【福原愛】株式会社omusubiはどんな会社?事業内容やホームページを調査!社会貢献とは?

スポンサーリンク

こんにちは。

2021年2月10日の早朝に「株式会社omusubi」の設立をツイートした福原愛さん。

 

福原さんといえば、”卓球少女あいちゃん”で小さな頃からさんまさんの番組に出演。

そしてオリンピック選手へと成長を遂げた「国民的家族そして卓球選手」です。

 

オリンピックで2大会連続でメダルを獲得し2018年に現役を引退してからは、

  • 卓球の国内リーグ
  • Tリーグのアンバサダー

をつとめるなど、競技の普及や強化に尽力していますね!

 

そんな福原さんが、小学生時代の級友とともに設立したは、具体的にどのような会社なのでしょうか?

社会貢献ついても気になりますよね!

 

この記事では、【福原愛】株式会社omuzubiの事業内容やホームページを調査!どんな会社?社会貢献とは?

のタイトルでお送りします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

【福原愛】株式会社omuzubiの事業内容とは?どんな会社?

 

福原さんの設立したばかりの会社はどういった活動をされる会社なのでしょうか?

本人のコメントですと…

 

「私が競技の引退を決意した大きな理由として、これまでの経験を活かし、選手としてではない形で子供たちが夢へと向かう環境づくりのお手伝いやアスリートの後輩たちに未来への道筋を作りたい、世の中の役に立つ活動をしたい、そんな想いがありました」

引用:おむすび

 

と話しており、

 

  • 選手としてではない形で子供たちが夢へと向かう環境づくり
  • アスリートの後輩たちに未来への道筋づくり
  • 世の中の役に立つ活動をしたい

 

など、株式会社omusubiは、「卓球界やスポーツ界への貢献、社会貢献活動を通じて恩返しをする会社」とのこと。

 

現段階でわかった具体的な事業内容はこちら!

まずはじめに行う活動をこう話されていました。↓

新たに会社を設立したことで、より幅広い取り組みを実現したいとしていて、まずは宮城県で子ども向けの卓球大会「愛ちゃんカップ」を開催することや、宮城県内の障害者福祉施設に卓球台を寄贈することなどを計画しているということです。

引用:NHK

 

生まれ育った宮崎の土地から卓球に関わる子どもたちへの支援と環境づくり

障害者施設への支援など行う予定みたいですね!

 

スポンサーリンク

 

【福原愛】株式会社omuzubiのホームページ【おむすびHP】

 

オープンしたばかりの株式会社おむずびのホームページはこちら↓

株式会社omusubi

 

会社設立への思いがホームページで綴られています。

皆さまご無沙汰しております。福原愛です。
世界が大変な状況のなか、私事で恐縮ですがご報告がございます。
この度、卓球界やスポーツ界、これまで応援いただいた皆様に、社会貢献活動を通じて恩返しをする為、
小学生時代の級友と共に 株式会社omusubiを設立いたしました。

社名である、“omusubi”は、“おむすび” “結び”から名付けました。

アスリート時代、補食の定番だった母の握る【おむすび】は、食べると「よし、頑張るぞ!」というパワーが湧きました。
派手な料理ではないけれど、いつも近くにあるおむすび。
お米1粒1粒のように、大切な人とぎゅっと手を取り合って、
転がりながら、まあるく大きく、心に寄り添い支えてくださる皆様と共に、実りある人生になるように。

3歳から卓球を始めた今までの人生、すべてが繋がっていると思っています。
これまでの【結び】に感謝の気持ちを持ち、繋がりやご縁を大切に
少しでも皆様のお力になれるようこれから1歩ずつ前へ歩んでいきたいと思います。

私が競技の引退を決意した大きな理由として、これまでの経験を活かし、選手としてではない形で
子供たちが夢へと向かう環境づくりのお手伝いやアスリートの後輩たちに未来への道筋を作りたい、
世の中の役に立つ活動をしたい、そんな想いがありました。
選手を離れてからのこの数年間は妊娠・出産・育児に追われ、日々をこなすことで精いっぱいでしたが、
今は少しずつ慣れ、娘も私が卓球を始めた3歳になったこともあり、
自分の未来、そして次世代の子供たちの未来を考える時間が多くなりました。

同時に、腰が悪く車いす生活をしている母と暮らすようになり、卓球をすることが生きがいだった母が、
今までのように卓球ができなくなり悲しんでいる姿を見て、ご年配の方々ハンディキャップを抱える方々にも
年齢や体の不自由さに関係なく、楽しんでほしい、幸せを感じてほしい、そんな気持ちも強くなりました。

このように世界が困難に直面している中、自分には何ができるのか、それは今なのか、とても悩みましたが、これまでの経験を活かし、
選手ではない立場で皆様の心に寄り添えるようなボーダレスな活動をしていきたいと思っています。

長くなりましたが、現在は、具体的な活動に移れるように、ご協力いただく方々と準備を整えている段階です。
社名の由来にもありますように、これまでの結びに感謝の気持ちを持ち、
選手時代は結果として届けていた明るいニュースを、今後社会貢献活動として、
心があたたかくなるようなニュースに変えてお届けできればと思っています。
温かく見守っていただけますと幸いです。

最後になりますが、一日も早いコロナウィルス感染症の終息を願いますとともに、
皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
どうぞご自愛ください。

株式会社omusubi 代表取締役 福原愛

引用:おむすび

 

自身が関わってきた卓球界がもっとより良くなるため。

そして育ててくれた人への恩返しや、母親を通じて感じたことから社会貢献など。

ますます応援したくなるばかりですね。

 

スポンサーリンク

 

【福原愛】株式会社omuzubiで行う社会貢献とは?

株式会社omusubiで行う社会貢献とはどういったことなのでしょうか?

先程、会社設立へのメッセージにもあったように。

福原さんのお母さんは、腰悪くて車椅生活になっていた」とのこと。

 

福原さんのお母さんといえば、自身の卓球経験を活かし小さな頃から福原さんへ卓球を教えてくれたコーチでもありますよね。

そのお母さんは腰を悪くして大好きな卓球が出来なくなってしまっていたんですね…。

 

そのお母さんも含め。

 

  • 年配の方
  • ハンディキャップを抱える方

 

年齢や体の不自由さに関係なく、「楽しんでほしい、幸せを感じてほしい」と話されていました。

 

宮崎ではじめにスタートする活動の中でも「障害者施設への寄付」が入っています。

 

そういったことから、障害者施設や福祉施設が今以上にスポーツ(卓球)へ触れる機会を増やせるように支援していくということではないでしょうか。

 

この活動を行うことで、今以上にパラリンピックへの選手が生まれる機会が増えたり、身体が不住になっても楽しめるスポーツとして広がっていくかもしれませんね!

 

福原さんにとって卓球は「人生」。

その人生を「社会貢献」や「成長する子どもたちへの道作り」などへ変えていくとは感服するばかりですね。

 

スポンサーリンク

 

【福原愛】株式会社omuzubiに対して世間の声

福原さんの会社設立に対して世間の声を集めてみました。

 

 

 

「会社を設立した動機が素晴らしい」

「純粋に尊敬する」

 

などの意見が見える中、批判的な意見も…。

会社を「株式会社」にしたことから

 

「お金儲けなのでは?」

「社会貢献ならNPO法人にしないの?」

 

意見もあり、びっくりしています。

 

色々な意見があるのはわかりますが、福原さんの今までの活動をみて意見してほしいものですね…。

 

福原さんのこれからどんな活動をおこなっていくのか、楽しみでなりません!

 

スポンサーリンク

 

【福原愛】株式会社omuzubiの事業内容とは?どんな会社?・まとめ

【福原愛】株式会社omuzubiの事業内容やホームページを調査!どんな会社?社会貢献とは?をまとめさせていただきました。

会社の事業内容としては

  • 選手としてではない形で子供たちが夢へと向かう環境づくり
  • アスリートの後輩たちに未来への道筋づくり
  • 世の中の役に立つ活動をする

 

などがあり、その手始めに行うとせれているのが

 

  • 宮城県で子ども向けの卓球大会「愛ちゃんカップ」を開催
  • 宮城県内の障害者福祉施設に卓球台を寄贈することなどを計画

だそうです。

いろいろな意見がありますが、自分の関わってきた人たちに感謝する気持ち。

そしてこれからの未来に貢献したい。

という考え方が本当に素晴らしいですよね。

素直に尊敬出来ます。

今後の活動も応援していきたいと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23