【東京マラソン2020中止】参加費の返金・払い戻しはある?

こんにちは〜ちゃみんです。

新型コロナウイルスの影響で2020年3月1日に開催予定の東京マラソンが一般人の参加者を中止にさせると発表がありました。

今回の中止は自然災害やテロなどでは無いです。

しかもエリート選手のみは出場するので本当の中止でもありません。

今回の場合に限っては参加料金は返金されるのでしょうか?

 

一般参加選手が大打数を占めているので、この取り決めによっては参加料が返金されるのか出場選手には気がかりなのでは無いでしょうか?

 

そこで、今回はこんな事を調べてみました↓

東京マラソン2020の一般参加中止の取り決めによる参加料の払い戻し・返金はおこなわれる?

 

早速いってみましょう

スポンサーリンク

【東京マラソン2020中止】の一般参加の取り決めによる参加料の払い戻し・返金はおこなわれる?

東京マラソンのエントリーはすでに終了していて、出場予定の方は参加費を支払い済みです。

参加料は下記の通りです↓(事務手数料・消費税込み)

国内参加者 海外参加者
マラソン 16,200円 18,200円
10km 5,600円 6,700円

今年になって価格を引き上げたこともあり消して安い参加料では無いと思います。

では、一般参加が取り止めになったことでこれらの参加料の返金・払い戻しはされるのでしょうか?

 エントリー規約に定める理由による大会中止の場合を除き、参加料の返金は行いません。

引用:東京マラソン公式HP

 

ココで気がかりなのは、今回の新型ウイルス感染拡大が理由である場合は

「エントリー規約に定める理由」に当てはまるかどうか?です。

 

13. 積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。

なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

引用:東京マラソン公式HP

 

悪天候や自然災害などでのレースが行えない・コースが使えない場合にのみ返金払い戻しが行われると書かれています。

 

感染症については特に記載がありませんね。

しかし、ココで気になるのが、”関係当局により中止申請を受けた場合”と記載があります。

新型コロナウイルスの感染拡大については、政府や厚生労働省なども動いているのでこちらに当てはまるのではないかとも推測出来ます。

ですが、東京マラソンを主催する財団の「自粛」による中止であれば払い戻しをしない可能性もあるということになります。

  • 払い戻しなし
  • 参加グッズなど参加賞商品の提供
と言った場合も大いに考えられます。
細かい詳細についてはまた発表され次第追記していきます。
参加料の返金なしが発表されました!

来年の参加希望枠確定が貰えるということですね!

再燃も参加費はかかるようですが、まぁ10倍以上の枠なのでそれもありなのかな?

とも感じました。

2021年の為に思い切り練習するしかないですね(T_T)

スポンサーリンク

【東京マラソン2020中止】中止に対するネットの反応など

今回の発表を受けてみんなの声を見てみましょう。

残念だと言う声もりますが、これでよかったと安心する声も!

やはり、参加者が気になることは返金対応などでは?

ともかんじますね。

 

スポンサーリンク

 

【東京マラソン2020中止】【東京マラソン2020中止】参加費の返金・払い戻しはある?まとめ

今回は【東京マラソン2020中止】参加費の返金・払い戻しはある?

について書かせていただきました。

基本的には、よほどのことがなければ返金処置はされない東京マラソンですが

今回はよほどの事とも思われます。

ですが、マラソン自体は開催されるので完璧な中止にはならない可能性もあります。

今年の倍率は11.1倍でしたが、せっかく抽選にあたった人ががっかりしているんだろう。

と私も胸が痛みます。

そこに加えての一般人中止は残念ですよね。

参加費用も消して高くないので今後どう対応してくるのかも

気になるところです。

詳しい情報が発表され次第、追記していきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23