【トイ・ストーリー3】ウッディの黄色いメモはなんて書いてある?メモの考察まとめ

こんにちは。

世界的な大ヒットを記録したアニメ映画「トイ・ストーリー」シリーズ。

おもちゃたちが意思を持って自由にいきいきと動く姿は、見ていてワクワクした気持ちにさせてくれますね!

そんなトイ・ストーリーの第三部作、「トイ・ストーリー3」終盤、ウッディが書き残した黄色いメモですが、一体なんて書いてあるのでしょうか?

メモの考察とともに紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【トイ・ストーリー3】ウッディの黄色いメモとは?

保育園から脱出するために、悪戦苦闘するウッディたち。物語終盤、なんとかゴミ処理場からアンディの家に戻ることができました。

ウッディはアンディとともに大学にいくため、みんなに別れを告げますが、仲間とずっと楽しく過ごしたいとも考えます。

そこでウッディはアンディの目を盗んで黄色いメモを書き残し、仲間が入っている箱の上に置きます。

結果的にこの黄色いメモは、アンディがおもちゃをボニーにあげるきっかけとなりましたね。

トイ・ストーリー3に出てくる黄色いメモについて何か重要な意味を持つものだとわかりましたね。

物語の鍵とまでもいえると思います。

では黄色いメモには一体なんて書かれているのか、もっと掘り下げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【トイ・ストーリー3】ウッディの黄色いメモはなんて書いてあった?メモの考察

上の画像では、数字とアルファベットが書かれているように見えますね。

SNS上でもなんて書かれているのか気になる声が…

 

 

書かれている意味について、調査してみました。

 

ウッディの黄色いメモはなんて書いてあった?

1225 SYCAMORE (シカモア) と書かれていますね。実はこれ、ボニーの住所なんです!

 

物語中盤あたりで、ウッディはボニーのリュックに書かれた「BONNIE 1225 Sycamore」を見ていました。

おそらく、そのときに記憶したのでしょう。

 

ウッディの黄色いメモに書かれていたのはボニーの住所ということで、前述したアンディの決心と深く関わっていそうですね。

 

メモの考察

では、なぜウッディはボニーの住所を記したメモを残したのか?それを見てアンディは何を思ったのか?を考察すると、

 

実はメモを書く前にウッディは、アンディとアンディのママの別れの会話を聞きます。

そこでアンディが成長したことを再確認し、たとえこの身が離れていようと心はいつも一緒だということに気づき、自分たちをボニーに寄付させるようにメモを書いたのでしょう。

 

アンディはそのメモを見て、おもちゃたちを屋根裏部屋から車に移し、直接ボニーのもとへ向かいます。

メモはボニーの住所が書かれただけというシンプルなものですが、屋根裏に閉じ込めるのではなく、おもちゃをボニーと遊ばせてあげたいという気持ちが芽生えたのかもしれません。

また、アンディがボニーに「大切な宝物なんだ。」と伝えるシーンでは、おもちゃをどうすべきかというアンディの苦悩がどれほどのものかを感じさせます。

それほど大事な存在だったということですね。

 

最後には、ウッディもボニーの元に残ることになりましたが、ウッディの「あばよ、相棒」というセリフは、アンディとの深い繋がりを感じさせますね。

 

黄色いメモには、アンディにおもちゃを譲る決心をさせたボニーの住所がかかれていました。

仲間たちかアンディか、ウッディとしては苦渋の決断だったでしょう。

しかし、ラストでは笑顔で別れのあいさつを交わします。

「別れ」がテーマですが、悲しみだけではなく、幸せを感じるラストだと思います!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は【トイ・ストーリー3】ウッディの黄色いメモはなんて書いてある?メモの考察まとめについて紹介しました。

メモに書かれた内容はボニーの住所のみというシンプルなものですが、アンディとおもちゃたちの新たな生活の始まりのきっかけとなる重要なものでした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23