首イボに効果がある市販薬と除去方法や口コミまとめ!跡が残らないためのケアと対策グッズも紹介

スポンサーリンク

こんにちはNarseです。

 

これから夏本番を迎えますが、気になるのが首にできるイボ…。

首イボの原因は紫外線や加齢・ウイルスなどにより出来ると言われていますが、放置しても問題はないといわれています。

 

でも肌を露出する時期になると、どうしても周りの目線とか気になりますよね。

皮膚科では凍結療法といって患部に液体窒素を当てて治療しますが、コロナ禍で病院にいくのも嫌だし、恥ずかしいと思う人もいるのではないでしょうか?

 

ここでは市販薬で効く薬のご紹介と、ケア方法、対策グッズなどをご紹介します。

最後までご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

首イボに効果がある市販の薬と除去方法や口コミ※見出し3でいくつか紹介してください(口コミ)

首イボに効果がある市販薬を、口コミからご紹介します。

①ヨクイニンエキス顆粒クラシエ

出典:yahooショッピング

45 希望小売価格:2640円(税込)

 

成人1日の服用量3包(1包1.5g)中に、ヨクイニンエキが、1,500mgも含まれています。

 

漢方薬として、肌の内側から、ターンオーバーを促しイボの改善に効果をもたらすんですよ。

長く服用する事で効果があるといわれています。

 

 

定価より安く買えるのはYahooショッピングとAmazonです!

こちらから↓

Amazonでの購入はこちら↓

 

 

ヨクイニンS「コタロー」

出典:Yahooショッピング

 

240錠(16日分)希望小売価格2200円(税抜)

 

小太郎漢方製薬から発売されているヨクイニンSは、病院でも使われている錠剤です。

皮膚のターンオーバー効果が高いため、イボだけでなくニキビやおできなども改善する効果が期待できるんですよ。

1日の服用量、15粒に含まれるヨクイニンエキスは2000mgでした。

 

 

定価より安く買えるのはYahooショッピングとAmazonです!

こちらから↓

Amazonでの購入はこちら↓

 

 

イボコロリ内服薬

出典:Yahooショッピング

 

180錠入り希望小売価格 2462円


薬のヨクイニンから抽出されたエキスを錠剤にしたお薬。

体にやさしく作用し、イボや肌荒れに効果があります。

大人1日の服用量、18粒に含まれるヨクイニンエキスは1998mgでした。

 

定価より安く買えるのはYahooショッピングとAmazonです!

こちらから↓

Amazonでの購入はこちら↓

内服はちょっと苦手というかたに向けて、塗り薬もありました。

 

 

クラシエ紫雲膏


出典:Yahooショッピング

 

14g 希望小売価格:935円(税込)  

 

紫雲膏は江戸時代末期に作られた漢方の軟膏です。

傷を修復し皮膚を再生する細胞の成長を助ける効果があるんですよ。

ひび・あかぎれ・しもやけ・やけど・痔などの皮膚疾患に効能がありました。

 

 

特徴として強烈なにおいと、特徴的な赤紫が洋服や皮膚につくと、取れにくいそうなんです。

使用する時には、イボ部分に塗ったら絆創膏やガーゼをつけるようにするといいそうですよ。

 

定価より安く買えるのはYahooショッピングとAmazonです!

こちらから↓

Yahooショッピング 

 

Amazonでの購入はこちら↓

ブレーンコスモスイポケアEX

出典:Yahooショッピング

18ml 希望小売価格 2090円(税込)

 

バチルス発酵液とヨクイニンが配合された、イボに塗るタイプの美容液です。

硬くなったイボ(角質粒)に直接塗る事で皮膚を柔らかくし、滑らかにするそうなんですよ。

 

使用方法はブツブツが気になる場所に、1~2適塗布するだけととても簡単。

 

 

美容液なので皮膚に潤いを与えてくれる効果もあるので、気軽に試せそうです。

定価より安く買えるのはYahooショッピングです!

こちらから↓

Yahooショッピング 

 

Amazonでの購入はこちら

 

リベルタつぶぽろん

出典:Yahooショッピング

1.8ml希望小売価格1925円

 

イボに効果があるとされているヨクイニンを始め、18種類和漢エキスが角質粒を柔らかくします。

美容成分も多く含まれており、肌への浸透性も抜群なんですよ。

 

つぶぽろんは柔らかいシリコンでできたヘッド部分と、ペンのようなスマートな形状で、いつでも手軽に使えるのが特徴です。

 

 

 

即効性はどの市販薬はないかもしれませんが、気長に使っていくと個人差はありますが効果はでそうですよ。

それでもだめならば、やはり皮膚科に行くのがベストではないでしょうか?

 

定価より安く買えるのはYahooショッピングです!

最安値1344円〜

こちらから↓

Yahooショッピング 

 

スポンサーリンク

 

跡が残らないためのケアとは?

イボが取れたあともきちんとケアをしなくてはいけません。

そのままにしていると、跡やシミの原因になってしまいます。

 

肌に刺激をあたえない

気になってイボの部分を触るのも、大きな刺激になります。

それだけではなく、洋服の摩擦やアクセサリーなども肌にとって負担で、刺激でイボができてしまう可能性がありますよ。

首周りにはなにもつけないのが、おすすめです。

 

代謝を高める

代謝を高めることによって、肌のターンオーバーも正常になります。

体の中から温めたり、規則正しい生活をする事が大切になります。

バランスの良い睡眠・食事・運動を心がける事と、違ってくるそうですよ。

そして、肌の老化は老人性のイボの原因となりますので、肌組織の代謝を高めてダメージを正常に回復しましょう。

 

 

紫外線対策をする

顔の紫外線は気にしますが、首へのダメージもあるのはあまり知られていないですね。

肌は紫外線を浴びることで、肌がダメージを受けターンオーバー機能がさがり、皮膚の回復を妨げになります。

跡になってしまう可能性が高いんですよ。

 

顔だけでなく首から鎖骨まで、露出している部分はしっかりケアする事が大切ですね。

紫外線とは夏だけのものではありません、一年中ケアしていきましょう。

 

保湿を欠かさない

皮膚が乾燥すると、肌バリア機能が低下し跡になりかねません。

先述紹介した保湿剤のようなクリームを予防的につけるのも、効果的です。

1年中首から鎖骨にもたっぷりつけていくといいでしょう。

 

冬場は特に乾燥しますので、1日に何回か行うといいかも知れませんね。

意識する事で、イボの改善につながりますよ。

 

スポンサーリンク

 

首イボの対策グッズ

首イボを対策するグッズはあるのでしょうか?

 

保湿剤を使用する

イボの治療としてヨクイニン(ハトムギ)を利用するのは、利尿作用によるデトックス効果、ターンオーバーを促進する効果が認められています。

 

 

ハトムギ化粧水は各社から発売されていますが、500円から1000円前後で、ドラックストアで手にはいります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.Y(@mayogram_jp)がシェアした投稿

 

目に見えてすぐの効果はないかも知れませんが、イボを予防する意味で使うのはいいかも知れないですね。

 

商品はこちら↓

Yahooショッピング 

 

 

クールネックや日焼け止めを使用する

紫外線はシミやイボの大敵です。

予防するなら首にも日焼け止めやクールネックをつける事で予防につながります。

 

引用:Yahooショッピング

【UVカット クールネックカバー】(保冷剤付)
* 年齢が出やすいデコルテラインの日焼け防止に!
* 暑い時のひんやりグッズ、涼しくて快適!
* 首直下の血液を冷やして、熱中予防に!

 

熱い夏でも涼しく過ごせますし、いい事ずくめですね。

 

価格:2,145円(送料無料)

クールネック購入はこちら↓

 

予防には紫外線を防ぎ、保湿を十分に行う事が大切です。

これならすぐにでも出来そうですよね。

 

こちらも気になる↓

首白いブツブツはイボ!原因や出来やすい人の特徴とは?自分でできるセルフケアや皮膚科ではいくらかかるの?

オートファジーダイエットは痩せない?体重が減らない失敗例とは?成功するための秘訣も調査

【メディキューブ】ゼロ毛穴パッドは薬局や市販で売ってる?販売店はどこ?ネット購入方法まとめ

小顔の基準は?顔の大きさ測り方と男女別の平均サイズ表!芸能人の実寸サイズまとめ

チークポアパッチのビフォーアフターまとめ!鼻にも使える?効果的な使い方とは

 

スポンサーリンク

 

首イボに効果がある市販薬と除去方法や口コミまとめ

夏を迎えて露出が増えると、気になるのが首イボですよね。

首イボの原因は紫外線や加齢・ウイルスなどにより出来ると言われていますが、放置しても問題はないといわれています。

 

しかし知らないうちに増えてしまい気になっちゃいますよね。

皮膚科では基本的に液体窒素で治療します。

 

ちょっと怖かったり、コロナ禍で病院にいくのをためらっている方もいるかもしれませんね。

皮膚科に行く前に自宅で試せる方法がありました。

 

ハトムギの実に含まれるヨクイニンが、肌の代謝を促し古い角質でもあるイボを、きれいに取る働きがあるんです。

ヨクイニンエキスが入った内服や軟膏が、市販薬として多く発売していました。

効果があったとの声も上がっていましたよ。

 

跡が残らないケアや対策は、乾燥させないよう保湿を常に行う事や、イボの生成を促進する紫外線を防ぐ事。

首回りの摩擦や刺激を与えないのも、重要なんですよ。

 

ハトムギの入つた化粧水の使用や、クールネックなど首を保護するものを使用するのは予防には大切です。

まずは自宅ケアからはじめてみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23