【35歳の少女】ドラマのストーリーやあらすじ!10歳になった理由を調査

こんにちは。

 

2020年10月より、日本テレビ系の土曜ドラマ枠にて放送される、ドラマ『35歳の少女』。

ドラマ日程

2020年10月10日(土曜)

夜10時スタート

日本テレビ系列

 

主人公の「35歳の少女」を演じるのは、5年ぶりの民放連続ドラマに出演する柴咲コウさんということで、注目が集まっています。

 

“35歳の少女”とは、いったいどういうことなのでしょうか?

この記事では、ドラマ『35歳の少女』の、あらすじや10歳になった理由を調査していきます。

 

スポンサーリンク

【35歳の少女】柴咲コウドラマが5年ぶりに復帰!ストーリーとあらすじ作品情報

柴咲コウが5年ぶりにドラマに復帰する作品はどうやら「ひとクセ」ありそうな気になる内容です。

早速、作品情報を見ていきましょう。

 

ストーリーとあらすじ

1995年、10歳の今村望美(柴咲コウ)は不慮の事故で、長い眠りにつくことになります。

35歳を迎えた2020年。

望美は、25年ぶりに目が覚めます。

しかし、35歳になっていた望美の心は、事故に合った10歳のままでした

 

目覚めた望美が目にした世界は、25年前と何もかも違っていて。

家族はバラバラ。

そして、初恋相手の広瀬結人(坂口健太郎)は、人が変わってしまっています

 

戸惑いながらも、未来を懸命に生きる主人公の「時をこえた」成長物語となます。

 

望美が目覚めたことにより、25年の間に変わってしまった家族や初恋相手へ、どのような変化をもたらして行くのかも、見どころになっていくことでしょう。

 

スポンサーリンク

【35歳の少女】ネタバレ・10歳になった理由とは?

「25年ぶりに返ってきた娘は、10歳の子供だった」とのコピーがつけられた、ドラマ「35歳の少女」。

 

望美は、10歳になったわけではありません。

 

不慮の事故がきかっけで10歳から、25年間も昏睡状態であった望美。

目覚めると体は35歳だったが、心は10歳のままであったという理由で、このコピーがつけられたのでしょう。

普通で考えたら25年も眠りについていれば、筋肉は衰え立つこともできなさそうですが、どんな設定なのかも気になるところですよね…。

 

10歳の心を持つ35歳の少女役を、柴咲コウがどのように演ずるかが注目ポイントです。

 

【35歳の少女】柴咲コウドラマの作品情報(監督など)

気になるドラマを担当するのは、今人気が高いスタッフが手掛けています!

作品情報

 

『35歳の少女』は、2020年10月10日(土曜)10時スタートの日本テレビ系で放送する新土曜ドラマ。

主人公の”35歳の少女”を演じるのは、柴咲コウ。

5年ぶりに民放連続ドラマに出演するので、注目が高まっています。

 

このドラマは、

  • 「家政婦のミタ」
  • 「同期のサクラ」
  • 「過保護のカホコ」

など数多くのヒット作品を生み出している、遊川和彦が脚本を務めています。

 

『35歳の少女』には原作はなく、遊川和彦が手掛ける完全オリジナルストーリー

女優の柴咲コウ×脚本家の遊川和彦のタッグは、「〇〇妻」以来の5年ぶりとなり、期待されていますね。

 

出演者

 

  • 今村望美:柴咲コウ
  • 広瀬結人:坂口健太郎
  • 時岡愛美:橋本愛
  • 今村達也:竜星涼
  • 今村加奈:富田靖子
  • 今村進次:田中哲司

 

ドラマのスタートが楽しみですね!

まとめ

今回は、2020年10月スタートの『35歳の少女』について紹介しました。

心が10歳のまま、35歳になってしまった少女が、どのように現実と向き合っていき、成長していくかをチェックしながら、ドラマを見ていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23