【としまえん跡地】スタジオツアー東京!ハリポタ施設とUSJの違いはなに?ネットの声も調査

こんにちは。

としまえんが8月末で惜しまれつつも閉園してしまいましたね。

なんとその跡地に、ハリーポッターのテーマパークが建設される予定です。

 

としまえんといえば、東京都内にある遊園地の中でもかなり古い歴史を持ち、夏はプール冬はイルミネーションで賑わう場所でした。

コスプレイヤーの聖地とも言われ、週末になると様々なレイヤーに会える楽しみもありましたね。

 

昔ながらの古き良き遊園地が、ハリーポッターのテーマパークに生まれ変わるということで、少々さみしい思い残ります。

 

この記事では、としまえん閉園とハリーポッターのテーマパークに関する最新情報をお届けします!

スポンサーリンク

【としまえん跡地】スタジオツアー東京のハリポタ施設の概要

 

前述した様に8月で、としまえんが惜しまれながらも閉園となりました。

 

その跡地にワーナーブラザーズ ジャパンと西武鉄道が主導で

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」

2023年にオープンする事が決定しています。

 

その内容としては、「ハリー・ポッター」の映画撮影で実際に使われた衣装や小道具などを展示するとのこと。

ハリポッターアトラクションといえば、大阪にあるUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)が有名ですよね。

 

 

USJハリーポッター「アトラクションメイン」とは?

 

すでに大阪にあるUSJのハリーポッターエリアでは、まるで本物の魔法界に足を踏み入れたかのような気分になれる体験型のアトラクションとなります。

 

出典:Twitter画像

 

こちらはなんと言っても、自分が物語の主人公になったかのような感覚になれるところでしょう。

 

 

ホグワーツ特急やホグズミード村、そしてもちろんホグワーツ城などがリアルに再現されており、ショップで売っているローブを着てエリアに入ればすごい没入感を味わうことができます。

 

このエリアの食事も大人気!

魔法学校や街を楽しんだあとは、バタービールで満足♪

では、としまえん跡地から、新しく開設されるスタジオ・ツアーとは?施設について覗いてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

スタジオツアー東京の「スタジオツアー」とは?ロンドンの施設は?

ワーナー ブラザース スタジオツアー東京では、どのような楽しみ方が出来るのでしょうか?

USJアトラクションメインとの違いを説明していきます。

 

スタジオツアーとは?

その名の通り、撮影されたスタジオを見学することが出来るということになります。

  • 撮影スタジオ
  • 模型
  • 衣装

などの展示がメインとなっています。

実際に使用されたものが展示されたりと、ハリポッターファンにたまらない空間となるのは間違いなさそうですね!

 

「えーただの美術感じゃん…」

 

と感じた方。

ボタンを押すと動くような仕掛けもあり、ミニアトラクションを楽しみたい方や小さな子供でも楽しめるつくりになっていますよ。

 

アトラクションがない代わりに、コンテンツが豊富で一日では回りきれないほどの展示が魅力になっています。

 

すでにあるロンドンの施設は?

 

ロンドンにはすでに同じ施設があるのですが正式名称を

「Warner Bros. Studio Tour London – The Making of Harry Potter」

 

今回は、この東京版ということですね。

 

 

映画の撮影スタジオをそのままテーマパーク化しており、実際に映画の撮影に使用したセットや小道具を見学したり、スタッフの解説を聞いたりできる施設となっています。

 

USJとの大きな違いは実際に撮影に使われた道具を使っているかどうか、という点でしょう。

 

実際に使われていた現物を見る事ができるのは興奮しそうですよね!!

 

USJのようにライド型アトラクションを中心にするのではなく、映画のセットに足を踏み入れるようなスタジオ体験型のテーマパークになりそうです。

 

 

ロンドンでも、バタービールが飲めるみたいなので、この施設内でも楽しむことが出来るかもしれませんね!

なんかワクワクしますね!

 

スタジオツアー東京は2023年前半開業を目指しており、このロンドンの施設を参考にして建築される予定です。

 

スポンサーリンク

 

としまえん跡地を残したい!スタジオツアー東京に対して賛否の声

先ほど述べた違いはありますが、やっぱりハリーポッターの施設はUSJにすでにあるし・・・といった意見も少なからずあるようです。

以下ネットの意見です。

 

 

・・・などなど否定的な意見もわからなくはないですね。

他にも、としまえんの中の「桜」「エルドラド」「プール」残してほしい!

など講義もでているようです。

 

 

エルドラドに関しては、どこかに移されてまた、会える可能性もありそうですね!

 

ちなみに米津玄師さん曲「感電」もとしまえんがメインで撮影されており、「エルドラド」ももちろんでています。

こちらで詳しく↓

▶【米津玄師】感電のMV撮影場所(ロケ地)はどこ?車の車種と衣装ブランドや価格も調査

 

 

ですが、ハリーポッターは世界中にファンの多い作品ですし、都心に位置するこの場所へ作ろことで、コロナが収まれば、、多くの外国人の観光客も多く訪れる施設なのは間違いないでしょう。

 

また、以前ハリー・ポッター・シリーズの原作者であるJ.K.ローリング氏は、ハリーポッターの世界には名門の魔法魔術学校は11校あり、そのうち一つは日本にあるという設定を語っていました。

 

その名前は「マホウトコロ(Mahoutokoro)」。

もしかしたら今回の東京の施設には、この「マホウトコロ」に関係する何かが登場する可能性もありますね!

日本限定の展示などがあれば集客面ではかなり強いです!

 

としまえんを愛する人達の気持ちもお察ししますが…。

今後、新しく生まれ変わる

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」

にも期待に胸が膨らみますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

最後は反対意見も少し紹介しましたが、個人的にはUSJとどのくらい違う施設になるのか、日本に撮影に使われた道具がどこまで置かれるのか、すごく楽しみです。

完成までにコロナが落ち着くことを願いながら、続報を待ちましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23