日経テレ東大学・ピラメキパンダ中の人『高橋弘樹』経歴・プロフィール!いつから?

  • 2022年8月16日
  • 2022年8月16日
  • 生活

こんちわ!

 

私はほぼ毎日YouTubeを見ています。

中でも最近ひろゆきさんと成田悠輔さんがMCを務める「Re:Hack(リハック)」

という番組をよく見ているのですが、

 

そこにパンダが居るんですよね、、

 

しかも喋る、流暢に、、

 

論破王ひろゆきや、イェール大学助教成田悠輔と著名なゲストの間で話に

参加している、、

正体は「ピラメキパンダ」←こいつ何者なんだ?

 

という訳で、今回ピラメキパンダの中の人こと高橋弘樹さんについて調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

高橋弘樹のプロデューサー経歴・プロフィール

高橋さんは2005年テレビ東京に入社して17年。

主にバラエティとドキュメンタリー番組を作っているようです。

 

常に「真逆」を考える 『家、ついて行ってイイですか?』Pの企画術

 

<Profile>

本名高橋 弘樹(たかはし ひろき)
生年月日1981年7月7日
出身地東京都江東区
出身校早稲田大学政治経済学部
著書1秒でつかむ/都会の異世界/TVディレクターの演出術 など

 

ですがだいたいのバラエティ番組がお嫌いらしく。

昔からよく見ていたのはNHKのガチドキュメンタリーとのこと。

 

「見たいバラエティがない」

 

そういう人でも面白いと思ってもらえるようなバラエティ番組を自分で作っている

そう雑誌の取材で答えていました。

 

これまで作ってきた番組は、

タイトル業務
『ジョージ・ポットマンの平成史』構成・プロデューサー・演出
『空から日本を見てみようplus』プロデューサー
『吉木りさに怒られたい』プロデューサー・演出・脚本
『カメラ置いとくんで、一言どうぞ 〜街中に、カメラ放置してみました〜』プロデューサー・演出
『ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV』プロデューサー
『家、ついて行ってイイですか?』プロデューサー・演出
『シナぷしゅ〜乳幼児にウケる技術〜』プロデューサー・ディレクター・脚本
『Re:Hack』演出・プロデューサー

 

プロデューサーとしては以上が代表番組です!

 

他にも実は『TVチャンピオン』のディレクター として携わっていたんだとか。

私は小学生の時に夢中で見ていたことを思い出しました、、。

 

著書を何冊も出していてその中でも「1秒でつかむ」は話題となりました。

やり手ディレクターなのは間違いなさそうです。

 

\最近の著書はこちら/

 

スポンサーリンク

 

高橋弘樹はいつからパンダになった?

調べたところ2021年4月にYouTubeで『日経テレ東大学』チャンネルを立ち上げた時に

進行役をパンダに起用したようです。

 

パンダ起用の理由はこちら↓

  • 視聴者が分かりにくいところに“補助線”を入れたりする必要性がある
  • 進行役はちゃんと話に水を差せて、しかも笑っちゃうような差し方が良い
  • いろいろ考えるとディレクターがやったほうが早い

 

なので「ピラメキパンダ」というゆるキャラを入れたということが分かりました。

 

因みにこのパンダ、2009~2015年までテレビ東京で放送の、

 

『ピラメキーノ』

 

という子供番組に出演していました!

 

 

番組が2015年に終わった後、倉庫で眠っていたのを拾って蘇らせたそうです。

 

スポンサーリンク

 

ピラメキーノ『ピラメキパンダ』中の人は皆川安弘

結論から言いましょう!

皆川安弘さんとはお笑い芸人のGO!皆川さんです

 

もちろん、ピラメキーノ放送時の中の人なので今は違います。

 

放送当時は喋るキャラではなかったようでコミュニケーションは筆談で

行っていました。シュールですね

 

因みに今のピラメキパンダが喋れるのは

「特殊な実を食べて討論の場のみで会話ができる」

という設定があるかららしいです!

 

くまもんとかに食べさせても面白そうですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回、高橋弘樹さんのことを調べてみましたが如何でしたでしょうか?

 

私は高橋さんの作ったテレビ番組を見て育った人間なので

最近見ていたYouTubeチャンネルが高橋プロデュースだと知って

より番組への愛着が湧きました。

 

「テレビ東京の常務取締役を本気で狙っている」

 

YouTubeでそうおっしゃってましたので

2〜3年後世間がYouTubeに飽きた時、またテレ東で高橋さんの

新しいテレビ番組を見たいなと切に思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク