ジャパネットのスマホの口コミや評判!ワイモバイルとの違いはある?メリットとデメリットまとめ

スポンサーリンク

こんにちは。

 

電化製品が安く購入できるジャパネットは、テレビショッピングでもお馴染みですね!

実はジャパネットでは、電化製品だけでなくスマホも購入できるんです。

 

ジャパネットが販売しているスマホはワイモバイルのスマホ。

ですが、ジャパネットで購入する場合とワイモバイル公式で購入する場合でプランや料金が違います

 

 

この記事では、

  • ジャパネットのスマホの特徴は?ワイモバイルとの違いについて
  • ジャパネットのスマホの口コミ
  • ジャパネットのスマホ メリット・デメリット

などについてまとめていきます。

 

ジャパネットのスマホが安いと評判だけど契約しようか迷っている方は、是非参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

ジャパネットのスマホの特徴

 

シャープ スマートフォン AQUOS sense3 <SHWHM>

引用 ジャパネット公式サイト

 

ジャパネットで販売しているスマホは、ワイモバイルのスマホです。

ジャパネットとワイモバイル公式では料金プランが少し違うのですが、まずはジャパネットのスマホの特徴から見ていきましょう。

 

ジャパネットのスマホの特徴はズバリこの2つ。

  • 通話をよくする方はお得
  • 自宅訪問サポートが充実

 

順番にご紹介していきます。

 

通話をよくする方はお得

 

ジャパネットのスマホは、1回の通話をよくする方はお得です!

ジャパネットの新プラン「AQUOS スマホ シンプルM(15GB)」と同程度のワイモバイルプランとの比較

基本料金 データ量 通話し放題 合計
ジャパネット 3,980円(税込) 15GB 込み 3,980円(税込)
ワイモバイル 3,278(税込) 15GB 1,870円(税込) 5,148円(税込)

 

ジャパネットの新プランでは通話し放題が込みとなった料金プランになっています。

ジャパネットとワイモバイルの15GBプランで通話し放題料金を比べると、ジャパネットの方が1,000円以上も安くなります。

 

しかもジャパネットは機種代込みの値段で3,980円(税込)

しかもこの基本料金は次の機種変更までずーっと一緒。

分かりやすい料金設定も魅力の一つです。

ワイモバイルはプラス機種代が要りますので、いかにジャパネットのスマホがお得かが分かりますね。

 

ただ、新プランでスマホを購入するには、ジャパネット指定の機種を購入する必要があります。

ジャパネット指定の機種がこちら

AQOUS SENSE3  (シャープ)

実はこちらの機種は1年半以上前に販売された、言わば型落ち機種…。

すでに、AQOUS SENSE4 の新機種も販売されています。

最新の機種を購入したい場合はワイモバイルで契約することをおすすめします。

 

しかし、型落ち機種といってもカメラ機能は1,200万画素、防水防塵機能はしっかりしており、普段使いには十分使えます。

 

ワイモバイルはネット契約が簡単!↓

 

自宅訪問サポートが充実

 

ジャパネットでスマホを購入すると、サポートサービスが充実しています。

 

主なサポートサービスがこちら

  • 自宅訪問サポートが無料
  • 電話相談が2週間無料

 

ジャパネットでは、スマホを購入すると自宅にサポートスタッフが来てくれ、初期設定や使い方などを説明してくれます。

ワイモバイルでは初期設定や各種設定を自分でしなければならないので、スマホ初心者にはちょっとハードルが高め…。

得に、シニア世代でモバイル機器が苦手という方には嬉しいサービスです。

 

また、ジャパネットでは電話相談が2週間無料。

分からい事があれば電話で相談ができると安心ですよね!

無料相談期間は2週間ですが、月額550円を別途払えば続けてサービスを利用することができます。

 

このように、ジャパネットのスマホは

  • 通話をたくさんしたい
  • 購入後のサポートをしっかりして欲しい

 

という方には安くて便利なスマホとなっています。

格安スマホはWEBで手続きを行い、初期設定も自分で行わなければならないものが多いですよね。

そんな中、ジャパネットのスマホは購入後サービスが充実しているので安心して使える点が一番の特徴と言えます。

 

 

スポンサーリンク

ジャパネットのスマホ口コミや評判

 

Iphone, 手, 画面, スマート フォン, アプリ, 携帯電話, 電話

ジャパネットのスマホは、通話をよくする方はお得で購入後のサポートが充実していることは分かりましたね。

次にジャパネットのスマホの口コミを見ていきましょう。

 

まずは良い口コミから。

良い口コミ

 

 

 

やはり、ジャパネットのスマホは安さが魅力のようです。

2019年は9GBで3,980円(税込)だったようですが、2021年現在では15GBで3,980円(税込)。

使えるネットデータ量も年々増えてきているところもポイントです!

 

 

ジャパネットのスマホは、安い上にサポートサービスが手厚いことも魅力。

コロナの影響で電話対応に十分なスタッフが配置できなかった時も、WEBでの手続きがスムーズにできるように配慮していたようです。

現在ジャパネット公式サイトでは、WEB注文した方には3,000円のWEBクーポンをプレゼントしていますよ♪

 

スポンサーリンク

 

悪い口コミ

 

次に悪い口コミをご紹介します。

 

 

ジャパネットの新プランは安くて高評価ですが、機種が指定されているというデメリットがあります。

指定されている機種は、AQOUS SENSE3  (シャープ)。

型落ち機種なので、最新機種が欲しい方には不評のようですね。

 

ただ、型落ち機種といっても

  • カメラ機能:1,200万画素
  • 内蔵メモリ:RAM 4GB、ROM 64GB
  • 防水防塵機能付き

これだけの機能があれば十分使えますね。

 

最新の機種が欲しい方はワイモバイルで購入することをおすすめします。

 

ワイモバイルはこちら↓

ジャパネットのスマホはワイモバイルとの違いはある?

 

携帯電話, スマート フォン, アプリ, ネットワーク, インターネット, 社会

 

通話をよくする方はジャパネットのスマホの方がお得です。

ですが、通話をあまりしない方はどちらがお得なのでしょう。

ジャパネットとワイモバイルの違いを比較して、自分に合ったお得な方を選びたいですよね!

 

ジャパネットとワイモバイルの違いがこちら

  • 料金プラン
  • ジャパネットで購入できる機種は1種類
  • SIMカードのみで契約するならワイモバイル

 

順番に説明していきます。

 

料金設定

ジャパネットのスマホはワイモバイルのスマホですが、料金設定が少し違います。

ジャパネットの料金プラン

基本料金 データ量 通話し放題 合計
シンプル S 3,281円(税込) 3GB 1,870円 5,151(税込)
シンプル M 3,980円(税込) 15GB 込み 3,980円(税込)
シンプル L 5,261円(税込) 25GB 1,870円 7,131円(税込)

 

ジャパネットの料金プランは上記3つでシンプルです。

しかも端末料金込み

データ量によって基本料金が違いますが、通話し放題をつけると新料金プランのシンプル Mが一番お得。

 

ただ、新料金プランのシンプル Mは通話し放題加入が条件となっています。

また、初回のお支払いだけ料金がプラスされます。

  • 初回端末支払金 10,780円(税込)
  • 事務手数料 3,300円(税込)

初月のみ基本料金に上記の料金がプラスされるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ワイモバイルの料金プラン

基本料金 データ量 通話し放題 合計
シンプル S 2,178円(税込) 3GB
  • 10分無料:770円(税込)
  • 24時間無料:1,870円(税込)
  • 10分無料:2,948円(税込)
  • 24時間無料:4,870円(税込)
シンプル M 3,278円(税込) 15GB
  • 10分無料:770円(税込)
  • 24時間無料:1,870円(税込)
  • 10分無料:4,048円(税込)
  • 24時間無料:5,148円(税込)
シンプル L 4,158円(税込) 25GB
  • 10分無料:770円(税込)
  • 24時間無料:1,870円(税込)
  • 10分無料:4,928円(税込)
  • 24時間無料:6,128円(税込)

 

ワイモバイルはこちらの基本料金に加えて端末代がプラスされます。

 

データは、プラス550円(税込)でデータ量の追加が可能。

  • シンプル S 3GB ▶ 4GB
  • シンプル M 15GB ▶ 18GB
  • シンプル L 25GB ▶ 28GB

しかも今ならキャンペーン中で1年間オプション料金が無料

 

ワイモバイルは、通話し放題のオプションが以下の2種類から選ぶことができます。

  • 10分無料:770円(税込)
  • 24時間無料:1,870円(税込)

 

また、初回のお支払いで事務手数料3,300円(税込)が必要。

ただし、オンラインストアで購入した方は事務手数料が無料です。

 

スポンサーリンク

 

ジャパネットで購入できる機種は1種類

 

ジャパネットで購入できる機種は1種類のみです。

 

ジャパネット指定の機種がこちら

AQOUS SENSE3  (シャープ)

こちら2020年に販売された型落ち機種ですが、基本的なカメラ機能やネットなどは問題なく使えます。

最新機種でなくてもいいよ!

という方は十分ではないでしょうか。

 

反対にワイモバイルでは、5G対応の最新機種など数種類の機種から好きなスマホを選ぶことが可能。

自分で好きな機種を選びたい方はジャパネットのスマホはお勧めできません

 

SIMカードのみで契約するならワイモバイル

 

SIMカードのみの契約プランはジャパネットにはありません

SIMカードのみの契約をしたい方はワイモバイルで契約しましょう。

ジャパネットでスマホを契約するには、ジャパネット指定のスマホを購入することが条件となります。

 

 

ジャパネットとワイモバイルの違いを比較すると、

ジャパネットを選ぶなら

機種代込みで通話し放題が安い

 

ワイモバイルを選ぶなら

  • 最新機種を選べる
  • SIMのみの契約ができる
  • 通話をあまりしない方はお得

といったところになります。

 

ジャパネットのスマホは安く済みますが、メリット・デメリットを知った上で契約することが大切。

次に、ジャパネットのスマホのメリット・デメリット詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ジャパネットのスマホのメリットとデメリット

 

女の子, 10 代, スマート フォン, ロシア, コーヒー ショップ

 

スマホ端末料金と通話し放題プランがセットになったお得なジャパネットのスマホ。

契約する前に、メリット・デメリットを知っておくと安心ですね。

 

ジャパネットのスマホ・メリット

 

ジャパネットのスマホを購入するメリットは

  • 通話し放題プランと機種代込みで基本料金が安い
  • 初期設定や電話相談などサポートが充実している
  • 選べる機種が1つなので悩まない

 

通話し放題プランと機種代込みで基本料金が安い

ジャパネットのスマホは、通話し放題プランと機種代込みで3,980円(税込)!

※シンプルプランMの場合

 

特に、通話をたくさんしたい方はジャパネットのスマホがお得です。

次の機種変更までどれだけ使ってもずっとこの料金なので安心。

しかもデータ量はたっぷり15GBもあるのでたくさんネットを使えますね。

 

ただ、初回のみ

  • 初回端末支払金 10,780円(税込)
  • 事務手数料 3,300円(税込)

が追加で支払う必要があります。

 

実は、初回端末支払金 10,780円(税込) ですが、今ならキャンペーンで100円になるんです!

キャンペーン対象となるのは、ドコモ・auから乗り換える方のみ。

このキャンペーンは、2021年5月29日までなので気になる方は早めにチェックしましょう。

 

ジャパネットのスマホお申し込みはこちらから↓

ジャパネット公式サイト

 

スポンサーリンク

 

初期設定や電話相談などサポートが充実している

ジャパネットのスマホのメリットは、購入後のサポートがしっかりしていることです。

 

ジャパネットのサポートサービスがこちら

  • 自宅訪問サポートが無料
  • 電話相談が2週間無料

 

ジャパネットでは、スマホを購入するとまずは自宅に端末セットが届きます。

その後、サポートスタッフが自宅に訪問し、初期設定やスマホレッスンなどのサービスをしてくれます。

自宅で手続きできるので、店舗で順番待ちを長時間…。

なんてことはなくストレスフリーですね!

 

ジャパネットのレッスン内容がこちら

スマートフォンのボタン説明 ・電源のつけ方、消し方、充電方法
・ロックのはずし方
・マナーモード、機内モードなどについて   など
メールの使い方 ・文字入力方法
・受信メールの開き方
・迷惑メール対策について   など
ネットの使い方 ・サイトの文字検索、音声検索の方法
・ブックマークの登録~使用方法
・画像の保存方法   など
アプリのダウンロード方法・説明 ・ジャパネットたかたアプリのインストール
・アプリのダウンロード方法
電話の使い方 ・電話のかけ方、受け方
・不在着信のチェック方法   など
電話帳登録方法 ・電話帳登録方法の説明

一部 じゃらん公式サイトより引用

 

スマホ初心者でもここまで丁寧に教えてくれるので安心ですね!

特に、スマホが初めてのシニア世代の方には高評のようです。

 

 

また、ジャパネットではスマホで分からないことがあれば電話相談が2週間無料

2週間無料サービス後も月額550円で電話相談サービスを利用できます。

 

スポンサーリンク

 

選べる機種が1つなので悩まない

ジャパネットでスマホを契約すると機種は1種類のみ。

 

ジャパネット指定の機種がこちら

AQOUS SENSE3  (シャープ)

型落ち機種のため悪い口コミにもコメントがありますが、カメラで写真を撮ったりや動画を見たりなど、通常使うには問題ありません。

 

スマホ購入で時間がかかる要因の一つがスマホ選び。

あれこれ機種があると、機能やデザインなど選べばキリがないですよね。

ジャパネットなら機種が決まっているので機種選びに悩む必要がありません。

 

機種は1つですがカラーは3種類から選べます

 

AQOUS SENSE3 のカラーがこちら

引用 ジャパネット公式サイトより

  • ブラック
  • シルバーホワイト
  • ライトカッパー

使いやすい3種類のカラーで、どれを選んでもシンプルでオシャレですね。

 

 

ジャパネットのスマホお申し込みはこちらから↓

ジャパネット公式サイト

 

スポンサーリンク

 

ジャパネットのスマホ・デメリット

 

ジャパネットのスマホを購入するデメリットは

  • SIMカードのみの契約は不可
  • 通話し放題のオプション加入が必須

 

SIMカードのみの契約は不可

ジャパネットのスマホは、SIMカードのみの契約ができません。

契約をする時はジャパネット指定のスマホ端末を購入する必要があります。

すでに使いたいスマホ端末がある場合新たにスマホを購入しなければならないので端末代がもったいないですね。

しかも、ジャパネットで購入できる端末はスペックが低い機種なので、高性能の端末を使いたい方には不向となります。

 

通話し放題のオプション加入が必須

ジャパネットのスマホは、通話し放題プランと機種代込みで3,980円(税込)!

となっていますが、通話し放題のオプションは必ず加入することが条件です。

通話はLINEなどを使うのであまり利用しないよ!

という方にはジャパネットのスマホの方が料金が高くなることも…。

話をあまり利用しない方やデータ量が少なくて良い方はワイモバイルをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

ジャパネットのスマホの評判・まとめ

この記事では、

  • ジャパネットのスマホの特徴は?ワイモバイルとの違いについて
  • ジャパネットのスマホの口コミ
  • ジャパネットのスマホ メリット・デメリット

についてご紹介してきました。

 

ジャパネットのスマホは特徴は、

  • 通話をよくする方はお得
  • 自宅訪問サポートが充実

スマホで長時間電話をしたい方や、初期設定・スマホの使い方などのサポートを受けたい方にはおすすめ。

特に通話し放題を重視する方は、ワイモバイルより料金プランが安い上に機種端末代も込みなのでお得なプランと言えます。

 

しかし、

  • 最新機種を選びたい
  • SIMのみの契約がしたい
  • 通話はあまりしない

という方はジャパネットだと逆にプランが高くなったり、ハイスペックの機種が購入できないといったデメリットがあるのでワイモバイルが良いでしょう。

 

ジャパネットのスマホが向いている方は、スマホのスペックを気にしない方や購入後のサポートを希望する方、シンプルで分かりやすい料金を好む方になります。

料金が安いので高評価のジャパネットのスマホですが、自分に合っているかよく確かめてから契約することが大切ですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23