24時間テレビ2021のランナーは誰?予測や歴代メンバー振り返りと放送日程や企画も調査

スポンサーリンク

こんにちは。

 

新年度が始まってはや5月、もう夏はすぐそこですね。

夏といえば、毎年夏休みに放送される24時間テレビ。

 

昨年の24時間マラソンは、コロナの影響から初のコースマラソン形式で行われた『募金ラン』が話題となりましたね。

2021年のマラソンランナーは誰になるのか、どんな形で行われるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、

  • 24時間テレビ2021のランナーが誰なのか予想
  • 24時間テレビ歴代メンバー
  • 24時間テレビ放送日程や2021の企画

などについてまとめていきます。

 

24時間テレビの2021年ランナーが誰なのか気になっている方は是非参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

24時間テレビ2021のランナーは誰?みんなの予測は?

 

画像

引用 ツイッターより

 

昨年行われた24時間テレビチャリティーマラソンは、コロナの影響もあり賛否両論の中実施となりました。

マラソン会場は、感染拡大を防ぐため公道ではなくチャリティーマラソン史上初となるコースへ変更。

高橋尚子さんが発起人となり『募金ラン』いう新しい形のスタイルで成功しましたね。

 

2021年は誰がランナーを務めるのか気になります!

 

ツイッターでは、さっそく今年の24時間マラソンランナーを予想しているコメントもありました。

 

 

 

SNSでは、

  • 相葉雅紀さん
  • フワちゃん

と予想しているツイートが多数!

このお二人がランナーになる可能性についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

相葉雅紀

 

2021年の24時間マラソン予想の一人目は、嵐の相葉雅紀さん。

これまでジャニーズからは、TOKIOやV6などがランナーとして活躍してきました。
今年のメインパーソナリティーが「King&Prince」に決まったこともあり、同じジャニーズで嵐の相葉雅紀さんがランナーに決まれば大いに盛り上がりそうです。
相葉雅紀さん予想の大きな理由は、2月20日に放送された「SHOWチャンネル」で
ランニングマシンを使ったフルマラソンをしていた
こと。
番組では、惜しくも30キロ走ったところでリタイヤしてしまいました。
しかし、その2か月後の5月9日に放送された「相葉マナブ」では、

悔しかったの、30kmで終わっちゃったのが

リベンジマラソンしたいのよ!

などとコメントし、マラソンに対して意欲的な気持ちがあるようなんです。

 

ですが、今や国民的大スターとなった相葉雅紀さんがランナーとして公道を走ると、密になるのは必須。

今だ収束しないコロナ過で、感染対策や警備も大変なことになりそうです。

ですが、昨年と同じようにコーススタイルをとるならば、案外実現しそな予感がしますね!

スポンサーリンク

フワちゃん

 

2021年24時間マラソンの予想2人目は、YouTuberとして大人気のフワちゃん。

実はフワちゃんは、コロナがなければ2020年のチャリティーマラソンの有力候補になっていたんですよ。

 

 

昨年は、マラソンには参加していませんでしたが、24時間テレビには出演していましたね。

現在フワちゃんは、YouTubeのチャンネル登録者数が70万人を超え、2020年年間テレビ出演数は300本以上という超売れっ子状態。

今年こそは、是非チャリティーマラソンに選ばれて欲しいです!

 

もしフワちゃんがランナーになれば、リレー形式で他の芸人やYouTuberとのコラボ企画もあるかもしれませんね♪

 

スポンサーリンク

 

24時間テレビ歴代メンバー振り返り

 

24時間テレビでお馴染みのチャリティーマラソンは、1992年からスタートしました。

これまで走ってきたメンバーはどんな方達だったのでしょうか。

歴代のメンバーを振り返ってみましょう。

 

1992年~2001年

 

まずは、1992年から2001年です。

1992年 間寛平
1993年 間寛平
1994年 ダチョウ俱楽部
1995年 間寛平
1996年 赤井英和
1997年 山口達也(元TOKIO)
1998年 森田剛(V6)
1999年 にしきのあきら
2000年 トミーズ雅
2001年 研ナオコ

 

チャティーマラソン初代ランナーはお笑い芸人の間寛平さん。

間寛平さんは、1992年に引き続き1993年と1995年にも参加しています。

他にも俳優さんやジャニーズアイドルなど様々な方達が走っていますね。

2001年のランナーだった研ナオコさんは、女性初のランナーとして85キロを時間内で走り切りました。

 

スポンサーリンク

 

2002年~2011年

続いて、2002年から2011年を見てみましょう。

 

2002年 西村知美
2003年 山田花子
2004年 杉田かおる
2005年 丸山和也(弁護士)
2006年 アンガールズ
2007年 萩本欽一
2008年 エド・はるみ
2009年 イモトアヤコ
2010年 はるな愛
2011年 徳光和夫(フリーアナウンサー)

 

体力的に自信が高い参加者中心だった90年代に比べて、2000年代に入ると女優さんや女性芸人など女性ランナーの参加が目立ってきました。

特に芸人のイモトアヤコさんは、女性ランナー最長記録の126.585キロを時間外でしたが見事完走!

男性陣では、2011年に歴代最高齢の70歳で参加した徳光和夫さんが印象的です。

スタート前は走り切れるのか心配だったランナーが多く、努力して走り切る姿に日本中が感動しましたね。

 

スポンサーリンク

 

2012年~2020年

最後は、2012年から2020年です。

 

2012年 佐々木健介・北斗晶ファミリー
2013年 大島美幸(森三中)
2014年 城島茂(TOKIO)
2015年 DAIGO
2016年 林家たい平
2017年 ブルゾンちえみ
2018年 みやぞん
2019年 近藤春菜(ハリセンボン)・よしこ(ガンバレルーヤ)・いとうあさこ・水卜麻美(アナウンサー)
2020年 高橋尚子(元オリンピック選手)・土屋太鳳・吉田沙保里・陣内貴美子・松本薫・野口みずき
2012年からは、芸人や歌手以外にも、ファミリーや複数人のリレー形式で参加など多様なスタイルになっていきました。
中でも、みやぞんさんが行った史上初のトライアスロン形式や、家族4人で120キロを時間内に完走した佐々木健介・北斗晶ファミリーは話題となりましたね。
特にコロナ渦で行われた2020年は、高橋尚子さんを中心とした『募金ラン』が注目されました。
公道ではなくコースを舞台にした募金ランでは、1周走るごとに10万円の募金というスタイルで行われ募金総額は470万円にもなったんだとか。

 

2021年もコロナが収束しないまま行われる24時間テレビとなりそうですが、こういう時こそチャリティーを前面に出した走り方が期待されそうです。
7日間無料で人気漫画が読み放題!↓

 

24時間テレビ放送日程や2021の企画は?

 

 

2021年の24時間テレビの放送日程が発表されました。

今年は、8月21日(土)~22日(日)に両国国技館で無観客開催されます。

コロナの影響で今年も無観客は継続されるようですね。

 

そしてメインパーソナリティーは、「King&Prince」。

  • 平野 紫耀(ひらの しょう)
  • 永瀬 廉(ながせ れん)
  • 髙橋 海人(たかはし かいと)
  • 岸 優太(きし ゆうた)
  • 神宮寺 勇太(じんぐうじ ゆうた)

 

メンバーの岸優太さんは、昨年に引き続いての大役となりました。

 

24時間テレビの企画は、現在のところ発表がありません。

ですが、今年も昨年に引き続き感染対策を意識したスタイルで行われると予想されます。

メイン会場は、無観客で両国国技館で行われることは決まっていますね。

 

43回目となった昨年の24時間テレビは以下のようなスタイルに

  • 対面募金の中止
  • チャリティーマラソンは公道で行わない
  • セットなどを工夫し出演者のソーシャルディスタンスを保つ
  • 深夜帯は事前収録とする
  • リモートを活用

 

その他にも、スタッフの人数を減らしたり、PCR検査の導入など様々な感染対策が必要になるため制限された中での開催となりそうですね。

 

また、24時間テレビのメイン企画であるチャリティーマラソンが行われるのであれば、公道での走行はされない可能性が高いです。

 

昨年は、無観客の国技館で市川海老蔵さんが一夜限りのスペシャル歌舞伎を披露してくれたり、全国60か所で打ち上げられた花火を中継したり、コロナ過ならではの企画となっていました。

2021年の24時間テレビも、リモートや各地の中継などを利用した密とならない企画が行われるのでしょうね。

 

 

24時間テレビについて詳しくはこちら

24時間テレビ公式

 

スポンサーリンク

 

24時間テレビ2021のランナーについて・まとめ

この記事では、

  • 24時間テレビ2021のランナーが誰なのか予想
  • 24時間テレビ歴代メンバー
  • 24時間テレビ放送日程や2021の企画

などについてご紹介してきました。

 

2021年の24時間マラソンは、国民的に人気が高い「相葉雅紀」や「フワちゃん」が予想されます。

マラソン会場は、コロナの影響で公道ではなくコースを周回する形になる可能性が高いでしょう。

そうなると、従来の走り続けるというスタイルに加え、盛り上げの意味でも昨年のようなリレー形式や募金を取り入れるなどの工夫がされるかもしれませんね。

 

2021年の24時間テレビは44回目となります。

今年はどんな感動を見せてくれるのか楽しみですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23