【半沢直樹】帝国航空のモデルはJAL日本航空で確定?原作ネタバレを調査

こんにちは。

【半沢直樹】が7年ぶりに新シリーズを公開しましたね。

 

新シリーズは平均視聴率20%超えと、前作に劣らず大人気です。

今現在ドラマを楽しみに見ている人も多いのではないでしょうか。

 

ドラマの最新話では、主人公の半沢が銀行頭取より帝国航空再建を命じられるというシーンがあります。

その帝国航空が、JAL日本航空のことではないかという声が多くあがってきています。

 

この記事では、【半沢直樹】帝国航空のモデルはJAL日本航空で確定?原作ネタバレを調査します。

スポンサーリンク

【半沢直樹】帝国航空のモデルはJAL日本航空で確定?

 

まず、そもそも【半沢直樹】の中で登場する帝国航空のモデルはあるのでしようか?

実は、小説やドラマに登場する会社などが、実在する会社をモデルにしているという話はよくあります。

それでは帝国航空に関しては、どうなのでしょうか。

 

帝国航空のモデルはあるか考えるにあたって、半沢直樹の小説が書かれた時の時代背景を見ていこうと思います。

 

小説が書かれた2010年に、ちょうど大手日本航空会社JALが倒産しております。そして会社再建にあたり、国を上げてのプロジェクトも行われました。

 

 

【半沢直樹】に出てくる帝国航空と時代といい、状況といい、あまりに状況が似ています。

私は、帝国航空のモデルは、JAL日本航空の可能性がかなり高いと感じております。

 

ここでは、時代背景などから帝国航空のモデルがJAL日本航空ではないかと分析しました。

 

スポンサーリンク

 

【半沢直樹】帝国航空再建編(銀翼のイカロス)原作ネタバレ

次に、気になる【半沢直樹】の今後の展開について書いていきますね。

ドラマの続きに関しては、小説が既にでていますので、その先がわかかります。

まず今回のドラマの始まりは、半沢直樹が東京セントラル証券に出向を命じられたことから始まります。

その後、半沢直樹は、東京セントラル証券で仕事を淡々として過ごしていました。

 

そして、その後の展開としましては、半沢直樹は、電脳雑技集団の粉飾決算を見事に暴きます。そして、倍返しを成功させます。

その後、東京中央銀行本店営業第二部次長に復帰します

そこで、銀行頭取より、帝国航空の担当を直々に任されます。

帝国航空は赤字で、経営危機状態です。

それを半沢直樹が、見事に再建してみせるという話です。

帝国航空再建編は半沢直樹が再び銀行員として活躍し、銀行内部などの悪を暴いていく話です。

 

原作はこちらから購入することが出来ます↓

 

スポンサーリンク

【半沢直樹】帝国航空再建編へネットの声

最後に、帝国航空再建編へネットの声はどのようなものが見ていきましょう。

 

まずは、前回の放送後で、帝国航空」というワードがトレンド入りし、ネットでもかなり話題になっています。

ネットでは、帝国航空はまさに、JALと言う声が多くを占めています。

このように、ネットでも帝国航空は、JAL日本航空だという意見がかなり多いです。

 

スポンサーリンク

 

【半沢直樹】帝国航空のモデルはJAL日本航空で確定?・まとめ

今回は、【半沢直樹】帝国航空のモデルはJAL日本航空で確定かどうかついて時代背景などを材料に調査しました。

また、今後の展開も書かせて頂きました。

当時の時代背景や、多くの人の意見により【半沢直樹】帝国航空はJAL日本航空確定だという結論に今回は至りました。

ますます【半沢直樹】から目が離ません。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23