなルーツを持つ中村匠吾選手ですが、次はMGC優勝の舞台裏に迫ってみます。

 

スポンサーリンク

MGC優勝は大八木弘明監督のおかげ?

2019年9月15日、MGCと略される、マラソングランドチャンピオンシップで中村匠吾選手は2時間11分28秒で優勝し、東京オリンピックの切符をつかみます。

MGC優勝は、恩師の大八木弘明監督の支があってこそでした。

 

中村匠吾選手がマラソンを意識し始めたのは大学3年生の頃でその時はまだ駅伝やハーフマラソンしか走っていません。

 

東京オリンピック開催が決まったのが大学3年生の時で、大八木監督が中村選手に

「マラソンでオリンピックを目指さないか?」

と声をかけました。

 

社会人になってから本格的なマラソン練習を始め、2018年3月のびわ湖毎日マラソンで初マラソンを経験

ここで日本人1位となり、翌2019年のMGCの出場権をつかんだのです。

 

MGCまでの間にマラソンの自己ベストを貢献するなど、大八木監督のおかげで前に進むことができました。

 

大八木監督は大学卒業後にすぐマラソンを走らせるのではなく、3年計画を立て、中村選手の足づくりから行います。

 

その結果もあってMGCでの優勝につながりました。

 

中村匠吾選手は恩師との出会いがあってここまで来たんですね。

ですが、MGC優勝を支えたのは大八木監督だけでなく、あのシューズも貢献しました。

 

MGC優勝を支えた愛用シューズとは?

一時、オリンピックでの使用禁止が囁かれた、「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」。

中村匠吾選手もこの靴を履いていました。

ちなみに、MGCに出場した男子選手30人のうち、16人「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を着用していました。

その特徴はこちら↓

  • フィット感
  • 撥水性
  • クッション性
  • 軽量性

 

中村匠吾選手は「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」について、強度の高い練習をしても疲労が溜まりにくいと話しています。

また、MGCで2位となった服部選手吸水の水などで重くなりにくいと撥水性に言及しています。

 

ちなみにお値段は、税込み30,250円とそれなりの値段がします。

市民ランナーにも人気が高く、一度は履いてみたいと思わせる靴です。

 

シューズをみる↓

NIKE公式はこちら

 

ナイキフリーラン5.0

ナイキフリーランは、素足感覚に近いランニングシューズとして10年以上続いているベストセラーです。

  • つま先の曲げ伸ばし
  • 地面を掴む

素足に近い自然な動きができるようになり、従来のシューズでは使うことがなかった筋肉を鍛えられることが特徴。

こちらは、定価ですと税込10,800円で購入出来ます。

 

こちらがお安くゲットできます↓

 

【富士通】中村匠吾の経歴とプロフィール

中村匠吾選手は、ずっとトップランナーだったわけではありません。

プロフィールや過去を振り返ってみましょう。

 

中村匠吾選手のプロフィール

まずは中村匠吾選手のプロフィールをどうぞ!

生年月日 1992年9月16日
年齢 27歳(2020年4月時点)
出身 三重県四日市市
身長/体重 172cm/55kg
結婚 独身
趣味 ショッピング
好きな食べ物 焼肉
嫌いな食べ物 ない

 

結婚はまだしておらず、マラソンに専念しています。

好きな食べ物は焼肉と、まさにスポーツ選手といった感じです。

しかも陸上選手は凄い量を食べるのも有名ですよね!

中村選手もモリモリ焼肉を食べていそうです。

 

陸上は小学5年生で始め、中学から長距離に絞ったという話はしました。

上野工業高校(現・伊賀白鳳高校)でも、高3のインターハイ5000mで3位、その後5000m高校歴代7位(当時)の記録を出すなど活躍していました。

 

スポンサーリンク

 

中村匠吾選手は箱根駅伝で大活躍?

中村匠吾選手は高校卒業後、駒澤大学経済学部経済学科に入学します。

しかし、3年生まではハーフマラソンで1回優勝しただけで、そこまでの活躍はありませんでした。

 

ですが、3年時の成績がものすごかったです!!

<成績表>

2013 関東インカレ10000m 優勝
2013 日本選手権10000m 5位入賞
2013 ユニバーシアード

ハーフマラソン

銅メダル

 

これだけにとどまらず。

大学三大駅伝の2つである出雲駅伝と全日本大学駅伝で1区を任され、区間賞を獲っています。

このころに東京オリンピックの開催が決まり、マラソンへの気持ちが芽生えました。

 

大学4年生のときの箱根駅伝では1区を走って区間賞を獲得し、三大駅伝で3つとも1区区間賞を獲った選手となりました。

大学卒業後、現在も所属している富士通に入社することになります。

 

スポンサーリンク

 

中村匠吾選手が富士通を選んだわけとは?

2015年に富士通に入りますが、富士通に入社を決めた理由はその「環境」です。

大八木監督の指導を受けつつ東京オリンピックを目指していたため、その意見を受け入れてくれる会社を探していました。

 

そんな中に出会ったのが、富士通の福嶋正監督

中村選手いわく「近所のおじさん」で、接しやすく、その人柄に引きつけられ、富士通に決めたといいます。

 

駒沢大学のグラウンドで大八木監督の指導を受け、2018年3月に初マラソン、MGCまでに2つのマラソンに出場し、2019年のMGC優勝につながっています。

 

富士通のような意見を尊重してくれる会社でなければ、今の中村選手はなかったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は東京オリンピックマラソン日本代表の中村匠吾選手についてまとめました。

中学校までは注目される選手ではありませんでしたが、レベルの高い人たちに刺激を受けながら力をつけた中村匠吾選手。

そして大学で恩師の大八木監督と出会い、MGCでの優勝につながったのです。

 

東京オリンピックは来年に延期されてしましましたが、早く中村選手の走りが見たいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23