【となりのチカラ】ナレーション猫の声は田中哲司!重要キャラの役割とは?

こんにちは。

2022年1月より放送、松本潤さん主演ドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)。

松本潤さんは、主人公・中越チカラを演じています。

 

チカラは、何をしても中途半端で中腰な性格ですが、人に対する思いやりは非常に強い。

そんな性格のチカラが、自ら住むマンションで住人たちの悩みやトラブルなどを解決するという社会派のコメディドラマですよ。

 

このドラマ「となりのチカラ」には、絶妙な面白スパイスを加えてくれる、猫が登場しています

ただの猫ではなく、味のあるナレーションをしていることでも注目を浴びていますね!

ネット上では「今後の重要なキャラクターになるのでは?」という声もあるんですよ。

 

本記事では、話題の猫のプロフィールや、ナレーション情報などをまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 となりのチカラのナレーションの猫の声が話題

 

 

「となりのチカラ」のナレーションの猫の声が話題になっていることは知っていますか?

この猫は、どんな猫なのか…。

インターネットにある情報を基にプロフィールを作成しました。

 

名前:ラム

猫種:アメリカンショートヘア

性別:メス

生年月日:2009年5月22日

年齢:12歳

所属:エムドッグス

 

ペットとして演技ができる動物の事務所に所属していました。

「いいじゃん、生協。」スペシャルムービーや、CM「AT-Xがある生活」ネコ散歩編①などに出演。

 

動画はこちら↓

 

「となりのチカラ」だけでなく、他の作品にも出演している売れっ子猫ちゃんでした!

 

実は「となりのチカラ」内で名前は出てきていません。

首輪もしていないため、野良猫役なのでしょうか?

 

今後の展開が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

猫の声は田中哲司が担当

猫のナレーションを担当しているのは、俳優の田中哲司さんです。

 

<プロフィール>

名前:田中哲司(たなか てつし)

生年月日:昭和41年2月18日 

出身:三重県鈴鹿市

所属:鈍牛倶楽部

最終学歴:日本大学芸術学部

配偶者:仲間由紀恵

公式ページ

 

田中哲司さんの最近の出演テレビドラマ・映画をいくつかピックアップ。

『軍師官兵衛』 (2014年)

『緊急取調室』シリーズ(2014年・2015年・2017年・2019年)

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2017年)

『あなたの番です』(2019年)

『真犯人フラグ』(2021年)

『新聞記者』(2019年)

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020年) 

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』(2021年)

 

 

特にシリアスなドラマに引っ張りだこです。

渋い演技が好評ですね。

 

スポンサーリンク

猫の重要キャラの役割とは?

「となりのチカラ」のラムちゃんは、ただの猫ではありません。

全ての出来事を目撃しながら、ドラマのナレーションとしても活躍しています。

 

 

ドラマがスタート前から「重要なキャラクター」ということを公式サイトから発表していました。

 

 

「マンションの近くに住む吾輩は、住人たちに起こる全てのことをみているのだ」と住人たちのことを知り尽くしているキャラクターです。

ドラマの流れを良くするためには欠かせないキャラクターなのは間違いなさそうですね!

 

まだ名前が明かされていない猫ちゃんは今後どんなふうに発展していくのか?

気になるところですね。

 

こちらもおすすめ!↓

『となりのチカラ』ドラマのロケ地や撮影場所はどこ?目撃情報や口コミまとめ 

 

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、「となりのチカラ」に出演している猫について解説してきました。

演じている猫は、事務所に所属している売れっ子猫の「ラムちゃん」でした。

 

猫の声兼ナレーターを担当しているのが田中哲司さん。

ドラマ内では、住人たちのことを知り尽くしている重要なキャラクターでしたね。

 

今後の展開によってはもっと深い情報が出てくるでしょう。

これからの放送が楽しみですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Amazonプライムデーが始まります!

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23