【LOUD】ウ・ギョンジュンのプロフィール!P・NATION練習生で人気ランキングはどのくらい?

こんにちはNarseです。

 

LOUDはTWICEやNiziU、GOT7、Stray Kidsなど、日本でも有名なアイドルを多数輩出している J.Y. Park(パク・ジニョン)

率いるJYPエンターテインメントと、「江南スタイル」が大ヒットした歌手 PSY(サイ)が率いるP NATIONがタッグを組んだ韓国のオーディション番組が、7月3日からdTVで放送開始しました。

 

様々な課題に挑戦する練習生たちに、ついつい推しの子を見つけて応援したくなりますよね。

2021年9月11日には最終回を日韓同時生配信され、デビューメンバーが決定しました。

 

ウ・ギョンジュンさんはPYS練習生出身。

整った顔立ちで、PNASHONのN01のイケメン言われているギョンジュンさん。

 

ウ・ギョンジュンさんのプロフィールや、ランキングなど気になる情報をご紹介していきます。

最後までご覧いただけると嬉しいです。

韓国コスメ20%クーポンが発行開始

【期間】2022年11月15日(火)10時〜19日まで

【LOUD】ウ・ギョンジュンのプロフィール!

Image

氏名ウ・ギョンジョン
生年月日2002年8月30日(オーディション時点18歳・韓国では20歳)
出身韓国
血液型B型
特技英語、スケートボード、チェロ
出身PNASHON
SNSLOUDTwitter

LOUDインスタグラム
PNASHONインスタグラム

PNASHONLOUD Twitter

 

スポンサーリンク

 

幼少期に海外で生活し英語も堪能

幼少期の10年間オーストラリアで生活したと紹介。

 

海外での生活の中で、英語も堪能になったそうですよ。

チェロも海外で学び、演奏も可能と話すギョンジュンさん。

 

イケメンな上にバイリンガルなのは、モテないはずないですよね。

帰国後にPNASHONの練習生として、活動を始めました。

 

LOUDの出場条件が2001年以降に生まれた男性とあるため、メンバーの中では年齢が高いギョジュンさん。

皆のお兄さん的存在なのかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

 

ラッパーに憧れていた

PNASHONのオーディションの時に、憧れている先輩として、元2PMのリーダーでブレイクダンスを得意としている

パクジェポムさんや韓国のアイドル第1世代のH.O.Tになりたいと話すキョンジュンさん。

 

 

夢を実現するために、PNASHONの練習生になったギョンジュンさん。

LOUDで夢を掴む事ができましたね。

 

スポンサーリンク

 

【LOUD】ウ・ギョンジュンはP・NATION練習生でメンバー1のイケメン!

第一パフォーマンス審査時、J.Y. Park氏から「少女漫画かた飛び出してきたようなイケメン、これほどのイケメンは貴重」。

とまで言われていたギョンジュンさん。

 

もともとは、P・NATION練習生として経験を積んできました。

ギョンジュンさんのLOUDでの評価はどうなんでしょうか?

 

第1ラウンド:イケメンだが内向的な性格

第1ラウンドで初登場時、周りの練習生から「イケメン」との声があがり、J.Y. Parkからは「漫画の主人公みたいだ」

とそのルックスを絶賛。

 

いるだけでイケメンだとアイドルとしては、十分通用します。

しかしPSY氏は彼の欠点ともいえる事を心配していました。

 

「内向的なんです。歌手志望なのに内気で困っている」内向的な心配をすごく気にかけていました。

自分を表現する事が苦手なギョンジュンさん。

 

第1ラウンドの画像がこちら

しっかりと前を向いて、自分をしっかり表現できていました。

これにはPSY氏もすぐに合格ボタンをおしていましたよ。

 

「出会ってから一番明るかったし、エネルギッシュでした」 と評価。

「練習生になって8ヶ月間地面だけを見てラップをしていた」というギョンジュンさん。

 

消極的な性格で自信もなく、何度となく慰めたり、怒ったりしたが簡単に克服できなかったそうですよ。

この舞台で勇気をだしたと、J.Y. Parkも殻を破れた事に関心します。

 

「表面やダンスに内面がみえたので、合格としました」と努力した事を認めてくれました。

 

 

少しずつチームの人たちと打ち解けてけるようになったギョンジュンさん。

 

スポンサーリンク

 

第2ラウンド:大きな壁にぶつかる

第2ラウンドのチーム戦では、PNASHONとJYPのチーム対決。

ギョンジュンさんはキム・デヒさんと組んでダンスを披露します。

 

2人とも人見知りで内気なためコミュニケーションが取れなくPSY氏に中間で披露したときにも、

「一人で表現するのではない。チームで表現するんだ。そのためにフィーリングをあわせなくてはいけない」

と指導されます。

 

2人は壁を取り払うために呼吸を合わせ、何度も練習に励みます。

動画はこちら

キレのあるダンスと、歌に練習生たちは、感嘆の声をあげます。

しかし2人の評価は厳しいものでした。

 

J.Y.Park氏「第1ラウンドより安定していて驚いた。しかしロボットみたいだった。表情がない」 とパフォーマンスを評価。

「内向的なのはしかたがないけど、ステージでは自分をだすべき」と指摘。

 

PSY氏「自分の感情をださなければ人のこころは動かせない」と芸能界で生きていくために一番大切な事が欠けていると指摘。

 

しかし技術面の高さと構成も完璧であるところを高く評価し、今後感情表現を意識していく事が課題としてあげられていました。

 

スポンサーリンク

 

第3ラウンド:感情が爆発する兆しが表現できた

第3ラウンドではアイドルチームとして、イ・テウさん・イムギョンムンさんと共に出場。

 

この投稿をInstagramで見る

 

라우드(@sbs_loud.official)がシェアした投稿

 

事前にJ.Y.Park氏から「感情表現」をチームとして課せられました。

ギョンジュンさんはどうすれば、感情が伝わるのか悩んでしまいます。

 

子役出身のテウさんの指導で、繰り返し感情を出す練習をするギョンジュンさん。

果たして本番では成果をだせたのでしょうか?

 

動画はこちら

大好きな2PMさんの「Onlyyou」 を披露しました。

ギョンジュンさんは自作のラップを披露します。

 

2人の審査員もノリノリでした。

PSY氏「爆発はまだしていないが、爆発する予感はする」と可能性を示唆。

 

J.Y.Park氏「人の内面・性格・個性・好み・価値観そういうものがにじみ出たときに、初めて芸術なんだ」

「人の見えない所を見えるようにする。ギョンジュン君にはみえた」と初めて感情がみえた事を評価されました。

 

スポンサーリンク

 

第4ラウンド:努力が認められる

第4ラウンドはKPOPチームを作成。

ドンヒョン・アマル・ドウヒョンの4人で挑戦。

 

PSY氏から歌う楽曲はBEAST「SHOCK」と発表がありました。

 

動画はこちら

PSY氏はドラマチックにアレンジしたと話します。

 

初評価でドンヒョンの表現力が素晴らしい、みんなで見習うよう指導がありました。

ギョンジュンが動画を撮影し、みんなでどうすれば豊かな表情になるのか研究。

 

心を一つにして臨みます。

#8ダイジェスト動画はこちら

ギョジュンさんの自作のラップの所は、表情や身振りなどのから自身があふれているように思いました。

歌をBEASTではなく、自分達のものにしているなと感じましたよ。

 

J.Y.Park氏「引き込まれた2分40秒が1分くらいにしか感じなかった」

「ギョンジュン君の歌・ダンス・演技力にはびっくりした」と第1ラウンドのギョンジュンさんとは別人だと絶賛。

人前で表現する力を身に着けたギョンジュンさんが、グループの中で1位になりました。

努力が報われた瞬間ですね。

 

スポンサーリンク

 

PNASHONラウドのメンバーに選ばれる

PNASHONのPSY氏は2021年8月15日に、LOUDの中で選抜メンバーを10名に絞った事をSNSで報告しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JYPE LOUD(@loud.pnation)がシェアした投稿

 

動画はこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

JYPE LOUD(@loud.pnation)がシェアした投稿

 

10人の選抜メンバーに選ばれた、メッセージかこちらです。

 

苦手な事も努力を続けてきたギョジュンさんだから、言える言葉でしょう。

イケメンな上に全てを兼ね備えたギョンジュンさんから目が離せないです。

 

この10人元PNASHON の研修生のメンバーと、そうでなメンバーが半々なんですね。

 

 

色んな経験をつんで集まったメンバー。

ここからも熱いバトルを繰り広げます。

バトルの模様は、dtvで独占放送。

 

今申し込みすると、31日間は無料でみれるんですよ。

 

気になる人は最初からの見逃し配信も可能です。

早速登録して視聴する⇓

dTVでラウドを視聴する

 

【LOUD】ウ・ギョンジュンの人気ランキングはどのくらい?

LOUDでは視聴者も人気ランキングに投票できるシステムを導入しています。

お気に入りの7人を選んでグループを作るシステムみたいですよ。

 

▶ラウドグループメーカーの投票はこちら

 

そこではジュンヒョクさんは、3位につけています。

KPOP JUICE!! というオーディション番組のサイトで、LOUDもランキングを行っていました。

 

 

▶KPOPJUICE

 

2021年8月14日付けでは、なんと第4位まで浮上していましたよ。

 

2位→2位→2位→4位→4位→5位→4位→4

 

イゲフン ・チョンジュンヒョク・ケイジュに抑えられていますが、5位以内をキープ中。

 

この投稿をInstagramで見る

 

라우드(@sbs_loud.official)がシェアした投稿

 

心やさしいイケメンにメロメロに

内気ながらも自己表現する事を目標に、頑張つてきたギョジュンさん。

これからもたくさんの殻を破って、アイドルデビューしてもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

 

LOUDとは

韓国発の超大型オーディション番組。

J.Y. Park氏とPSY氏が初めてタッグを組んで、歌やダンスだけでない表現力も備えた人材に会いたいと思ったそうです。

 

PYCは初めてのオーディション番組の参加なんですよ。

先行基準を歌やダンスだけでなく、全く別の角度から見れる存在としてJ.Y. Parkは信頼していました。

 

全土から応募があり参加者は2人の前で、パフォーマンスを披露。

2人がもっと聞きたいと思えば、椅子が演者の近くに進み一番先頭までいくと、合格のボタンがある仕組みです。

 

先に押した方のチームに入るという仕組み見たいですね。

日本でもdTVで独占配信しています。

 

初回登録31日間の無料お試しで視聴が可能です!

早速登録して視聴する⇓

dTVでラウドを視聴する

 

このオーディションには日本人も参加しているんですよ。

しかもオーディションメンバーの中でも注目メンバーとして3名も!

 

 

日本でもドランクドラゴンの塚地さんが、ナビゲーターをしいてる動画がありました。

動画はこちら

これをみれば今からでも十分楽しめますよ。

日本でもオーディション番組はありましたが、同時に2つのグループを作るのは初めての試みだそうですよ。

ソロでグループでいかに自分を表現できるのか?

グループの一人として自分を表現できるのかが、2人のプロヂューサーを射止める鍵になりそうです。

 

スポンサーリンク

 

【LOUD】ウ・ギョンジュンのプロフィール!・まとめ

LOUDはJ.Y. Park(パク・ジニョン)率いるJYPエンターテインメントと、PSY(サイ)が率いるP NATIONがタッグを組んだ

韓国のボーイズオーディション番組。

7月3日からdTVで放送開始し、9月11日に日韓同時生配信でグループ誕生をします。

ギョンジョンさんは、LOUDでは年齢的にお兄さんになりました。

幼少期にオーストラリアで10年間生活し、英語もチェロも堪能なバイリンガル。

ラッパーに憧れをもち、PNASHONの練習生になります。

端正顔立ちとダンス力歌唱力は、抜群のギョンジョンさん。

一つだけ2人から言われていたのが、表現力の乏しさでした。

内気で引っ込み思案のため表現力が乏しく、ロボット見たいと言われ続けたギョンジュンさん。

周りの助けを借りながら、自分と向き合い表現する力を修得していくと、第4ラウンドでグループ1位に選ばれたのです。

別人見たいに変わったギョンジュンさんは、努力の人と言えますね。

PNASHONLOUDでは、選抜メンバー10人に選ばれたギョジュンさん。

夢の舞台へはもう少しですね。

最終回は9月11日dtvで、日韓生配信されます。

PNASHONとJYPからデビューできるのは誰なのか、見届けましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク