ディア・エヴァン・ハンセンは実話?あらすじやネタバレ!映画とミュージカルの違いも調査

  • 2021年12月15日
  • 2021年12月15日
  • 映画

スポンサーリンク

 

ミュージカル映画【ディア・エヴァン・ハンセン】が上映開始となりました。

この作品のブロードウェイミュージカルは瞬く間に全米で社会現象となり、大ヒットを飛ばしてチケットは連日完売となったそうです。

 

主演を務めるのは2020年6月に舞台でもエヴァン・ハンセンを演じたベン・プラット

彼はこの舞台で主演男優賞も獲得しています。

 

友達もおらず社交不安障害を抱えた少年が、思いやりから付いた嘘で思いもかけず人気者になってしまう。

そこから訪れる彼の苦悩や孤独、家族の葛藤を描いています。

 

  • 実話というのは本当なの?
  • 【ディア・エヴァン・ハンセン】どんなお話なの?ネタバレも聞きたい。
  • 三浦春馬さんが感銘を受けたって本当?
  • ブロードウェイミユージカルにもなってたけど映画との違いは?

 

全編で歌として語られる彼の心の真実や叫びが、物語に引き付けられていく大きな要素となっているよう。

 

ミュージカルという事で、主役のベン・プラットの繊細な演技と歌唱も素晴らしいと評判です。

どうぞお付き合いくださいね!!

【ディア・エヴァン・ハンセン】は2021年11月26日(金)から公開されています。

 

 

スポンサーリンク

ディア・エヴァン・ハンセンは実話が題材のミュージカル

では話題のミュージカル映画【ディア・エヴァン・ハンセン】が実話なのか?と、三浦春馬さんが感銘を受けたというのは本当なのか?を見ていきましょう。

 

動画はこちら↓

 

 

■【ディア・エヴァン・ハンセン】は実話なのか?

実話を元に作られたといわれる【ディア・エヴァン・ハンセン】ですが、実際に作詞家のベンジ・パセクの体験によるもだそうです。

彼が高校生の時にクラスメートが薬物過剰摂取が原因で亡くなりました

そのクラスメートには友人が一人もいなかったはずなのに、クラスの誰もが友人だったと主張したんだそうです

 

なので主人公のエヴァンは創作だということです。

そこから生まれた作品が全米で社会現象になるほどのものになるなんて凄いですね!

 

■三浦春馬さんが感銘を受けた?

三浦春馬さんは2016年にブロードウェイでこの作品を見て、激しく魅了されたそうです。

そして「いつかこの主人公を自分で演じたくなった」とも語っていました。

ですが「自分は年齢が行き過ぎてしまったから、、」と高校生役ができないかもしれないとも言っていたようです。

 

しかしながら、ブロードウェイのスーパースターの来日コンサートではゲスト出演してディア・エヴァン・ハンセン】の中で歌われている「ウェイビング・スルー・ア・ウインドウ」を歌ったそうです。

YouTubeの中にベン・プラットの歌うこの歌の動画がありました、聞いてみたいですよね?

動画はこちら↓

 

 

 

 

 

そこまで三浦春馬さんを魅了してしまったという【ディア・エヴァン・ハンセン】のあらすじを知りたくなってしまいますね。

このお話の一体どこに惹かれてしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【ディア・エヴァン・ハンセン】あらすじ

主役のエヴァン・ハンセンは社会不安障害を持つ高校生の少年です。

友達もおらず、家族にも心を開かず自分の居場所がありませんでした。

そんな時、彼は自分で自分あての手紙を書きます。

ある時同級生のコナーが声をかけてきました。

そしてコナーはエヴァンの手紙を手に入れて持ち帰ります。

コナーはその後自殺をしてしまいます、エヴァンの手紙を見つけた彼の両親に2人は親友だと誤解されてしまうことに、、

そして彼は友達のフリをして、ありもしない事を語ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

こんなに人を感動させるなんて、もっと深く物語を知りたくなりますよね?

そんなもう少し踏み込んだ話を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【ディア・エヴァン・ハンセン】ネタバレ

もっと深く【ディア・エヴァン・ハンセン】を知りたい方のために、ネタバレと映画とミュージカル(舞台)の違いについて見ていきましょう!

 

■ネタバレ

ネタバレとしましては、主人公のエヴァンに唯一優しく接してくれるゾーイはコナーの妹で、彼は彼女に恋をしています

コナーは虐められている少年で感情が不安定なところがありました。

 

そんな息子を亡くした彼の両親に対し悲しませたくなかった、思いやりから付いた嘘だった。

 

この物語は社会から必要とされていない思いを抱え孤独な少年が、突然脚光を浴びて生活も人間関係も変わっていく姿。

そして何もかも失う彼が自分自身を見つめ、見失っていたものに気付き行動する様子を描いています。

 

SNSが拡散されることによって人気者になっていくエヴァン

そしてコナーの両親とも親しくなり、ゾーイとも恋仲になっていくのです。

 

嘘の全貌が明かされていき全てを失うエヴァン、そこから彼は何かを見つけ出すことになります。

 

■映画とミュージカル(舞台)の違い

後半のシーンが映画では書き換えられているようですね

ついにはその嘘の全貌が暴かれてしまう事になり彼は全てを失うことに。

 

そして彼の心の深くにある”心の傷”や”両親との関係”に焦点が当たっていきます。

自分と向き合ったときに彼の償いが始まるのでした。

 

この部分が映画とミュージカル(舞台)との違いなようですね。

 

 

 

 

舞台を見たことをある方も、見たこと無い方も大いに楽しめる内容となりそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

【ディア・エヴァン・ハンセン】は2021年11月26日(金)から公開されています。

・【ディア・エヴァン・ハンセン】は実話を元にして作られた物語

三浦春馬さんがNYで感銘を受けて「いつかこの主人公を演じてみたい」と語っていたようです。

・あらすじは社会不安障害を抱える友達もいない孤独な少年が、ある嘘をきっかけにSNSを通じて人気者になっていくが、、、

・ミュージカルと映画の違いはネタバレにも通じます、詳しくは上からどうぞ。

 

何より主人公の心の叫びを歌の歌詞やメロディーが表していて切なさを盛り上げていきます

一度映画館に足を運んでみるのもアリかもしれません。

お付き合い下さって感謝致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23