【Disney+/ディズニープラス】とデラックスの違い!作品や料金は?視聴方法まとめ

こんにちは。

ディズニーの動画配信サービス【Disney+/ディスニープラス】が6月に日本に上陸します。

昨年2019年にアメリカやカナダで先行サービスを開始したDisney+会員数は5450万人に達するほどの人気です。

ディスニー作品を気軽に見れるサービスがスタートするのは、ディスニーファンを含め様々なディスニー作品を愛する人には朗報ですよね!

 

そこで気になったのが、今既にサービスにおけるディズニーデラックスとの違いです。

 

この記事では、【Disney+/ディズニープラス】とデラックスの違い!作品や料金はいくら?視聴方法などを分かりやすくまとめてみました。

 

Disney+/ディズニープラスを検討する方の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

【Disney+/ディズニープラス】とデラックスの違いは

「Disney+/ディズニープラス」が開始すると聞き、一番気になったのは、今既にある『Disney DELUXE (ディズニー・デラックス)』との違いなのではないでしょうか?

どちらのサービスも

  • ディズニー
  • ピクサー
  • マーベル
  • スター・ウォーズ

などの作品が視聴することができる似たサービスです。

では、どんな違いがあるのか細かく見ていきましょう。

 

違い①:運営会社が違う

『Disney DELUXE /デラックス』=NTTドコモ運営

「Disney+/プラス」=ウォルト・ディズニー・カンパニー直営

元々配信サービスを行っていた「ディズニーデラックス」はドコモに委託されたサービスです。

会員になるためには、dアカウント+ディズニーアカウントの両方必要なサービスですが

新しく始まる「ディスニープラス」直営店なのでディズニーアカウントのみで利用することが出来ます。

 

違い②:4K対応の有無

2つ目の違いは、対応の映像画質です。

「Disney DELUXE/デラックス」はフルHD(1080p)までの対応

「Disney+/プラス」は4K HDRに対応

デラックスで4K対応作品は無く今後も対応するとも発表されていません。

 

違い③:オリジナル作品の有無

ディズニプラスでは、ディスニープラスオリジナル作品も配信されています。

人気映画やアニメのスピンオフ作品など多数取り扱っています。

違い④:海外での利用

NTTドコモが運営しているデラックスでは日本国内での利用が原則です。

ですが、プラスはグローバル対応となっています。

仕事の移動や旅行先。

留学中の息抜きとしても月額$699で利用することが出来きます。

  • アメリカ
  • カナダ
  • オランダ
  • オーストリア
  • ニュージーランド
    • フランス
  • ドイツ
  • アイルランド
  • イタリア
  • ロシア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • イギリス

と今後も様々な国での利用が可能となります。

他にも気になる所Q&A

気になるところをQ&A式でまとめてみました。

 

海外版だけど日本語吹き替えはある?
オリジナル作品にも日本語吹替版が収録されていることが確認されている
アカウント数の違いはある?
  • デラックス=アカウント(プロフィール)1つまで
  • プラス=アカウント(プロフィール)7つまで

家族でそれぞれのアカウント(プロフィール)を使用することが可能です。

再生リストや履歴がごちゃまぜになる心配なし。

 

今後『デラックス』サービス終了になる可能性は?
現在では正式な発表は無いものの、プラスへの意向をする形でサービス終了するおそれあり。

スポンサーリンク

【Disney+/ディズニープラス】視聴できる作品や視聴方法

ディズニプラスでは、ディスニープラスオリジナル作品も配信されています。

オリジナル映画

  • わんわん物語(2019年リブート版)スピンオフ
  • トーゴ
  • ピーターパン(実写版)
  • 天使にラブ・ソングを3
  • One Day At Disney(原題)
  • Noelle(原題)
  • Phineas and Ferb The Movie: Candace Against the Universe(原題)※『フィニアスとファーブ』の映画

オリジナル・テレビシリーズ

  • High School Musical: The Musical: The Series(原題)(※ハイスクール・ミュージカルのシリーズ)
  • Monsters At Work(原題)(※モンスターズ・インクのシリーズ)
  • The World According to Jeff Goldblum(原題)
  • Encore!(原題)

オリジナル・テレビシリーズ(マーベル)

  • The Falcon and The Winter Soldier(原題)
  • WandaVision(原題)
  • Loki(原題)
  • What If…?(原題)
  • Hawkeye(原題)
  • SHE-HULK(原題)
  • MOON KNIGHT(原題)
  • MS. MARVEL(原題)

オリジナル・テレビシリーズ(スター・ウォーズ)

  • ザ・マンダロリアン
  • タイトル未定:『ローグ・ワン』前章シリーズ
  • スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ – シーズン7
  • タイトル未定:オビ=ワン・ケノービを主人公としたシリーズ

 

ほかにも、独占配信の作品が多数追加される予定です。

作品の最速公開

プラス作品がデラックスへ『ザ・マンダロリアン』配信されることとなっても、本家より1ヶ月遅れで配信されているとのこと。

それを踏まえると、公式が良いのは言うまでもありません。

 

スポンサーリンク

【Disney+/ディズニープラス】料金は変わる?支払い方法も

様々なコンテンツが追加されるということがわかった、ディスニープラス。

では料金は変わるのでしょうか?

現在、おそらく$ドルでの価格で日本でも提供されると言われております。

「Disney DELUXE」=月額¥700(税別)

「Disney+」=月額$6.99

どちらも料金がほとんど同じなので、当然ながら4K HDRに対応している方が得ですよね。

 

アメリカは「Disney+」を単体で月額6.99ドルで視聴できるに加え、

  1. Disney+(月額6.99ドル)
  2. Huluは(月額5.99ドル)
  3. ESPN+は(月額4.99ドル)

の3つのサービスが月額12.99ドルになるセット料金も用意されています。

 

これはかなりお得ですね!

日本でも対応になれば、登録者が増えるのではないでしょうか。

 

支払い方法も見てみましょう!

クレジットカード

※デビットカードプリペイドカード非対応

ドコモのキャリア決済

現在日本で「ディズニープラス」の決済方法は発表していません。

 

アメリカでの決済方法を記載してきます。

クレジットカード決済
デビットカード(VISA,マスターカード)
ペイパル決済
日本でサービスが開始されても決済方法は同じ様な形式になるのではないでしょうか。
それを踏まえると、決済方法も増え加入しやすくなると言えます。

スポンサーリンク

【Disney+/ディズニープラス】視聴方法は?

「ディズニープラス」はアプリを通して視聴ができる予定です。

  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン

 

他にもテレビなどのモニターで見るなら下記のアイテムを接続する必要があります↓

アップル(AppleTV)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Apple TV 4K 64GB MP7P2J/A【お取り寄せ】(5〜7週程度見込み)での入荷、発送
価格:25245円(税込、送料無料) (2020/5/8時点)

楽天で購入

 

 

グーグル(Chromecast)

 

マイクロソフト(Xbox One)

 

ソニー(Android TV、プレーステーション4)

こちらのテレビは接続機器が必要ありません。

 

Roku(ロク)


Roku Express |簡単高精細(HD)ストリーミングメディアプレーヤー

 

こちらのアイテム利用でテレビ視聴可能になります。

 

ご自身の用途にあった視聴ができるということですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

【Disney+/ディズニープラス】とデラックスの違い!作品や料金は?視聴方法まとめさせていただきました。

違いはこちら↓

  • 運営の違い
  • 視聴できる作品数が違い※オリジナル(スピンオフ)作品
  • 4Kで視聴可能
  • 海外でも対応
  • アカウント7個まで作成できる
  • 決済方法も豊富

でした。

このサービスが始まったら、確実に登録しますね!

子供にもディズニーは見せたい作品ですし、しかも利用料がとってもお得ですよね。

6月のサービススタートが待ち遠しい限りですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23