上田竜也チャンカパーナを踊らない理由?NEWS不仲説やキャラ作りなど調査

スポンサーリンク

こんにちはNarseです。

上田竜也さんといえば、KAT-TUNのメンバー。

亀梨和也・中丸雄一とともに、歌手活動を続けています。

 

上田さんといえば、炎の体育会TVでストイック自分を追い込み、後輩たちに指導している負けず嫌いな一面がある印象です。

 

可愛いジャニーズというよりは、筋肉系ジャニーズといいましょうか?

最近はドラマの主演を務めるなど第1線で活躍していますね。

 

そんな上田さんですが、NEWSが4人になってのシングル「チャンカパーナ」だけを踊らないと話題です

 

NEWSと不仲なのではないかという噂もあるみたいですよ。

ここではその理由はなんなのか?調査しました。

最後までご覧いただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

「チャンカパーナだけ踊らない男」上田竜也が話題!

KAT-TUNで、筋肉系アイドルトいってもいい上田さん。

上田さんのプロフィールをご紹介します。

上田竜也さんはマルチな才能をもっている

Image

氏名 上田竜也  (うえだ たつや)
生年月日 1983年10月4日  2020年現在(36歳)
身長 170.5cm
出身 神奈川県
職業 歌手 2006年3月 KAT-TUN

俳優 タレント

所属事務所 ジャニーズ事務所  ▶KAT-TUN HP
代表作
  • 2006年3月KAT-TUN「RealFase」
  • テレビドラマ
    • 2017年10月「新宿セブン」
    • 2019年1月 「節約ロック」
  • 舞台
    • 2009年3月「ロミオとジュリエット」
    • 2019年4月「ポリティカルマザー ザ・コレオグラファーズ・カット」主演
    • 2020年2月「エンドレスショック20thAnniversary」           

出典;ウイキペディア

 

歌手としては2008年・2010年ソロでもコンサートを行っています。

カッコいいだけでなく実力も備わっているところがすごいですね。

Image

 

最近では「節約ロック」という、主演のドラマが人気に。

散財癖があり恋人にふられ節約をする事に抵抗があったが、大好きなロックと節約が共鳴する事に気付き、節約ロッカーになって恋人を取り戻すという物語

真面目だけでない、3枚目の面白い部分もあって楽しいドラマでした。

 

2020年7月20日から全10回で「節約ロックちょっと特別編」が始まりました。

 

昨年のパートも入れていきながら、新パートを盛り込んだ内容になったみたいです。

最終回は9月21日にむけてジャニーズwestの重岡大毅との、節約コンビがどんな結末を迎えるのか楽しみですね。

 

2020年2月から主演の堂本光一が、脚本・演出・音楽を手掛けるエンドレスショックに、主人公のライバル役タクヤとして出演しています。

 

Image

 

2020年9月15日から10月12日まで梅田芸術劇場で、エンドレスショック-Eternal-が公演されています。

 

▶劇場情報

 

そんな多方面に活躍の場を広げている上田さん。

上田さんの何事も真面目にストイックに取り組んでいる姿勢が、評価されているからこそだと思います。

さらにボクシングに2007年くらいから夢中になりジムにまで通っているそうです。

2012年のドラマ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」で天才ボクサーとして出演しました。

 

 

Image

 

体脂肪はなんと5%だそうですよ。シックスパットがすごい。

本人の強い意志と、仕事に対する情熱・努力がなければできないと思います。

 

「チャンカパーナ」だけを踊らないといわれたのはなぜ?

 

上田さんが、「チャンカパーナ」だけ踊らないと話題になったは、9月12日に日本テレビ系列で放送された「THE MUSIC DAY 2020」毎年恒例のジャニーズシャッフルメドレーの中で起こりました。

上田さんは「チャンカパーナ」を歌ったのですが、ほとんど踊っていなかったというのです。

 

話題の動画はこちら↓

 

ポケットに手を突っ込み、画面をじっとみつめているだけでした。

この時のメンバーが、嵐の二宮和成さん Kis-my-Ft2の二階堂高嗣さん ジャニーズWESTの仲間淳太さんでした。

一人だけ踊つてない様子に、二宮さんが心配していたなんて噂もあったみたいですよ。

 

 

次の曲でジャニーズ全員が、スマップの「世界にひとつだけの花」を歌いました。

 

サビの所で上田さんが、ちゃんと手を動かして自然に踊っているんです。

MUSICDAYでの「チャンカパーナ」から「世界にひとつだけの花」の流れの画像をみつけました。

はっきりと違いがわかりますよ。

 

なんか表情まで違うような気がしますね。

 

その理由になるかはわかりませんが、

実は以前上田さんは、2015年のMUSICDAYでも「チャンカパーナ」を歌い、振付を間違えてしまったようなんです

 

その動画はこちら↓

 

確かに短い画像の中でも、振付がワンテンポ遅れているような所がありました。

全く踊らない感じではなく、本当に間違えたという印象を受けます。

そのあたりが今回の踊らない原因なのでしょうか?

 

いずれにしろ、今回の「チャンカパーナ」は画像を見る限り、自分の意志で踊らなかった可能性が高いと思います。

なぞが深まるばかりですね…。

 

スポンサーリンク

踊らない理由はなに?NEWSとの不仲ではなくキャラ作りが関係!?迷走説も

今回の騒動で、上田さんが踊らなかった理由について掘り下げてみましょう。

 

NEWSの手越裕也が関係している?

今回のチャンカパーナを踊らなかつた理由は、本人の口からははっきりとした名言はありません。

一部では、歌っていた立ち位置がNEWSの手越裕也さんの場所だったため、手越さんが嫌いだから踊らないのかいう噂もありましたが、実際そんな情報はありませんでした

 

真面目な上田さんが、ちゃらいと言われている手越さんを、よく思わないかもと私も考えましたが、いい大人がそんな事はしないし、そうであったら会社があえてNEWSの曲を歌わせないと思います。

 

堂本光一さんと共演中のエンドレスショックで、堂本さんが9月16日の公演で「チャンカパーナ」を踊らなかった事に突っ込みをいれ、上田さんが反応した事が話題になっています。

 

16日の公演でのアドリブコーナーでは、コウイチが「チャンカパーナちゃんと踊れよ。オレはその方がいいと思うぞ」と振ると、タツヤは「じゃあ、ボク、チャンカパーナの練習してきます」と返し、会場が爆笑となった。                                   引用;ヤフーニュース

 

このやり取りに会場が爆笑の渦になったといいます。

楽屋で今回の事についてやり取りをしていたかはわかりません。

 

でも上田さん自身が叩かれないように、先輩である堂本さんが配慮した言葉だったかもしれませんね。

 

上田さんのキャラ設定が原因か?

私の上田さんの印象は筋肉キャラですが、KAT-TUN結成時から自分探しに必死で色んなキャラに挑戦したそうなんです。

 

2003年デビュー前はGAKUTに憧れる

Image

GACKTさんみたいなアクセサリーを身につけていますが、やっぱりアイドル系です。

 

2006年のKAT-TUNデビュー当時、hydeに憧れる

Image

グループ自身がアイドル路線ではなく、ギラギラした不良がコンセプトだったようです。

そのころ上田さんはhydeさんを意識し、ギターを抱えて中世的なメイクや衣装を意識していました。

当時同じメンバーの赤西仁さんから「似合わないからやめろ」と言われたそうですよ。

 

2008年頃妖精キャラ

Image

2008年の少年俱楽部プレミアムで「妖精がみえる」と発言した上田さん。

確かに今と違って、可愛い正統派アイドルに見えます。

 

2011年 俳優として活動の場をひろげ肉体派のイメージがつく

ImageImage

2011年ランナウェイで坊主に挑戦しました。

脱獄犯役を熱演してます。

当時ジャニーズで坊主が似合うランキングで1位になりました。

確かに凛々しくて最初のイメージとはだいぶ違いますね。

2012年の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」のボクサー役で、世間からも肉体は俳優のイメージになったようです。

 

2013年から現在は肉体派ヤンキーキャラ

ImageImage

このころから炎の体育会TVでジャニーズ陸上部の監督をつとめたり、筋肉番付に出演したりアスリートの部分を強く感じるようになりました。

さらに2017年10月に新宿セブンに主演しました。

歌舞伎町の質屋を舞台にしたアウトローな天才鑑定士の主人公が、ものや人を通し自分の答えを探していく物語です。

そこでもちょっと影のある強面の役を演じたためか、ヤンキーのイメージもついただけなのかも知れませんね。

 

2019年1月24日放送の「VS嵐」で「最近職務質問が止まらない」と悩みをうちあけました。

3、4人に囲まれて「何か危ないものもってないか」と聞かれてしまうんだそうです。

 

ご本人自身も2013年放送の少年俱楽部で、「個性を探すのに必死だった」「自分のキャラクター作りで迷走していた」と語っています。

 

いま確率している肉体派ヤンキーキャラに対して、同じメンバーである中丸雄一さんは、「彼はビジネスヤンキーだから」と話しています。

 

今の上田さんは、長い間求められるものなど迷走して、自分自身で作り上げたものなんですね。

もしかしたら今回の”チャンカパーナを踊らなかつた理由”のしてビジネスヤンキーの関係しているかもしれません。

何でしょうか…憎めないですよね!

一生懸命で、応援したくなっちゃいます。

 

スポンサーリンク

上田竜也がチャンカパーナでネットの声

今回の事を、みなさんどう思っているのでしょうか?

 

 

否定的な意見と応援する意見に分かれているようですね。

上田さんのキャラとして受け入れた意見も多かったです。

2015年のチャンカパーナの再試験みたいに捉えていたファンも多く、再々履修として来年の起用も期待する声もありますよ。

今年のMUSICDAYは、チャンカパーナが、20.9%の番組最高視聴率を達成しました。

それだけ注目が集まったという事でしょう。

 

スポンサーリンク

上田竜也がチャンカパーナだけを踊らない理由は何?まとめ

MUSICDAYで、チャンカパーナを踊らない明確な理由はわかりませんでした。

しかし、先輩の堂本光一さんに指摘され反応したり、自分の意志で踊らなかった可能性はあると思います。

本人のヤンキーキャラが、関係しているかもしれませんが決定的なものではありません。

ただ努力家で真面目な上田さんが、自分のいやな感情だけで踊らなかったとは考えにくいですね。

来年のMUSICDAYで、上田さんがチャンカパーナに参加するのか?踊るのか?楽しみにしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23