ハードセルツァーの参入企業や商品詳細!原料や値段と人気フレーバーを調査

スポンサーリンク

こんにちは。

2019年ごろからアメリカの若者達から火がついて大人気になったハードセルツァー。

 

ついに日本にも上陸で、海外から輸入されたものはもちろん日本で新たに生まれたものまで様々です。

スタイリッシュでライトなアルコール飲料として人気が出そうなハードセルツァーは、沢山のフレーバーも魅力の一つ。

 

ヘルシーとあるけど原料は何?

日本ではどこのメーカーから出ているの?

どんなフレーバーがあるの?

値段は?

 

そんな疑問について見ていきたいと思います。

どうぞ、御一緒に最後までご覧くださいね!

 

スポンサーリンク

ハードセルツァーの参入企業や商品詳細!原料や値段と人気フレーバーを調査

ハードセルツァーについてもっと知りたいし、どんな商品やフレーバーがあるのか気になりますよね!

日本の製品と海外の製品のフレーバーについて調べてみました。

 

■原料について

ハードセルツァーの原料はサトウキビを発酵させたアルコールから作られています。

アルコール、炭酸水、フレーバー付けのフルーツやスパイスなどとてもシンプル。

 

糖質ゼロや無糖でスッキリした飲み心地で飲みやすく、アルコール度数も低くライトなお酒となっています。

この低アルコールで材料がシンプルであることから、健康志向の人やボディメンテナンスをしている人、リゾートやパーティで気軽に飲めるお酒として海外で大人気となりました。

 

ピンクのカクテル、新鮮なグレープフルーツ ストックフォト

■参入企業や商品・値段

日本では今のところ、コカ・コーラ、オリオンビール、サッポロの3社がメインで販売しています

量はそれぞれ違いますが、100円台とお手頃な価格となっていますね。

 

 

会社名 商品名 フレーバー 量/缶 アルコール度数 値段
コカ・コーラ トポチコ アサイーグレープ

オレンジレモンライム

パイナップルツイスト

355ml 5% 150円
オリオンビール

 

ドゥーシー シークヮーサー

グレープフルーツ

アセロラ

250ml 2% 175円
サッポロ WATER  SOUR レモン

オレンジ

350ml 3% 141円

 

サッポロはこちら↓

 

オリオンビールはこちら↓

 

 

ハードセルツァーの人気フレーバーと口コミ

さて、人気のフレーバーですが、結果はまだ日本でそんなに浸透していないため、これといった情報はありませんがアセロラや柑橘系が人気のようですね。

海外のものはフレーバーが多彩で選ぶのも楽しそうです。

 

海外の商品のフレーバーを紹介

  • ネティティブハードスパークリングハードセルツァー

キウイ&ライム、アップル&フェイジョア、レモン&ゆず

 

 

  • マウイハードセルツァー

シトラス

 

 

  • スリーオブハーツ パッションフルーツ・ハードセルツァー

パッションフルーツ

 

 

 

  • ベルチングビーバー・ハードセルツァー

ラズベリー&ブラックベリー、パッションフルーツ&グァバ、パイナップル&マンゴー

 

 

 

 

などと、他にもたくさんの商品があるようです。

 

 

 

 

まとめ

ハードセルツァーの参入企業や商品詳細について調査しました。

  • ハードセルツァーはサトウキビを発酵させたアルコールから作られています。
  • 材料は、アルコール炭酸水、香り付けのフルーツやスパイス
  • 日本ではコカ・コーラ、オリオンビール、サッポロなどの会社がメイン
  • 値段は1缶100円台(海外のものは値段も様々)
  • 人気のフレーバーは柑橘系

 

以上となっています。

軽い口当たりで飲みやすいハードセルツァー、ゲームをしながらネットサーフィンをしながら気軽に飲めるアルコールです。

お菓子や食事に合わせやすくカロリーも抑えめですので、色んな種類を試してお楽しみくださいね!

ここまでお付き合いいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23