【蝶の力学】第2話ネタバレ!クラスター16?犯人の考察と予想

スポンサーリンク

こんにちは〜ちゃみんです。

WOWWOW連続ドラマ殺人分析班シリーズ「蝶の力学」がスタートしましたね!

1話がアップされて初回からドキドキする展開でした!

今回の犯人は「クラスター16」その数字も意味も行動も不明ですが、

現状から見える犯人を分析してみることにしました。

この記事をよんで物語が更に楽しくなると嬉しいです。

ではいってみましょう〜!

スポンサーリンク

【蝶の力学】2話のネタバレを解説

塔子は鷹野が、自分になにか隠し事をしているのではないか?と感じ始める第2話。

そんな中、塔子と鷹野が犯人からの襲撃を受けて鷹野が負傷する。

この追撃は、警察に警告をしているものなのか?

“クラスター16″に翻弄されながらも捜査を続ける塔子の元に第3のメールが届く・・・。

新たな犯人へ続く登場人物も出てくるので注意が必要です。

タイトルの「蝶の力学」の意味に注目してみた!

「蝶の力学」を英語にするとバタフライエフェクトになります。

バタフライエフェクトとは?

力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。

引用:https://www.weblio.jp

簡単に説明すると・・・

遠く離れた場所で蝶の羽で起きた風が、何万キロも離れた場所では台風になってしまう現れ。

ちゃみん
ってことは、何か小さなきっかけの積み重なりが、今回の大きな事件に発展していくのかもね!
よーべー
ほんまかいな
ちゃみん
題名からすると!の推測だわよ
よーべー
ほいほい

スポンサーリンク

【蝶の力学】クラスター16?犯人の考察から予想してみた

第一話から読み取れる今回の事件概要から犯人への考察ポイントなどまとめてみました。

  • 被害者は大原不動産の社長・天野秀雄

玄関先で遺体となって発見された。その遺体は殺害後に首を切り裂かれその傷口にテラスに咲いていたブルーデイジーの花を活けられていた。凶器と思われれる鈍器と刃物・殺害者の携帯・財布類は犯人が持ち去ったと思われる。

  • 妻真・弓は犯人が拉致

犯人に拉致・監禁の後に殺害をされる。リビングには真弓の地根が残っていて家族は、母と妹。送られてきた「切り取られた指」は真弓のものと思われる。

  • 運転手・村井照信は行方不明

天野のお抱え運転手であり、天野とはいつも一緒にいたが事件当日は出社しておらず行方をくらましている。

  • 黒のワンボックスカー

犯行時刻に天野邸の方から出てきたところを目撃されており真弓が監禁されていた場所近くでも目撃されている。

塔たちは犯人像がまったく絞り込めず、困惑しています。

クラスター16とは?

クラスターとは、集団・群れを意味します。

ちゃみん
え!ってことは独りじゃないの?

クラスター16を日本語にすると16の群れではないでしょうか?

ということは?

犯人は一人ではないのじゃないと推測します。

鷹野は首に活けられていた”ブルーデイジー”に注目します。

  • テラスにあるのを知っていたなら=計画犯行
  • たまたまそこに会った花を使ったのなら=なりゆき犯行

ブルーデイジーの花言葉にも注目してみた!

『純粋』『幸福』『幸運』『恵まれている』『かわいいあなた』「無邪気』『協力』

ちゃみん
なんで花を活けたんだろう?まさか・・・生花の先生とか・・・?
よーべー
だれやねん!それより黒いワンボックスカー怪しいでしょ!間違いなくそっちのが犯人に繋がりありそうなのプンプンじゃん!

この花言葉を用いてるとしたら?それを首に刺したとして?

恋心とか関係してたりして・・・?

ちゃみん
ウォンチュー!って事なの??

※主観です

犯人が一人ではなく恋愛要素もあるのか・・・?

謎だらけになりますね!

読んでる貴方はどう思いますか?

第1話の視聴はWOWOWオンラインにて配信中です↓↓

WOWOWオンラインに行く

スポンサーリンク

【蝶の力】学第1話のあらすじ

第一話のあらすじをまとめてあります。

ネタバレも含んでいますので、あしからず。

塔子の先輩であり数々の難事件の解決に導いてくれた先輩刑事・鷹野の公安部への移動が3日後に迫った日に、鷹野が見知らぬ女性と食事をしている姿を目撃する。

塔子が女性について聞くと「お前には関係ない」と言われる。

その後、事件が発生する。

現場に向かうと資産家・天野秀雄が自宅で惨殺されていた。

その遺体は”首を切り裂かれ青い花(ブルーデイジー)”が活けられていた・・・。

現場自宅にいるはずの天野の妻・真弓の行方も分からず。

塔子は真弓を犯人と推測し重要参考人として捜索することになる。

司法解剖の結果を聞くために、出雲大学に向かった塔子は、担当法医学者・相羽町子が鷹野と会ってた女性だと気づく。

新聞社宛に”クラスター16”と名乗る犯人からのメールが届く。

「西東京市の北部にいる」と書かれ、拉致された真弓の写真が添付されていた。

塔子は自分の読みが外れていたことに責任を感じながら、真弓の実家を訪ね、母親と妹に話を聞く。

その後、塔子の元に生きたまま切り取られた指が送られてくる。

メールの添付写真に写り込んでいた”スプーン”が介護で使われているものだと気づいた当子たちは、使われていない介護福祉施設を捜索して真弓が監禁されていた場所を突き止める。

しかし、そこには真弓の姿はない。

再び犯人からメールが届き犯人に指定された場所を塔子たちは捜索する。

すると、衣装ケースに入れられた真弓の遺体を発見することとなる。

ちゃみん
旦那は鈍器で一発KOかもだけど、奥さんの殺害まで卑劣すぎない!?
よーべー
恨み持っていたことが推測できるよね。でもこのパフォーマンスの必要性はなんだろう?

新聞社にメールが届いているということは広めたいということでしょう。

世の中を混乱させたい?

それはなぜなのか?

謎は深まるばかりです。

第1話を見たい方はWOWOWにて配信中です↓↓

WOWOWオンラインに行く

スポンサーリンク

【蝶の力学】今後の見どころは?

今後「蝶の力学」が楽しめるように見どころをまとめてみました

  • 成長した塔子の姿(十一係をひっぱるリーダー的存在になっている)
  • 今まで活躍しなかった、チャラ男の尾留川の活躍!?
  • 塔子と鷹野の二人の距離感にも♡
  • 河上さんとの絡み♡

回を増す毎に様々な展開が予想されます。

ちゃみん
♡になにか意味あるの?
よーべー
ただ入れてみたかっただけでしょ?

※主観です

スポンサーリンク

まとめ

「蝶の力学」今回もハラハラする展開からスタートしましたが、この事件にはきっと様々な思いなどが連鎖して組み合わさっているのではないか?と推測しています。

今後の展開が楽しみですね!

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23