【2020年甲子園高校野球交流試合】日程と組み合わせ出場校と注目選手まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。

新型コロナウイルス感染症の流行により中止となった第92回選抜高等学校野球大会の代替試合として「2020年甲子園高校野球交流試合」を行うことが発表されました。

 

不測の事態に悔しい思いをしていた出場校の選手たちへの救済措置に、選手だけでなく多くの高校野球ファンも喜んだことでしょう。

 

今回は今年の夏大注目の「2020年甲子園高校野球交流試合」について色々調査してみました!

スポンサーリンク

「2020年甲子園高校野球交流試合」日程

現在発表されている試合日程がこちらです。

 

8月10日~12日、15日~17日 計6日間(13、14日は予備日)

 

例年の選抜高校野球の試合形式と違い「各校1試合のみの対抗試合」のため、少ない日数での開催となります。

 

また、新型コロナウイルス感染防止のため

 

  • 開会式は行わない(リモートなどで行うか現在協議中)
  • 各校の甲子園球場での練習は無し
  • 会場より遠方の出場校の宿泊は試合前日と当日で最大2泊の
  • 近隣の出場校は日帰り、または1泊のみ

 

など、できるだけ滞在日数を減らすよう工夫をされています。

 

選手をはじめ学校関係者、保護者の方々には不便な点があるかもしれませんが、現状で開催するためにはこのような取り組みが必要なのでしょう。

今回は泣いても笑っても1試合のみですから、選手の皆さんは今出せる力を最大限に発揮して悔いの残らない試合をしてほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

「2020年甲子園高校野球交流試合」組み合わせ出場校

続いて「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせや出場校について見ていきましょう。

 

「2020年甲子園高校野球交流試合」組み合わせ

組み合わせ抽選会は7月8日に行われる予定のため、各校の組み合わせについてはまだ分かっていません。

 

例年の選抜高校野球では毎日新聞大阪本社オーバルホールで各校の主将が一堂に集まり抽選会を行いますが、今回はオンライン抽選会を検討しているとのことです。

 

例年の抽選会ができないのは残念ですが、オンラインでの抽選会はどのように行われるのか気になりますね!

 

遠方の地域だと会場に行くのも一苦労ですから、これを機に新しい生活様式の一つとしてオンライン抽選会が普及するかも?

 

「2020年甲子園高校野球交流試合」出場校

 

気になる出場校がこちら!

第92回選抜高等学校野球大会へ出場予定だった32校が出場となります。

 

北海道【2校】
白樺学園 帯広農業
東北【3校】
仙台育英(宮城) 磐城(福島) 鶴岡東(山形)
関東・東京【6校】
健大高崎(群馬) 桐生第一(群馬) 花咲徳栄(埼玉)
東海大相模(神奈川) 国士舘(東京) 山梨学院(山梨)
東海【3校】
加藤学園(静岡) 中京大中京(愛知) 県岐阜商業(岐阜)
北信越【2校】
星稜(石川) 日本航空石川(石川)
近畿【6校】
大阪桐蔭(大阪) 履正社(大阪) 明石商業(兵庫)
天理(奈良) 智弁学園(奈良) 智弁和歌山(和歌山)
中国・四国【6校】
倉敷商業(岡山) 広島新庄(広島) 鳥取城北(鳥取)
平田(島根) 尽誠学園(香川) 明徳義塾(高知)
九州【4校】
創成館(長崎) 明豊(大分) 大分商業(大分)
鹿児島城西(鹿児島)

 

このうち初出場は白樺学園・帯広農業・加藤学園・平田・鹿児島城西の5校です。

 

プロ野球選手を輩出している強豪校や甲子園の常連校も大注目ですが、初出場の5校にもぜひ頑張ってほしいですね!

 

スポンサーリンク

「2020年甲子園高校野球交流試合」関東・東京の出場校と注目選手

新型コロナウイルス感染症の流行により中止となった第92回選抜高等学校野球大会の代替試合として「2020年甲子園高校野球交流試合」が8月に行われます。

実力校、話題校が多数選出されていた今年のセンバツでしたが、今回の試合開催でやっと甲子園でプレーする姿を見ることができ、関係者やファンを始め期待が高まっていることでしょう。

 

出場する32校のうち、関東・東京の出場校で特に注目されている選手について調べてみました!

群馬・健大高崎 下慎之介選手

 

【出身】群馬県高崎市

【身長/体重】183㎝/82㎏

【投打】左投げ左打ち

【ポジション】ピッチャー

 

最速141キロのストレート変化球のチェンジアップを武器にエースとして活躍する高身長左腕。

球種はこの他に「スライダー・カーブ・スプリット」を投げますが、いずれも質が高く安定感抜群のためピンチの場合でも空振り三振を取ることも多いです。

 

2019年の秋季関東大会では強豪の東海大相模戦、西武台戦でいずれも2失点完投勝利を収め、チームの優勝に貢献しました。

高校野球部入部後から取り組んだフォーム改造により速球がアップ。

 

さらに成長が期待される下慎之介選手に、ドラフト候補としてプロも注目しています。

 

埼玉・花咲徳栄 井上朋也選手

【出身】大阪府四条畷市

【身長/体重】181㎝/86㎏

【投打】右投げ右打ち

【ポジション】サード・ライト

 

高校通算47本塁打を誇る強肩でチーム不動の4番の強打者。

 

中学時代から活躍しており世界少年野球大会の日本代表にも選出され、中学通算24本塁打を記録。

パワーがあり思い切りの良いスイングで左右どちらにも長打を放つことができます。

 

ポジションコンバートで右翼手から三塁に挑戦中ですが、早い対応力で強い肩を活かした守備ができています。

 

名門花咲徳栄で高校1年の春からベンチ入りを果たしたスーパー1年生が、今年は最高学年の主将としてさらに成長した姿を見せてくれることでしょう。

 

神奈川・東海大相模

東海大相模では、「黄金世代」と言われるほど注目選手が集まっています。

そこで、注目選手3名をご紹介します。

山村崇嘉選手

【出身】神奈川県相模原市

【身長/体重】180㎝/85㎏

【投打】右投げ左打ち

【ポジション】ファースト・ピッチャー

 

投打に高い能力を持つ期待の二刀流選手

 

主に一塁手ですが公式戦で投手として出場し最速142㎞をマーク、スライダーやチェンジアップなど変化球にも定評があります。

2019年の夏の県予選では打率・本塁打・打点のチーム三冠王で神奈川県大会優勝に大きく貢献し、現在高校通算44本塁打を記録しています。

黄金世代と言われる今年の東海大相模の選手たちをまとめる主将でもある山村崇嘉選手の活躍を期待しましょう。

 

西川僚佑選手

【出身】千葉県船橋市

【身長/体重】186㎝/94㎏

【投打】右投げ右打ち

【ポジション】レフト

 

高校生離れした体格で規格外のパワーが持ち味の、高校通算51本塁打を誇る強打者

 

2018年の夏の県予選では1年生にしてスタメン登場し場外ホームランを放つなどの逸話を持ち、東海大相模での本塁打歴代1位記録である通算65本を塗り替えるのではと予想されています。

 

バッティング技術や選球眼も優れており、公式戦の打率、出塁率が高いのも特徴。

今期のドラフト上位指名候補としてスカウト担当者も一目置く、将来が期待される選手です。

 

鵜沼魁斗選手

【出身】千葉県千葉市

【身長/体重】175㎝/74㎏

【投打】右投げ右打ち

【ポジション】センター

 

走攻守揃った理想的なリードオフマン。

打撃はパワーとスピードを兼ね備えており一番打者でありながら高校通算27本塁打を記録

 

俊足を活かした守備範囲の広さやセーフティバント、内野安打でチャンスを作ることもできます。

2019年の夏の県予選決勝戦では4安打5打点の大活躍で優勝に貢献し、その年は2年生でありながらU‐18の日本代表にも選出されています。

 

前述の山村・西川両選手と共に黄金世代の一人として注目が集まっています。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

今回は「2020年甲子園高校野球交流試合」日程と組み合わせ出場校について調査しました。

出場する選手たちの活躍は、ファンだけでなく新型コロナウイルスで落ち込む日本全体を元気づけることでしょう。

 

どの選手も1試合を大切に、思い切りプレーしてほしいと思います。

 

甲子園で活躍する姿が待ち遠しいですね。

皆さんで応援していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23