LINEオープンチャット使えない・検索出来ない理由!利用制限や規制解除はいつ?

スポンサーリンク

こんにちは。

 

LINEには、匿名で気軽に会話できる【オープンチャット】という機能があります。

ただ、聞いたことはあっても実際に使用した事がある人は少なかったり、使い方がよくわからない…という人も多いと思のではないでしょうか?

 

今回はその「オープンチャット」について、

  • オープンチャットが使えない!
  • 検索ができないのはなぜ?
  • 利用制限や規制がある?

ということについて調査しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

LINEオープンチャット使えない・検索出来ない理由

LINEオープンチャットとは、自分の興味のあることや趣味などの話題について、トークルームで会話をしたり、情報交換を楽しむ事ができるサービスの事です。

LINEのアカウント、つまりプライベートのアカウントを使うのではなく、トークルームごとに異なるプロフィールを設定でき、匿名で参加することができるんです。

自分がどんなトークルームに参加しているのかは、もちろんLINEの友だちにはバレることがないので気軽に楽しむ事ができますね。

 

そんな便利なLINEオープンチャットですが、『うまく使えない』という人が多々いるようです。

その理由についてまとめてみました!

 

チャットルーム自体が使えない

LINEオープンチャットのリリース当初は使えない人が多くいたようで、「運営側が利用できるユーザーを意図的に少なく絞っているのでは?」という憶測もありました。

しかし現在ではほとんどのユーザーが利用できるようになっています。

 

現在もオープンチャット自体が使えない、開けない、アプリの中にオープンチャットが見つからない、という人はLINEアプリ自体が最新版のものにアップデートされているかを確認してみましょう。

スマホ自体のバッテリー消費を抑えるため、アプリの自動アップデートをオフにしている人も少なくないと思います。

まずはLINEを最新版にアップデートしましょう!

 

スポンサーリンク

 

QRコードが読み込めない

LINEオープンチャットでトークルームに参加するための方法には以下の方法があります。

 

  1. QRコードを読み取る
  2. LINEトークで友だちから招待を受ける
  3. オープンチャットのURL(リンク)やQRコードをLINE以外から情報を得る(Twitterなど)
  4. リンクをコピーする

 

この中の『QRコードを読み取る』が出来ない、という問題があるようです。

招待用のQRコードを読み込んでも、

「対応していないか不正なURLです」というエラーが出てしまう場合もあるとか。

こちらのメッセージは、本来であればすでにトークルームが削除されている時や、非公開に設定されている場合に表示されるようですが、それに当てはまらないのにこのメッセージが表示される場合、運営側が意図的に機能制限をしている可能性が高いです。

この場合は運営側の対応を待つ必要があります。

 

スポンサーリンク

 

検索機能が使えない

オープンチャットの利用条件として、

 

  1. LINEの年齢認証が済んでいること
  2. ユーザーが18歳以上であること

 

という2点がありましたが、昨年12月より全てのLINEユーザーがオープンチャットの検索機能を利用できるようになっています。

LINEオープンチャットのお知らせのなかに、このような文章がありました。

 

※12月11日 12:00より、全ての皆さまが「オープンチャット検索」をご利用いただけるようになりました。

なお、このアップデートにより未成年ユーザーにも検索機能が提供されることになりますが、年齢認証を行なっていないユーザーの検索結果については未成年にふさわしくないテーマのオープンチャットが露出しないように制限をもうけております。

(途中、文章を一部省略しています。)
つまり、年齢認証をしなくても検索機能は利用できますが、その分運営側が制限をもうける。ということのようです。
年齢認証をしておいた方が、運営側の制限を受けることなくトークルームが表示されれるのではないでしょうか?

誰でも検索機能が使えるようになっているので、それでも検索機能が使えない場合には、メンテナンス中や一時的な不具合が考えられます。

 

スポンサーリンク

 

LINEオープンチャット利用制限の対象とは?

先ほどご紹介した、

  • QRコードが読み込めない
  • 検索機能が使えない

という問題は、どちらとも共通して『運営側の意図的な利用制限』が原因として考えられるということがわかりましたね!

 

利用制限をかけられてしまう、アカウントが凍結されてしまうことは案外多いようです。

では、どのような場合に利用制限がかけられてしまうのでしょうか?

一時的な凍結のほとんどはAIによる自動的な処理なんだとか。

過去の違反行為や投稿の膨大なデータ分析から、似たような問題行動が行われないように自動削除や利用制限を行なっているようです。

 

凍結されやすい行為がこちら↓

  • 他のSNSへ誘導する
  • 一度に大量の画像をアップする
  • 何度も同じコメント、スタンプ、画像を送信する
  • ルーム招待や外部リンクの宣伝を複数のルームに貼る
  • 複数のルームに同じテンプレートを送信する

 

よくあるパターンとして、自動的に投稿が削除される事があるため、「なんで削除されちゃったんだろう?」と思って何度も同じ内容を投稿すると凍結される可能性が高いです。

 

これはコメントや画像だけでなくTwitterなどのリンクも同様です。

出会い目的ではない内容と思って貼ったTwitterのリンクも、場合によって削除されてしまう事があります。

その場合も、消えてしまったからと何度もトークルームに貼り付けてしまうと凍結してしまうので注意しましょう。

 

そして以下の内容の行為を行なってしまうと、永久凍結の可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

重点的に着目しているキーワードに引っかかった

LINEオープンチャットでは、匿名での参加が可能なSNSであることゆえに危険をはらんでいるキーワードに対し、重点的に着目しているそう。

 

そのキーワードがこちら。

  • ポルノ
  • 出会い系
  • 青少年
  • ハラスメント
  • 自殺
  • 違法
  • 社会的にネガティブ
  • スパム

これらのキーワードに関する、悪意がある行為だと運営側が捉えた場合は凍結またはアカウント停止となります。

 

LINEオープンチャットが設ける違反行為を行なってしまった

LINEオープンチャットでは、安心・安全にサービスが利用できるように、サービス開始から特に問題になりがちな4つの項目を【違反行為】としてピックアップし、未成年ユーザーへの啓発といった活動をしています。

その項目がこちらです。

 

  • 連絡先の交換
  • 人が嫌がる下品な言葉や写真の投稿
  • 人を傷つける攻撃的な発言
  • 身元がバレる恐れのある投稿

 

こちらの画像は、LINEオープンチャット公式がユーザーに周知してもらうため、トークルームやSNSで拡散できるように配布している画像です。

画像にも書いてありますが、これらを違反するとオープンチャットだけでなくLINEそのものが使えなくなってしまう可能性もあるんです。

 

これまで紹介した内容に加え、LINEオープンチャットが設けている禁止事項がこちらです。

  1. チャットルーム自体が出会い系目的であることが疑われる場合
  2. 個人情報(電話番号、住所、LINE ID、その他のSNS)を交換したり、1:1の出会いを継続的に勧誘または要求する行為
  3. 恋人・交際相手や、一緒に宿泊・居住する相手を探そうとする行為
  4. 未成年者に対する酒席の勧誘または不法な出会いを求める行為
  5. その他社会的に容認されないと判断される出会い行為

引用:LINEオープンチャット安心安全ガイド

 

個人的なやりとりを行うLINEと違い、LINEオープンチャットは安心安全に利用できるよう、トークや投稿内容のモニタリングを行なっています。

オープンチャット内での会話内容は全て運営に筒抜けになっている、ということ。

利用規約やガイドラインに違反した場合は適宜必要な対応を行なっているようなので、その内容によって一部の利用制限や、悪質な場合はオープンチャットの強制退会やLINEアカウントの停止ということが起きてくるのですね。

 

スポンサーリンク

 

LINEオープンチャットの規制解除はいつ?

一時的な凍結は、どのくらいの期間で解除されるのでしょうか?

これは利用制限がかかってしまった理由にもよりますが、短ければ数分〜1時間、1日、それ以降と伸びていきます。

 

短時間の凍結を繰り返してしまうと、その後の制限の期間は伸びて行くようですよ。

内容によっては最初から長期間の制限や永久凍結となってしまう場合がありますので注意しましょう。

 

これまでオープンチャットの禁止事項や違法行為を紹介してきましたが、これらに心当たりがないのに制限されてしまったという場合は、

LINEオープンチャットのお問い合わせフォームから運営側に報告しましょう。

 

短ければ数分で解除になることもあるため、制限がかかってから1時間以上経っても解除されない場合に報告することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は【LINEオープンチャット】で生じる問題について調査しました。

今やスマホを使っている人のほとんどがLINEを使っていると思います。そのLINEアプリがあれば誰でも匿名で参加する事ができるのがこのオープンチャット。

オープンチャットのユーザーが楽しく安全に活用できるよう、ルールとマナーはしっかりと守らなければなりませんね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23