【新型肺炎・コロナ】妊婦や赤ちゃん(胎児)への感染の影響や対策は?

こんにちは〜ちゃみんです。

新型コロナウイルス(新型肺炎)発症報告が日本で続いていますね。

そんな中でとても気になるのが、新型コロナウイルス(新型肺炎)による

妊婦や赤ちゃん(胎児)への影響です。

人から人へ感染することがわかった今、新型コロナウイルス(新型肺炎)が妊婦や赤ちゃんに感染してしまった場合の影響はあるのか?

 

または、お腹の胎児へ無事なのか?など

 

他にも、誰が感染しているのか分からない今どうやって対策をとっていけば良いのかも気になります。

 

そこで、今回はこんなことをまとめてみました↓↓

【新型肺炎・コロナウイルス】妊婦や胎児への感染による影響は?

【新型肺炎・コロナウイルス】赤ちゃんへの感染もあるの?

【新型肺炎・コロナウイルス】妊婦や赤ちゃんが出来る対策とは?

【新型肺炎・コロナウイルス】が流行の兆しとは?

 

スポンサーリンク

【新型肺炎・コロナウイルス】妊婦や赤ちゃん(胎児)への感染による影響は?

新型肺炎(コロナウイルス)の感染で最も怖いのが妊婦や赤ちゃん(胎児)への影響です。

 

例えば、風疹などに妊娠中の妊婦がかかってしまった時の胎児へ影響が出てしまうたいへん怖い病気です。

妊婦は、妊娠時には薬は一切飲むことが出来ません

 

更に、菌やウイルスによる抵抗力もいつもよりひくくなり、かかりやすく、更にかかると重症化されると言われています。

 

そのため、生物(お刺身)などステーキのレアなどを取らないように気をつけるのは感染を予防するためと言われています。

ちゃみん
私も妊娠中お寿司が食べられなかったから寂しかったなぁー

 

現在では、妊婦が新型肺炎(コロナウイルス)感染による重症化の報告はでていません。

ですが、肺炎の症状には注意を呼びかけています。

現時点で妊婦の新型コロナウイルスによる重症化の報告はないが、一般的な肺炎の症状には注意が必要としている。
妊娠周期にもよるが、妊娠中の母体は胎児の成長とともに子宮が大きくなり、臓器全体が上部に押し上げられる。この影響で肺呼吸に関わる横隔膜も持ち上がるため、肺炎にかかるとより呼吸が苦しくなり、肺もうっ血しやすくなるという。

引用:yahooニュース

 

妊婦による肺炎の影響により横隔膜が持ち上がり、うっ血しやすいことから重症化する可能性がある。

ということになります。

現段階では、可能性であり、そういった患者も出ていないですが、日本でも感染者が続々と増えていっています。

今後、近所のどこかで感染者が出てしまった…

なんて事がありうるので日頃からの対策も必要とされます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんへの影響はあるの?

 

スポンサーリンク

【新型肺炎・コロナウイルス】赤ちゃんへの感染への可能性

妊婦への感染以外にも、生まれたばかりの赤ちゃんへの感染が気になります。

 

生後、間もない赤ん坊は母乳で育てている場合は、抵抗力がとても強いと言われています。

では、感染にかかった情報を調べてみた所。

 

既に、生後間もない赤ちゃんへの感染が明らかになりました。

赤ちゃんの容態は安定しているとのことですが、今後の成長にも心配になります。

 

普段は外へ出す機会がなかったとしても、仕事に出ている家族などが感染してしまう場合もあります。

新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染力は、生後抵抗力がある赤ちゃんにも関係なく感染してしまう、ということになります。

 

 

スポンサーリンク

【新型肺炎・コロナウイルス】妊婦や赤ちゃんが出来る対策とは?

新型肺炎(コロナウイルス)で妊婦や赤ちゃんが対策できるについてです!

感染力は今のところ、感染した人、1人から広がるのはWHOでは1.4人から2.5人、中国の疾病予防センターが出した初期の患者の報告では2.2人としています。

今後、変わる可能性はありますが、いずれにせよ、今のところインフルエンザと同じぐらいの感染力です。

一方の致死率は、現段階では感染の中心になってきた武漢ではおよそ5%、中国本土ではおよそ2%、中国以外では1%ほどです。

感染の広がりが武漢や中国本土とそれ以外では大きくことなること、それに特に武漢では多くの患者が出たため医療機関が十分に対応しきれない状況になったことなども影響しているものとみられます。

いずれにしても致死率が10%ほどだったSARSなどと比べると、高くはないといえます。

引用:NHK NEWS WEB

ということは、感染力はインフルエンザと同じくらいということになります。

 

普段から、手洗いうがいを徹底していれば、感染する可能性は低くなるということになります。

 

妊婦の対策方法

・ピカジェルや除菌シートを持ち歩く

手ピカジェルに関しては転売ヤーによる価格高騰のためネットより店頭で探したほうが安く手に入れられるはずです。

楽天で赤ちゃん用の優しい物が売っていました↓

 

他にも

↓omni7で正規で入荷してます↓

シルコット ウェット 除菌ノンアルコール 詰替 45枚×8個 

↓売り切れが即出してますがAmazonブランドなら比較的安くまだ買えます↓


[Amazonブランド]SOLIMO ノンアルコール 除菌 ウェットティッシュ やわらか薄手タイプ 60枚入×20個 (1200枚) 日本製 グレープフルーツ種子エキス配合

・マスクは、鼻と口をしっかり覆えるもの

↓新しく入荷しました!手に入れるならお早めに↓

やわらかな肌ざわり 不織布マスク(旧品) ふつう 60枚入

メンソレータム エアリーフィットマスク 4枚

・帰宅後、室内の出入りには手洗い・うがいをする

※外出時などのうがい持ち歩きボトルのものを使う

 

赤ちゃんの対策方法

・外出した大人が必ず、手洗い・うがいをして服を着替える

・家族が徹底して対策を取る

・できるだけ外出を控える

 

とは言え赤ちゃんはアルコールフリーの物を使ったりと肌荒れなど普段から気を使います。

更には、赤ちゃんはマスクが出来ないです。

ですが、検診など外に出なくてはならない…。

赤ちゃんベビーカーを雨用レインカバーなどを使うと良いかもしれません!

 

 

私はインフルが流行ったりしていた時は、レインカバーをマスク代わりにかけて検診に向かってましたw

更にこんな商品も

身につけているだけでウイルスをシャットアウトしてくれるスグレモノ↓↓

 

ベビーカーにつけて、レインカバーとセットで使えば更に安心ですね!

 

ぜひ検討していてくださいね♪

 

スポンサーリンク

【新型肺炎・コロナウイルス】が流行の兆しとは?

新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染は武漢から広がり、中国だけではなく日本各地でも感染者相次いで出ています。

 

その、殆どは中国からの旅行客と言われており、その旅行客からの感染で、内3人は武漢から帰国した日本人、そして奈良のバス運転手1人と言われています。※2020年2月5日現在

 

中国の春節(お正月)ということもあり、さらに感染が拡大する可能性がありとても怖いですね。

潜伏期間は全く症状がなく10日間程潜伏するので、まだまだ感染に気づかず出歩いている人は少なくありません。

最近は、毎日増え続けていく新型肺炎(コロナウイルス)の感染者情報が増え続けていかないかとても心配です。

【新型肺炎・コロナウイルス】妊婦や赤ちゃん(胎児)への感染や影響や対策は?まとめ

新型肺炎(コロナウイルス)の妊婦や赤ちゃん(胎児)への感染の影響や対策をまとめてみました。

国内感染者がぞくぞくと増えている今普段からの、手洗いとうがいがとても大切になってきます。

 

胎児への影響としては「風疹」のが怖いかもしれませんね!

 

まだ日本人への感染は少ないですが、日頃からのマスクの着用。

手洗いうがいを徹底して行っていきましょう。

マスクや除菌シートの価格高騰が転売ヤーによって起こっています。

正規の価格で販売されているのもを当ブログでは紹介しているのでたまに覗いてみてくださいね!

マスクは只今入荷したてですお早めに手に入れてくださいね↓

↓クリックで7net商品ページへ飛びます↓

やわらかな肌ざわり 不織布マスク(旧品) ふつう 60枚入

メンソレータム エアリーフィットマスク 4枚

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

マスクが売り切れ!ネットの通販などで安く買える所を紹介!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23