【旦那のご両親から学んだ】子供が生まれたら絶対にしておきたい事

  • 2019年8月6日
  • 2019年10月4日
  • 生活

こんにちは!ちゃみんです。

私は、1歳8ヶ月の娘がいる母親ですが、最近旦那の実家に行ってもっと娘にしてあげられる事はあるんだなぁー。

と感じました。

それは、旦那のご両親の愛情の注ぎ方を知ったからかも知れません。

そんな旦那のご両親を見て感じた。

子供に対しての愛情の注ぎ方を見て自分もそうしたいと感じた事を⑤つにまとめてみました。

読んで共感を得ていただけたら嬉しいです。

【しておきたい事①】子供が生まれた時〜大人になるまでの成長記録(ビデオ)が残してある

Michal JarmolukによるPixabayからの画像

この間、旦那の実家で倉庫の片付けを手伝っていた時に50本を超えるビデオが出てきたので、DVDに焼いてからみんなで鑑賞会をしたんですが。

自分じゃ覚えていなくても、記録を残している事でその時の情景が思い出せるって素晴らしいなと感じました。

記録を残してくれているって、本当に貴重だなぁーと。

ちなみに私の話になりますが、私の親は人付き合いの上手な楽しい両親です。

父親は、30代から会社を立ち上げ、仕事に追われていたので、正直、子育てに全然関わってなかたです。

でも週末になると贅沢なご飯などをお祭りのように楽しく開いてくれるいつも面白くて会うと元気になった父親です。

今でも仲良しですw

母親は、人が好きで人の良いところを見つけるのが上手な人でした。会うと癒される母親です。

今でも癒しキャラですw

父方の両親でありジジとババは小さい頃から一緒に住んでいましたが、私はジジ、ババによく面倒を見てもらって育ちました。

今考えても、幸せな家族だなーとも思います。

しかし、思い出は心にありますが、写真やビデオなど全く残ってなかった事です。

今、3・4才の頃の事で思い出せるのは、保育園の時に川のU字溝に落ちた事と、滑り台の下のホコリを食べて不味かった事。

くらいです。

もしかしたら、その頃の映像でもあったら何か思い出したり自分はこんなんだったんだって振り返ることが出来るかもと感じます。

両親からの愛情は感じていますが、大人になった今少しでも思い出が見れたら面白かったのになぁーと思います。

なので!!

お子さんが出来たら。

  • 1ヶ月ごとでも!
  • 何かを始める時でも!
  • 何か新しい事がができた時でも!

ムービーでも写真でもとっておいて下さい。

そしてそれをしっかり残しておいて下さい。

将来子供が必ず喜びます。

私は、旦那のご両親の愛情を感じました!

感動しました!!

(自分の両親も悪くはないですがww)

ちなみに今は便利なアプリがあります。

容量も気にしなくて良くて1ヶ月毎にムービーも制作してくれます。

490円もでアルバムBookも作れるし3480円でDVDにもなるのでおすすめ!

【しておきたい事②】 幼女〜子供の頃の服を残してある

 

Michal JarmolukによるPixabayからの画像

私が娘を産んだ時。

旦那と旦那の妹の赤ちゃんの頃の肌着や服をいただきました。

ついでに旦那の母の母(おばあちゃん)の作ったお包みや洋服など。

凄く綺麗にとってあって、感動しました。

私の家はそんなもの1つもないし見たこともないです。

大切に使ってサイズアウトしたらまた旦那の妹へ回しましたが、親子○代で使う洋服に愛情を感じました。

そしてエコです。

ちょっとこれとっとくwwwwww?

ってのもありますが、綺麗に残してあるってことが凄い。

見習いたいな、って思いました。

【しておきたい事③】子供になんでもやらせる

Michal JarmolukによるPixabayからの画像

旦那の妹は凄いんです。

子供の時に、ピアノ、ダンス、勉強もいつも学年トップ、生徒会長もやったり、勉強も出来て明るくて美人。

いわゆる才色兼備なのですが、地元でTOPの進学校に入ってから自分のやりたい事を決めて進学はぜず、専門学校へ行き理学療法士になりました。

ほんと【凄いな】って尊敬してます。

彼女は、10代で学生のうちに自分の将来のビジョンを描ています。

そして今でもそれにブレていない。(それが凄い!)

今は趣味で妹はフラダンスを習っていて、この間出産前に発表会があったんですが、パパとママは田舎から応援に都内まで来てくれました。

もうこの夫婦最高。見習いたい!って強く感じました。

【しておきたい事④】子供が興味のあるものを全力で応援する

 

Michal JarmolukによるPixabayからの画像

子供が決めたことには常に旦那の両親は全力で応援します。

旦那は旦那の父が好きなのもあり、ゴルフを3歳になることからずっとやっていましたが2年生になる頃。

たまたま友人に誘われたラクビーの会でラクビーに参加してから、ラクビーに虜になり、ゴルフからラクビーへ変わりました。

旦那は小学校〜大学までラクビーに没頭しました。

(怪我をしてラクビーはできなくなりましたが今でもトレーニングは大好きなのでムキムキですw)

旦那がラクビーを始めてから、ママは土日の試合はもちろん。

平日の早朝、夕方とつきっきりで青春を味わうほど息子とラクビー活動をしてました。

ちなみにママはラクビーママ友と今でも仲良くてグループ旅行とかしてます。

それだけ楽しんでいる!という事実が素敵すぎる。

子供のやりたいこと。

興味のある事を全力で応援しているうちに自分の青春に変わる。

そう感じました。一緒に楽しむ姿本当に尊敬します。

そして、私も全力で子供のやりたい事を応援できる母親でありたいと感じました。

【しておきたい事⑤】子供とのつながりを全力で楽しむ

Michal JarmolukによるPixabayからの画像

旦那の パパ・ママ は何と言っても私たちに会うのを生きがいにしてくれています。

これが本当に嬉しい。

私のことも娘のように気兼ねなく時には「こうした方がいいんじゃない?」と親身になってくれます。

上記でも話していましたが、娘のダンスのイベントがあれば夫婦総出で来てくれます。

パパ・ママの住んでいるところはここから200 km離れてます。

でも、いつも近く感じるくらい時間を作ってくれるし旦那も旦那の妹もみんなで会う事を生きがいの一つになってます。

私は本当に素敵な家族だなぁーと感じてて、その中に入っているのもありがたいです。

私自身、前より意識して親に会いに行くようになりました。少しでも一緒に過ごせる時間を作りたいと思えるようになったからです。

子供が成長してきた時にこそほど意識してしておきたい事だなと感じました。

旦那のありがたみ、親のありがたみ、忘れたくないです。

そしてそこから学んだ、子供との繋がりを大切にする事をずっと続けていきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?すっかり私の旦那家族の自慢な感じにもなってしまいましたがw

私も親になって子供にしてあげられる事って何だろう?

って改めて考えると、子供と一緒に親も一緒に成長するって事なのかな?と思いました。

まだまだ続く子育て精一杯楽しんで自分がしてあげられる事はできる限りしたいですね。

子育て楽しんで行くぞー!

ではまた〜!

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23