【半沢直樹デビュー】持田将史の画像やプロフィール!サラリーマン・ダンサー時代の経歴まとめ

こんにちは。

「倍返し」のフレーズで一世を風靡した、半沢直樹。

今回出向先「東京セントラル証券」が舞台となります。

 

その出向先の原田浩平役でドラマ初出演を果たした持田将史さん。

初出演とは思えない「出向組はしょせん出向組だ」と呟く姿はすごく印象に残りました。

今後が楽しみな俳優さんですよね。

 

持田さん実はダンスコンテストで優勝し、世界中からオファーをうけたりしたすごい人らしいんです。

 

そんな気になる俳優の持田将史さん

 

遅咲きの新人さんですが、どんな経歴の人なのか調べてみたいと思います。

最後までご覧頂けるとありがたいです。

スポンサーリンク

半沢直樹デビュー!持田将史35歳デビューが話題

出典:Twitter画像

 

ドラマ初出演が、半沢直樹という有名なドラマとなった持田将史さん。

さぞかし緊張していると思いきや、自然にお芝居ができたとか…

 

新人の持田将史さんはどんな人なのか?

35歳での俳優デビューのきっかけなど調べてみました。

持田将史はどんな人?

出典:Twitter画像

名前 持田将史(もちだ まさし)                  「s**t kingz」(シットキングス)のリーダー「shoji」
生年月日 1984年10月20日(35歳) 既婚 2児の父
出身 神奈川県
最終学歴 神田外語大学
血液型 A型
所属事務所 アミューズ

 

現職は、ダンサーさんのようです。

2007年に「s**t kingz」を結成し2010年ダンスコンテスト「BODYROCK」に初出場で初優勝しています。

 

その時のパフォーマンスはこちら↓

 

 

ダンスの事はよくわかならいですが、揃ってないようで、揃っている独特なダンスですよね。

見ていて自分にもできそうだけど、真似できない細かい動きが評価されたんだなと思います。

 

これをきっかけに世界中20各国からオファーが殺到したそう。

また音楽番組「908 FESTIVAL 2019」にもアーティストトして参加していました。

 

 

また2019年12⽉17~21⽇にかけて⼤阪・東京で⾏われる、シットキングス史上最も踊りまくりのダンスライブ「メリーオドリマXʼmas」は⼀般発売後即⽇完売と勢いを増しています。

 

 

さらに「AAA」や「Daーice」「ジャニーズwest」「三浦大地」の振付もしていて

200曲以上の振付をしているそう。

 

ジャニーズWEST「Big Shot!!」振付を担当したという日記がこちら

 

そんな人気のあるグループのリーダーである、持田さん。

なぜ、35歳という年齢で俳優デビューを果たしたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

35歳は遅くない?デビューのきっかけ

ダンサー、演出家、振付師などですでに高い評価を得ているが、数年前から俳優業にも興味を持ち、演技のレッスンを受けていたそうです。

これだけ成功しているのになんで俳優デビュー?と思ってしまいますが、きちんと理由があるようです。

 

「自分の視野を広げたい! そう思って真っ先にやってみたかったのが俳優という仕事でした。実際にやらせていただいて、俳優業がダンスやパフォーマンスに還元されていることも実感しますし、もっともっと“演じる”ことをしてみたい。デビューが『半沢直樹』というのはすごく幸せなこと。いろんな人のおかげでここに立てているので、結果を残せるように頑張りたいです」

引用;女性セブン2020年8月13日号より

 

どんな経過で半沢直樹の出演が決まったかは不明ですが、努力を積み重ねて俳優として花を咲かせようとしているのでしょう。

 

同記事では、

「周りの皆さんのお芝居がすごすぎて、そこにいるだけで完璧なパスが回ってくるんです。だからなのか思っていたほど緊張でガチガチ!ではなく、自然とお芝居させてもらえたような気がします」

 

と答えており豪華なメンバーの中で、堂々とお芝居している持田さんの姿がわかりますね。

 

 

スポンサーリンク

 

持田将史サラリーマン・ダンサー時代はどんな経歴?画像・動画はある?

 

持田将史さんは高校時代から洋楽を多く聴いて、ミュージシャンのPVを見てダンスに興味を持ちました。

 

もともと運動神経が悪いほうで「ダンスをやりたい」と思いながらもなかなか周囲に言い出せずにいましたが、周りに自分を知る人がいなくなった大学入学をきっかけにダンスの世界に足を踏み入れたようなんです。

 

大学時代には、ダンスのサークルでレゲエメインに踊ってました。

そして、大学4年の時にシットキングスのメンバーnopooさんとkazukiさんに出会ったそうです。

 

18歳でのダンスデビューは、身体が出来上がっているため難しいと言われているのに、努力と潜在的な才能で見事に花が咲きました。

 

大学卒業後、一旦はダンスの道をあきらめ2年間サラリーマンをしていました。

詳しい会社名などはわかりませんでしたが、半沢直樹同様、企業の子会社で出向者の多い企業だったようですね。

ドラマの設定とは違って優しい上司に恵まれ、ダンスの道に進むときも応援してくれたとの事。

 

 

大学卒業後の2007年10月にシットキングスを結成しています。

デビュー当時の画像を検索しましたが、見つからなかったです。

11年前の画像が一番古かったのでご紹介します。

 

黄色い声が飛んで、人気があったのが伺えます。

キレがあり息のあったダンスですね。

その頃サラリーマンをしながら、2足のわらじを履いていたかもしれませんね。

 

他にも、持田さんは2013年ダンサーのsayakaさんと結婚をしています。

現在は、2人の男の子の父であり、

 

半沢直樹の第1話をご家族でリアルタイムで見たそうなんですが、撮影の時より緊張したそうなんです。笑

手汗が半端なかったとかー。

 

奥様はダンスの時も厳しい目で評価してくれるようで、今回は持田さんの映った姿をみて「よかったじゃん」と言われ嬉しかったと話しています。

 

遅咲きデビューの持田さん。

ダンス界同様に俳優としても、花を咲かせてほしいですよね。

 

Twitterで半沢直樹の今後の出演は、半沢直樹が東京中央銀行に戻ったので、出向先の社員である持田さんは、でないのではとの声があがっていました。

 

 

もし最後だったとしても、これだけ存在感のある演技をしたので、今後もオファーはあるでしょう。

今後の持田将史さんの活躍に注目ですね。

 

スポンサーリンク

 

持田将史俳優デビュー・まとめ

半沢直樹デビューでデビューした持田将史35歳デビューが話題となりました。

半沢直樹で衝撃の俳優デビューを果たした持田さん。

俳優新人とはいえ、パフォーマーとしてはプロフェッショナル。

落ち着いた演技を見せてくれることが出来たのも納得です。

今後もどの様な活躍を見せてくれるのか、楽しみでなりませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23