風の時代とはどんな時代?仕事(職業)やお金はどう変わる?2021年に備えることまとめ

スポンサーリンク

こんにちは。

「【風の時代】がやってきた」と、SNSやニュースで耳にしたことがありませんか?

占星術では、2020年12月末から地球は「風の時代」に突入したと言われています。

なんとこの「風の時代」に突入するのは200年ぶりのこと!

こちらの記事では、「風の時代」とは何か、仕事や働き方、お金の変化、2021年で備えておくことについて調査してみました。

 

スポンサーリンク

風の時代とはどんな時代?

 

SNSやメディアでよく耳にする「風の時代」。

具体的には一体、どういう時代なのでしょうか?

占星術上で、2020年の立春から地球は「風の時代」と呼ばれる時代に突入したと言われています。

占星術とは、簡単に言うと星占いのことですね。

 

太陽系内の「太陽・月・惑星・小惑星」などの天体の位置や動きや「人間・社会のあり方」を経験的に結びつけて占う

 

2020年末までは、「土の時代」と呼ばれる時代で、人々は「土」=目に見える物(金・物など)に固執していました。

一方で、昨年末から迎えた「風の時代」では、人々が「風」=目に見えないもの(情報・知識など)を求める時代に突入したと言われています。

 

「土の時代」:「土」=「目に見えるもの」物質文明の時代

「風の時代」:「風」=「目に見えないもの」精神文明の時代

 

地球が「風の時代」を迎えるのは実に200年ぶりのこと。

ちなみに「土の時代」を迎えた200年前は、ちょうど「産業革命」があった年です。

モノを作り経済を回す、大量生産・大量消費のスタイルが確立された歴史的な時代だったというわけですね。

 

風の時代を迎えた2020年末からは、副業などについて情報収集をしたり、クラブハウス等のSNSを使っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

これまで外に出てショッピングをしていた時間に、家で知識の形成に勤しんだ方も多いのではないでしょうか?

コロナで世界的に様々な変化があり、価値のあるものが「モノ」から「情報・知識・人脈」といった形のない物へと遷移しているのがわかります

 

占いなんて胡散臭いと思っている方や、スピリチュアル的な考えが苦手だという方であっても、「風の時代」到来を信じざるを得ない状況ではないでしょうか?

また、時代は5年間かけてゆっくりと遷移していくと言われており、2025年までに段々と移り変わっていくと言われています。

風の時代の波に乗り遅れないよう、しっかりキャッチアップしていきたいですね。

 

話題の著書はこちら↓

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む 購入はこちら

スポンサーリンク

 

【風の時代】仕事(職業)や働き方はどう変わる?

 

「風の時代」の到来に伴って、職業や働き方も変動すると言われています。

これまでの「土」の時代では、「物や金を所有している=地位が高い」という価値観で、土のように泥臭く、肉体的に働くと言うことが称賛されてきました。

しかし、「風」の時代を迎えた今、働くということが「風」=「自由」なあり方へと変化していくと言われています。

実際、コロナの影響で高級飲食店がテイクアウトを始めたり、アパレルのハイブランドがマスクを製造したりと、かなりフレキシブルな時代になってきていますよね。

 

また、風の時代でさらに発展を遂げる情報化社会では、AIの発達によってどんどん人間が行う仕事が淘汰されていきます。

極端に言うと、年収100万円の人と1,000万円の人に二極化する時代が来るとまで言われているのです。

そう聞くとなんだか怖い時代のようですが、逆に考えると新しいことにチャレンジできる時代と捉えることができますね!

 

日本はまだまだ終身雇用の考え方が根強いですが、風の時代では正社員として企業に所属し、生涯勤め上げることだけが、価値のある働き方ではありません

 

実際、スキルを切り売りして色々な業務を請け負ったり、Youtuberのように得意なことを動画にして稼いだりと、自由に儲ける生き方が称賛され始めています。

日本でも大企業が副業を認め始めたり、クラウドワークスのようなアウトソーシング型のプラットフォームが流行したりと、どんどん自由な働き方に遷移していますよね。

 

これからの時代では、一つのことに拘らず、複数の収入口を持つことが当たり前の時代になっていくと言われています。

そんな自由な「風の時代」では、趣味でやっていることを仕事にしてみたり、過去に夢半ばで頓挫してしまったことなどに再度挑戦するのもいいでしょう。

風のようにフットワークを軽くしてみるのが、開運のヒントになるかもしれませんね。

 

 

「風の時代」に自分を最適化する方法 220年ぶりに変わる世界の星を読む 購入はこちら

 

【風の時代】お金はどう変わる?

様々な価値観が大きく変わる「風の時代」では、お金に対する考え方も変遷していきます。

 

目に見えない物が重要視される「風の時代」。

「土の時代」の「お金がなければならない」という考え方から、「お金よりもっと大切なものがある」という金銭感覚に変遷していくと言われています。

そのため、貯金や資産形成よりも、スキルをつけたり知識を蓄えたりと、自分への投資の方が優先の時代が到来します。

 

風の時代では、物にお金を消費するのではなく、習い事や、芸術など形に残らないものにお金を使うことを厭いません

お金より知識が重要だとされる風の時代では、お金に拘らなくても豊かな生活ができると考えます。

実際、オンラインサロンなど新しい知識形成のやり方が台頭してきているのをみると、すでにお金の使い方が物から情報へと移り変わっているのがわかりますね

 

スポンサーリンク

 

【風の時代】大切なこと!本番は2年後?2021年で備えること

2020年末から「風の時代」が到来していますが、実は本番は2年後の2023年と言われているのです。

「今が本番じゃないの?!」と思うほど、世界は十分変動していますが、これから先はもっと変動していき「土の時代」の価値観はどんどんと古めかしいものに。

 

では、大変動の過渡期にある2021年、私たちができることや備えておくべきことはどんなことでしょうか?

 

 

大事なものが、物からコミュニケーションへ遷移していく時代。

まずは、本当に必要なモノとそうでないモノを棚卸しするのが良いでしょう。

2021年のうちに「持つ」ということへの執着を捨てて、「持たない」生活を楽しめるようになると良いですね。

 

また、自分にできることや得意なこと、やりたかったけれど諦めた夢などにチャレンジし、スキルを切り売りして収入口を一つ増やせるようにするといいです。

ココナラや、クラウドワークスでスキルをお金にしたり、思い切ってYoutuberやインフルエンサーに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

一つのことにとらわれず、複数の収入口を持つことで、風の時代でも生き遅れることのないように準備しましょう。

 

最後に、モノやお金、権力に物を言わせていたり、「高級ブランド品こそ価値がある」といった価値観で生きてきた方は、直していく必要があるかもしれません。

一度、凝り固まった考え方を改めて、自分が本当に良いと思えるものを自由に好きになってみましょう。

スピリチャルな記事はこちら↓

【風の時代】胡散臭い!嘘やデマなの?誰が言い出したのか調査!変化の予兆を解読

【風の時代】本や雑誌のおすすめランキング!詳しく知りたい人はこちら

【風の時代】いつからいつまで?分かりやすく解説!生きやすい人や星座ランキングまとめ

【風の時代】と【土の時代】の違いを比較!次の時代は?【水の時代】や【火の時代】も解説

風の時代とはどんな時代?仕事(職業)やお金はどう変わる?2021年に備えることまとめ

【シウマ】携帯番号占いのやり方とまとめ!2020年の運勢は?本当に当たる?口コミ感想も

【家相占い】村野弘味の年齢やプロフィール!本や鑑定料金はいくら・占いメニューも調査

【突然ですが占ってもいいですか】ヤラセ?仕込み疑惑を調査

【水晶玉子】どの占いが当たる?種類と内容・口コミを調査【マンダリン・エレメンタル・オリエンタル・ペルシャン】

験担ぎで人気スポットを知りたい方はコチラの記事もおすすめです↓

2021年(令和3年)投資や開業の吉日はいつ?最高の運気を掴む縁起のいい日の月別まとめ

宝くじが当たる確率が上がる神社はどこ?当たったエピソードなども調査

【2020年末ジャンボ宝くじ】換金日の期限いつからいつまで?高額当選の換金方法と受け取り期間まとめ

スポンサーリンク

 

まとめ

形のない「風」の時代の到来。

色々なことへ挑戦して、風のように自由に生きていければ素敵な時代ですよね。

本番の2023年に向けて、2021年は徐々に新しい時代をキャッチアップしていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23