chitaa (チタ)天才ドラムキッズWikiプロフィールまとめ!天才キッズの両親はどんなひと?活動内容も調査

スポンサーリンク

こんにちはNarseです。

chitaa (チタ)さんはメディアにも出演経験もある天才ドラムキッズ。

 

世界的ドラムコンテストで最年少出場し、海外のトップドラマ―にもその才能を認められた小学生なんですよ。

小柄で可愛らしい顔をしていますがドラムをたたくと、そのエネルギッシュさに驚きます。

 

自身のYouTubeを立ち上げ、自身のオリジナル曲も披露しているんですよ。

大人顔負けの実力の持ち主で、将来を有望されています。

 

ここではchitaa (チタ)さんのプロフィールや、活動内容などご紹介していきいますよ。

最後までご覧いただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

chitaa (チタ)天才ドラムキッズWikiプロフィール

chitaa (チタ)さんのプロフィールからご紹介しましょう。

プロフィール

氏名・本名 chitaa (チタ) ・ 在間 知旅
年齢 11歳
出身 東京都町田市小山町
職業 ドラマ―・音楽家・ミュージシャン
SNS インスタグラム
YouTube
Twitter

 

まだ小学5年生なんですね。

ドラマ―になったきっかけは何だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

名前の由来がすごかった

まず驚くのが、特徴的名前ですね。

日本語で書くと、知旅(ちた)と書きます。

 

ご両親は「千の旅をするようなカラフルな人生を送れるように」という思いを込めて、名付けたんだそうですよ。

その名前のように、小さい頃から個性的な洋服が大好き。

 

 

可愛らしいですね。

名前の由来の通り、自分の好きな事を思いっきりやっている chitaa (チタ)さん。

ドラマ―になつたきっかけはなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

1歳の誕生日からドラムをたたき始める

chitaa (チタ)さんがドラマ―になった原点は、1歳の誕生日に両親からプレゼントされたスヌーピーのおもちゃのドラムだったそうです。

ご両親が音楽に携わるお仕事をされていたので、自然に音楽に触れていたんでしょうね。

chitaa (チタ)さんもおむつ姿で、夢中で叩いていたそうですよ。

音楽の血を引き継いだchitaa (チタ)さん。

才能を見出したご両親が、4歳から本格的にドラムをはじめました。

 

 

5歳からプロのドラマ―から指導を受ける

5歳の時から海外でも活躍するプロのドラマ―で、そのテクニックから手数王と呼ばれた菅沼孝三に指導を受けます。

 

 

当時5歳だったchitaaさんの動画が残っていました。

 

発表会の練習をしているようですが、とてもあどけない5歳児が叩いているとは思えませんね。

すでに5歳でライブのオファーがあり、セッションに参加していました。

 

その子供顔負けの実力に、イベントなどのオファーも増えていきました。

 

 

スポンサーリンク

 

インターナショナルスクールで英語も堪能に

chitaa (チタ)さんは現在小学校5年生。

幼稚園のときからインターナショナルスクールに通い、外国人との交流が当たり前の環境で育ちました。

 

すでに6歳で英語の文法もできています。

 

 

今や英語は日常語とも思えるほど堪能なんですよ。

 

英語の曲を歌っている動画はこちら

流暢な英語で心地よさも感じますね。まさにバイリンガルです。

小さいころから海外の文化に触れ、英語も堪能なchitaa (チタ)さん。

彼女が8歳の時に転機が訪れました。

 

スポンサーリンク

 

 

YouTubeでの活動がきっかけで海外のCMにスカウトされる

chitaa (チタ)さんがYouTubeを始めたのが、2017年7歳の時でした。

2018年にドラム演奏をみた海外のCM製作会社から直接オファーを受けます。

 

ドイツOTTO社のCMに出演が決定。

まだ8歳の小学校2年生のときでした。

 

動画はこちら

最初のかわいらしさと、ドラムを叩いた時のギャップがありましたね。

この動画たった1週間で再生回数200万回超えに!

 

そこから海外からの注目が高まっていきました。

 

スポンサーリンク

 

10歳で世界的ドラムコンテストで優勝する

彼女が最も注目を浴びたのが、2019年9月に世界的ドラムコンテスト「DRUM-OFFGLOBAL2019」のガールズ部門(35歳以下)

で最年少出場し優勝したんです。

 

 

海外の 実力派のドラマ―がいる中での優勝ですから凄い事ですよね。

お母さんはchitaa (チタ)さんが、夏休み返上で毎日練習していた事を投稿しています。

 

本人の持っている才能もそうですが、努力の上に勝ち取った優勝なんだと思いますよ。

2019年10月には、優勝の授賞式とドラム演奏のためカナダのバンクーバーの番組に出演しました。

 

 

 

大人のなかで物怖じせずのびのび演奏できたようで、大物感さえ漂いますね。

 

スポンサーリンク

 

 

日本ではスーパーキッズト呼ばれメディアで話題に

この優勝で一躍時の人となったchitaa (チタ)さん。

日本のメディアにも出演するようになりました。

 

シューイチで中丸さんとコラボ

 

 

ミヤネ屋で凄い日本人として紹介されました。

 

 

6月15日放送の「レべチなひと、見つけた」に出演

 

 

まだ11歳なので、さらなる活躍が期待されますね。

 

スポンサーリンク

 

chitaa (チタ)天才キッズの親はどんなひと?

chitaa (チタ)さんを育てているご両親はどんな方なのでしょうか?

両親とも音楽仕事をしている

 

どこにでもいる仲良し親子に見えますね。

chitaa (チタ)さんのお父様の広志さんはプロのドラマ―、お母様は千晶さんはピアノ講師のお仕事をしています。

 

Image

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

在間 広志(@nera_thefunny)がシェアした投稿

 

ドラマ―の神ともいえるjames gadsonと交流がある所をみると 、ご両親がかなりグローバルに活躍しているかたなのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

感受性をのばし自由に楽しく子育てをする

chitaa (チタ)さんの教育方針2019年について、2019年5月にご両親がタウンニュースのインタビューに答えています。

 

幼少期から人前でパフォーマンスする機会を与えられ、対応できる能力をつけるため、映画や音楽・本など本人が好きな事をたくさんさせてきたそうです。

感情やフィジカルを伸ばし、ストレスでけがなどしないように注意を払ってきたご両親。

 

一番大切にしている事は、本人が自由に楽しく多様性を肯定して、可能性を否定しないことだそうです

あくまでも本人がしたい事にはチャレンジを促し、失敗しても怒らずチャレンジしない事を起こる教育をしてきたそうですよ。

 

つい親は自分のレールにはめ、つい心配で口出ししたくなりますが、自由の中にもちゃんと子供が上手くいくように配慮していますよね。

子供の可能性を信じ、押しつけではなくchitaa (チタ)さんのやりたい事を、全力でサポートしているんだと思いました。

 

ご両親も努力があったからこそ、chitaa (チタ)さんがスーパーキッズと呼ばれるまでになったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

chitaa (チタ)活動内容も調査

chitaa (チタ)さんの活躍を調べてみました。

 

一流ミュージシャンとセッションする

NAMMSHOWは音楽業界で働く女性に向けて敬意を表して行われる祝賀会です。

chitaa (チタ)さんは、そこに2年連続招待されているんですよ。

 

Malik DOPEとのセッションを実現させていました。

 

 

一流ドラマ―トーマスプリジェンのライブにも参加。

 

 

イギリスのピアニストrahul.suntahとのセッションもしています。

 

 

ビルボードライブ東京の舞台にも立っていました。

 

 

2020年11月には、プリンスとも交流があるアメリカの一流ドラマ―シーラEさん立ち上げた、「LITTLE DRUMMER GIRLZ」に参加。

 

これはシーラさんが、次世代の才能あるドラマ―達の成長と育成のために作りました。

chitaa (チタ)は、直接シーラさんからのオファーを受けたそうですよ。

 

 

才能を見出されての出演になりました。

YouTube動画はこちら

LunaSEAの真也さんも「絶対的リズムを持っている」と評価しています。

 

さらには2021年5月19日テレビ東京の「内村のツボる動画」で天才キッズバンドのメンバーとして出演しています。

「うっせえわ」を全力で演奏しています。

 

 

YouTube動画はこちら 

大人顔負けのパフォーマンスでしたね。

 

 

 

 

FANTASTICS from EXILE TRIBEさんの『STOP FOR NOTHING』のMVに、ドラマ―として出演しています。

 

色んな人とのセッションを通して、自身のドラムの腕も磨いていくのでしょう。

なにより楽しそうにドラム演奏しているのがいいですね。

 

スポンサーリンク

 

自身のレーベルからデビューを果たす

自分を100%表現出来る場所を作りたいというchitaさん。

2021年4月に自身のレーベル「JOURNEY OF 1000」をたちあげました。

 

チームchitaとしてグループを引っ張りながら、2021年4月29日デビューしたんですよ。

初デビュー曲は「NSC」です。

 

MVではドラムだけでなく、ギターやピアノやトランペット・ラップと流暢な英語を披露。

なんと7歳の時に初めてイメージした曲だそうですよ。

 

デビュー動画はこちら

ファンキーで体が勝手に動きだしてしまうそんな曲ですよね。

海外でも通用する流暢な英語で、世界を股にかけて活躍しそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

エンドースメント契約を結ぶほど注目を浴びる

エンド―ストメント契約は、企業が自分の商品を報酬を支払う代わりに使用していく契約です。

その才能を見出されすでに契約を2社と結んでいました。

 

 

 

会社からオファーが来るなんて凄い事ですよね。

これからを期待されているからだと思います。

 

ドラムだけでなく色々な事にチャレンジしているchitaさん。

これからの活躍がとても楽しみですね。

 

同じ天才キッズドラマーの気になる記事はこちら↓

chitaa (チタ)と相馬よよかドラムレベルはどちらが上?気になる活動内容や評価口コミを比較

 

スポンサーリンク

 

chitaa (チタ)天才ドラムキッズWikiプロフィール・まとめ

chitaさんは東京都町田市出身の11歳の小学校5年生。

chitaさんは幼少期からドラムのおもちゃを叩き4歳から本格的にドラムをはじめ、5歳でプロに師事しました。

 

7歳からYouTubeをはじめ、自身の音楽を投稿していたのが目にとめり、8歳でドイツの会社のCMに出演。

CMは200万再生になるほど人気がでました。

 

2019年9月に世界的ドラムコンテスト「DRUM-OFFGLOBAL2019」のガールズ部門(35歳以下)

で最年少10歳で出場し優勝したんです。

これは快挙ともいっていいいでしょう。

 

天才キッズとして日本のテレビ出演するほど注目を浴びます。

日本だけにとどまらず海外のイベントに呼ばれたり、一流と言われるミュージシャンともセッションしてるんですよ。

そして2021年4月には自身が作詞作曲した曲を発表。

 

MVではドラマだけでなく、ラップやギター・ピアノ・トランペットそして流暢な英語を披露していました。

さらに自分を100%する場を作りたいと、レーベルを立ち上げています。

 

自分のやりたい事を行動に移す原動力は、ご両親の教育方針にありました。

ご両親は音楽関係の仕事をしており、自然と音楽に触れる機会も多かったchitaさん

自由に楽しく多様性を肯定し可能性を否定しない事を上げ、押しつけではなくchitaさんがやりたいと思うことには全力で応援し、それに対応できる能力をつけるための教育をしてきたそうです。

 

グローバルな人格形成のために、インターナショナルスクールに通わせているのも一つ。

ご両親の愛情あってこそのchitaさんの活躍ですね。

まだまだ11歳のchitaさん。

 

彼女は決して生まれもった天才ではなく、毎日こつこつと自分の夢に向かって練習を積み重ねてきたから今があるんです。

SNSでも練習風景など投稿してました。

これからもっと努力して、一流のドラマ―を目指すchitaさんを応援していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23