ウーバーイーツが危ない?怖い体験談まとめ!被害に合わないため対策も紹介

こんにちは。

コロナのせいで、在宅勤務や外出自粛など家にいる機会が増えましたね。

家にいるとやっぱりデリバリーサービスを頼んでしまいませんか?

 

最近ではいろいろなサービスが出てきていますが、やっぱり一番有名なのはUber Eats(ウーバーイーツ)ですよね。

でも、そんな有名なサービスなのに(だからこそ?)危険なこともあるようなんです・・・

 

この記事では、ウーバーイーツでのこわい体験談。

被害に合わないため対策を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?仕組みや料金

 

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みと料金体系についてお話しますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、海外海外発の「料理宅配サービス」です。

宅配を行っていない飲食店もUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することでデリバリーが可能になります。

 

このサービスが日本で開始されたのは、2016年ともう4年も経っていたんですね!

 

食事をお店から受け取り配達するのは、Uber Eats(ウーバーイーツ)に配達員として登録した人たちです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は料理を注文するユーザーとしてだけでなく、配達員として働けるので、このコロナ渦で収入が減った人などから副業としても人気です

 

宅配業者や店員ではないのでスムーズかつ、スピーディな宅配が可能となっています。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は無料です。

しかし利用時には、手数料として260〜570円がかかります。

 

 

手数料は距離に応じて変わります。

実際の手数料がどれくらいかかるかは事前にアプリや公式サイトから確認可能

交通状況なども手数料に影響があります。

 

そんな手軽で便利なウーバーイーツは実は、危ない!と噂になっています。

実際にどのようなトラブルが起きているのか見ていきましょう。

 

デリバリーをするなら安心の会社配達!後払いが出来るので急な使用も安心。

▶▶デリズを見みる!

スポンサーリンク

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)が危ない?こわい体験談まとめ

こんなに便利で、今話題のUber Eats(ウーバーイーツ)にもデメリットがあります。

それは誰が運んでくるかよくわからないから怖いということ…

 

少し前には、ウーバーイーツ配達員の交通マナーの悪さは問題になっていますね!

 

面接もなくすべての人が働けるという時点でやはり、マナーが悪い方なども増えていますね。

 

他社デリバリーは会社で面接をしてから雇っていますが、ウーバーイーツは雇われているわけではなく、空き時間にいつでも登録一つで、お手伝いが出来る手軽さが魅力でもあります。

ですがそれは裏を返せば、、”どんな人が配達をしているのかはわからない”という難点がありました。

 

ほかにこんな事も…

 

 

ウーバーイーツ側は、こういったトラブルが起きても個人事業主だから関与できないとのこと…。

 

仮に事件が起きても「ウーバーイーツ配達員」との個人でやり取りで行われてるだけなので責任はとってもらえないということです。

 

自宅に配達を頼めば、住所がバレるので、このようなことになると怖いですよね…。

 

更に、こんな配達員が普通にいるとしたら、届いた食事も気軽に食べられないと感じます…。

 

もし、配達員がストレスたまっていたとして、腹いせに鼻をほじった手で食べ物に手を入れていたとしても、個人間のやり取りで解決しなければならないからです。

恐ろしいですね…。

 

そして極めつけがこちら↓

 

10代女性に届けた時に部屋に上がり込み体触り逃走。

というかなりショッキングな事件もおきました。

 

この犯行動機は「家庭の事情でストレスがたまっていた」とのこと。

 

こんな訳のわからない方も、働いている環境がウーバーイーツということになります。

 

現在、ウーバーイーツの利用者で女子高校生など若い世代も気軽に活用しているみたいですが、こんな、サービス女性には絶対オススメできません。

 

 

他にも否定的な意見は多数。

 

女性はストーカー被害などに繋がりかねないかもしれませんね。

今後も、もっと大きな事件が起きてしまうのではないかと心配になるばかりです…。

利用するかしないかは、ご自身で見極めることが大切です。

 

では、被害に合わないように利用する方法はあるのでしょうか?

そこについても見ていきましょう。

 

デリバリーをするなら安心の会社配達!後払いが出来るので急な使用も安心。

▶▶デリズを見みる!

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)で被害に合わないため対策

それでは、どうすれば安全にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できるのでしょうか。

配達オプションを使う

 

配達オプションの中に「外で受け取る」というものもあります。

 

こうすれば、部屋までは特定されることはありません。

 

注文の際に建物の住所のみを書くようにして、受け取りはエントランスで行いましょう。

 

※しかし!配達員にとって魅力的な女性だったり、かわいい子だったりすると後をつけられる可能性もあるを忘れないでください。

マンション・アパートの場所までは特定されていますので…。

 

自宅以外で頼む

自宅の住所自体がばれたくない人は、自宅以外の場所で受け取る方法もアリですね。

住所を指定すればオフィスビルなど、さまざまな場所で受け取りが可能です。

自宅以外であれば周囲に人もいますし、安全性を確保できるでしょう。

 

置き配で頼む

こんなご時世なのでデリバリーサービスでの感染リスクが懸念されています。

対面でのやりとりが不安を感じる方は堂々と「置き配」で頼むことをお勧めします。

 

コロナが流行りだしてから、ウーバーイーツも含めデリバリーサービスの需要が増えました。

その中でも、ウーバーイーツは、自分の好きな食べ物を手軽に運んでもらえる便利なサービスです。

でもそこには、安心安全といった定義はどこにもありません。

 

もちろん素晴らしい配達員の方もいるのは確かです。

 

しかしどこまで言っても、雇われている人ではないという事を頭の片隅に置いて利用をすることが大切です。

  • 会社で頼む
  • 男性が頼む

 

などは基本的に大丈夫な場合が多いですが、女性が単独で利用するには安全と言い切れないサービスなのは言うまでもありません。

 

 

デリバリーをするなら安心の会社配達!後払いが出来るので急な使用も安心。

▶▶デリズを見てみる!

スポンサーリンク

まとめ

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)での怖い体験などを紹介しましたが、もちろん大多数の配達員は皆さん真剣に仕事に取り組んでいます。

 

自分の安全性を確保することはもちろん第一ですが、

サービスを利用する際は配達してくれる方への感謝も忘れないようにしましょう。

利用の際には、万が一というものがあることも頭の片隅に置いて利用してくださいね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23