【豪雨】長野県・犀川(千曲川)水位やライブカメラ映像!氾濫場所や現在の災害状況を調査

  • 2020年7月8日
  • 2020年7月27日
  • 災害

こんにちは。

7月8日に大雨の影響で長野県〜新潟県へ続く、犀川(千曲川)から信濃川にかけて氾濫危険にあるといわれています。

午前8時現在警戒レベル5に相当しています。

 

この記事では、長野県・犀川(千曲川)現在の氾濫の様子やリアルタイムな水位ライブカメラの映像や

テレビでは確認できないSNSで投稿された川の様子や画像を調査しました。

スポンサーリンク

犀川・信濃川の現在の水位情報や現在の映像は?

引用元:ヤフー

リアルタイムの水位情報は下記のリンクより確認することが出来ます。

 

7月8日午前9時半の時点で、氾濫危険水準5.1mまで水位が上昇しています。

 

この2時間ほどで、0.5近く水位が上がっています。

時折、水位が上がっているため警報も鳴っているようです。

 

川の防災情報はこちら

yahoo水位情報

 

上流の上高地では、国土交通省での観測で午前5時までの間に432.5m雨量が観測されています。

そのため、下流となる梓川(信濃川・犀川(千曲川)と続く川)の水位はどんどん上がっている状況です。

上高地の状況は下記のYou Tubeライブで確認できます↓

You Tubeライブ配信

 

氾濫水位レベル

氾濫水位レベル1~5

  • 水防団待機水位に到達(レベル1)
    今後の天気予報に注意
  • 氾濫注意水位に到達(レベル2)
    避難の準備を始める
  • 避難判断推移に到達(レベル3)
    避難するか留まるか判断する
    ※ここの判断が一番難しいです
  • 氾濫危険水位に到達(レベル4)
    避難場所に到着している
  • 氾濫発生情報(レベル5)
    身を守ることだけ考える

 

現在の様子をライブカメラで確認する

下記のURLより現在の様子を確認をみることが出来ます。

 

リアルタイ防衛情報上流

リアルタイ防衛情報犀川(千曲川)下流

 

 

NHKNews防災アプリも無料で使用できます。

アプリを入れて災害状況などもチェックすることが出来きます。

 

ダウンロードはこちらから

※Android・OS共にダウンロード出来る公式サイトへとびます

 

各地の実際の災害の様子をまとめました。

※引き続き災害状況が分かり次第追記させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

犀川・信濃川(千曲川)の災害状況は?

 

7月8日9時現在、川の氾濫など被害情報は上がっていません。

 

ネット上では心配の声が寄せられています。

安曇野市から長野市そして、新潟県へと続く一級河川で信濃川水系のとても長く大きな川です。

昨年、台風の影響で千曲川が氾濫をしています。

そのため上流より下流での氾濫を心配されている方が多いようですね。

 

スポンサーリンク

大雨災害でも保険は使える?

近年、地震や大雨の災害が数多全国で起こっています。

この様な水災で住宅への被害が続出していますね。

家の持ち主は絶望しているのではないでしょうか…。

加入中のオプションにもよるのですが、大雨被害や水害でも火災保険の適用となります。

オプションで「水害オプション」をつけている方は安心かもしれませんが…。

火災保険の難しいところが、どこまで適用なの?

と感じるところです。

今回の大雨で被害を生じた損害なのか証明したい!

普段から災害が起きるとは思っていないので様々な場所を写真で残しているわけではないので証明しにくいですよね。

そんな時は、保険請求のプロにまかせてしまうのが簡単です!

 

<台風や雪などの被害でも保険金が下りる事をご存知でしたか?>
一見被害ないように見える家でも、築5年以上の物件であれば
約70%の確率で平均100万円の保険金が下りています。

しかし、保険請求を個人で行うのは
困難で厄介な理由が多くあります。

そこで私たちは
無料実地調査から見積書の作成、保険会社とのやり取りのアドバイスなど、
保険金を受け取る為に必要な作業をお手伝いをさせていただきます。

◆セールスポイント
1お客様が実地調査の申込を行っただけで、1件8,000円という高単価商材
2お客様には一切リスクのない案件のため、申込へのハードルが低い。

<お客様へのメリット>
1貰いそびれていた保険金が貰える
2実質0円で修繕が可能
3保険申請箇所が無くても、無料点検したことで家の安全を確かめられる

\ 災害保険請求のプロに相談してみる /

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23