首白いブツブツはイボ!原因や出来やすい人の特徴とは?自分でできるセルフケアや皮膚科ではいくらかかるの?

スポンサーリンク

こんにちは。

 

日差しも徐々に強くなり夏はすぐそこまで来ていますね!

デコルテの露出が多いファッションを楽しめる季節ですが、ふと首元を見ると首イボを発見してしまう方も少なくないようです。

 

首まわりやデコルテに白いブツブツがあると、人目も気になりオシャレも楽しめませんよね…。

首イボは自然消滅することもありますが、実はほおっておくとだんだん増えて大きくなることもあるんです。

 

 

この記事では、

  • 首にできる白いイボの原因や出来やすい人の特徴
  • 首イボのセルフケア
  • 首イボの治療は?

などについてご紹介していきます。

 

首イボの直し方や予防法・セルフケアなどについて知りたい方は是非参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

首白いブツブツはイボ!原因や出来やすい人の特徴とは?

女性、鏡、首、反射、反射、美しさ、皮膚、衝撃、顔

 

皮膚からポコッと盛り上がっている小さなできものの「イボ」。

イボはできても痛みやかゆみが無い場合が多く、目立つようになってから気づく場合が多いようです。

 

ただ、痛みはなくてもイボが大きくなると服で擦れたりして不快ですよね。

首にできてしまうイボは何なのでしょうか。

 

首イボって何?

首イボの特徴は触ると柔らかく、基本的に白や肌色に近い色ですが、人によっては茶色いこともあります。

 

イボの種類は大きく分けて2つ。

  • アクロコルドン
  • 軟性線維腫

 

アクロコルドンは、直径数mmで数が多いことが特徴。

軟性線維腫は直径が1~2cmと大きめで、通常ポツリと一つできるイボのことをいいます。

これらのイボは、首回りやデコルテの他にも皮膚が薄くて柔らかいワキにも出来ることがあるんですよ。

30代以降の女性にできやすいことも特徴の一つとなっています。

 

スポンサーリンク

 

首イボの原因

次に首イボの原因について見ていきましょう。

 

首回りにできるイボの原因は大きく分けて2つ。

  • 擦過刺激
  • 紫外線

 

擦過刺激は、襟やハイネックの服・マフラーでこすれたり、ネックレスも摩擦刺激の原因となるようです。

また、首回りやデコルテは日光にさらされやすく、紫外線の影響を受けてしまいがちな部分ですよね。

紫外線が当たり、皮膚が老化してしまうことも首イボの原因と言われています。

 

 

首イボができやすいのはこんな人

 

首イボの原因は摩擦刺激と紫外線です。

そのため、冬にマフラーやハイネックなどを使用している方や、ネックレスをよくする方はできやすいみたい。

また、紫外線も影響してくるので夏にデコルテを露出したファッションをしている方もできやすくなります。

 

でもそんなことを言われたら、オシャレを楽しむことができなくなってしまいますよね。

摩擦刺激を少なくするためには保湿クリームなどを使ってなるべく摩擦を避けるこが大切

紫外線は、日焼け止めクリームなどの日焼け対策をしっかりすることで防ぎましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

首イボの自分でできるセルフケア

セルフケア, 健康, リラックス, 自己, シーケンスワークショップを受け

 

首回りにできるイボは、アクロコルドンや軟性線維腫と呼ばれ基本的に感染の心配がなく放置していても問題ありません

ただ、首以外の手足などにできるイボはウイルスによるものが多いので皮膚科で治療する必要がありますよ。

 

でも、イボができてしまうと見た目も気になるし、襟やネックレスに当たると不快ですよね。

そのため、普段からイボの予防やイボを増やさないケアをすることが大切です。

 

 

紫外線対策や摩擦対策

まずは、紫外線対策。

外出する時は首回りの日焼けを防ぐため、ストールなどで対策をすることをおすすめします。

 

もしくは日焼け止めを塗って日差しから肌を守るように心がけましょう。

首回りの摩擦対策としては、イボがすでにある場合はネックレスなどでイボを刺激してはいけません。

 

自宅にいる時はなるべく首回りを摩擦しないような服装にすることも大切ですね。

 

 

首イボクリーム

首イボのセルフケアとして「首イボクリーム」を使ってみるのも一つの手です。

 

市販の首イボクリームは大きく分けて2種類あります。

  • 医薬部外品
  • 化粧品

 

医薬部外品は、即効性があり特にイボが気になってしょうがない方にはおすすめ。

ただ、値段が高いわりに症状がある場所にしか使えないものが多いのでコスパ重視の方は不向きと言えます。

 

化粧品として販売されている首イボクリームは、保湿効果が高く首以外にも体全体に使えます。

首を含めた気になる部分のケアに使いたいかたは化粧品タイプの商品を選ぶと良いでしょう。

 

首イボに効果的な成分は、ヨクイニンオウバクエキスなどです。

購入する時に成分表などで確認するとより効果的な商品を選ぶことができますよ。

 

医薬品のおすすめはこちら↓
「医薬部外品 薬用ピーリングスムーサーEX」
ヨクイニンエキスが配合されたピーリングタイプです。
首のポツポツがきになりたしたら(イボ予備軍など)コチラでケアすることで驚くほど解消されます。
もう育ち過ぎた大きめのものより小さめのケアに最適!
価格:2970円(送料無料)↓
価格:¥3,960(送料無料)↓

 

化粧品の効果を感じる高口コミ商品はこちら↓

「ツブ・ナイトK オイル」

アンズ&ハトムギ配合で角質粒対策ができる商品。

毎日お風呂上がりに首に塗ってケアします。

顔や首もとと気になる場所に使えますよ。

少しづつ目立たなくなってくる商品です。

価格:2,978 円(送料無料)

Yahooショッピング 

 

化粧品の効果を感じる高口コミ商品2はこちら↓

 

「イポケアEX」

商品名にEX嫁いているだけで何故か効果があるのでは?

と感じさせる商品のコチラは、気になる部分になじませて使います。

小さめのものなら3日ほどで「ポロっ」と取れたなんて口コミも。

価格:2090円(送料無料)

Yahooショッピング 

 

市販品をご紹介しましたが、やっぱりに治すならプロのケアがいい!

そんな方のために皮膚科ではいくらほどかかるのか?

も気になる所。

早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

首イボは皮膚科ではいくらかかるの?保険適応はどの範囲?

聴診器、医師、医療、圧、調査、自然療法、癒し、健康、病院

 

首のイボは治療しなくても大丈夫ですが、見た目の問題や衣服を着脱する時の不快感がある場合は皮膚科で治療することもできます。

 

首イボの治療内容

皮膚科で行うイボの治療はこちら

  • 液体窒素による凍結療法
  • ハサミによる切除
  • 炭酸ガスレーザー

 

液体窒素による凍結療法は、イボの第一選択治療と言われるほどメジャーな治療方法なんですよ。

-196℃の液体窒素でイボを瞬間的に凍らせて壊死させるのですが、場合によっては跡が残ることもあります。

非常に小さなイボはハサミで切除することもできます。

 

イボの数が多く美容の面でもなんとか綺麗に治したい!という方は炭酸ガスレーザーもおすすめ。

炭酸ガスレーザーだと、周辺組織へのダメージが少なくて済む上に治療も早く、傷の治りも早いので多くのクリニックで取り入れられています。

 

スポンサーリンク

 

 

首イボの治療費はいくら?

 

保険適用の範囲がこちら

保険適用 : 液体窒素・切除

保険適用外 : 炭酸ガスレーザー

首イボの治療は、基本的に保険適用内です。

ただ、治療内容によっては保険適用外になるので注意しましょう。

 

 

液体窒素の治療費の目安

3~4個で600円から800円(3割負担の場合)

プラス診察料金や処方料金が必要です。

 

炭酸ガスレーザーの治療費の目安

3,000円~10,000円

レーザー治療の場合は、保険適用外となりクリニックによって料金に差があります。

イボの大きさにもよりますが、㎜単位で料金設定しているところが多く3,000円~10,000円が相場のようです。

 

こちらも気になる↓

首イボに効果がある市販薬と除去方法や口コミまとめ!跡が残らないためのケアと対策グッズも紹介

オートファジーダイエットは痩せない?体重が減らない失敗例とは?成功するための秘訣も調査

【メディキューブ】ゼロ毛穴パッドは薬局や市販で売ってる?販売店はどこ?ネット購入方法まとめ

小顔の基準は?顔の大きさ測り方と男女別の平均サイズ表!芸能人の実寸サイズまとめ

チークポアパッチのビフォーアフターまとめ!鼻にも使える?効果的な使い方とは

スポンサーリンク

 

首イボの原因やセルフケアについて・まとめ

この記事では、

  • 首にできる白いイボの原因や出来やすい人の特徴
  • 首イボのセルフケア
  • 首イボの治療は?

などについてご紹介してきました。

 

首イボができる原因は紫外線と摩擦刺激です。

特に30代以降の女性がなりやすいと言われているので、普段から首やデコルテのスキンケアを行うことが大切ですね。

自宅でできるセルフケアは、日焼け対策はもちろんのこと肌の保湿も重要です。

すでに出来てしまった首イボには市販の「首イボクリーム」でケアすることも出来ますよ。

 

また、どうしても見た目が気になる時は皮膚科でイボを除去することも可能。

綺麗に治したい場合は、保険適応外になりますがレーザー治療がおすすめです。

 

首にできたイボが気になる方は是非参考にしてみて下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23