洗える夏マスクのおすすめはこれ!使用洗剤や洗濯の洗い方と注意点も解説

こんにちは。

緊急事態宣言の下、外出自粛が続いています。

 

出勤や通学だけでなく、買い物や散歩、果てはジョギングにも必需品と言われるマスク。

「新しい生活形態」が推奨されていますので、今後はスマホのような生活には欠かせないものになっていくのでしょうか?

 

だとしても、毎日1枚ずつマスクを使用して処分し続けることになれば、金銭的な負担は長期的に見て非常に大きなものになってしまいますね。

そもそも、大量のマスクを継続して購入できるかも疑問です。

 

この記事では、お財布にも優しい「洗える夏マスク」をご紹介していきます

汗をかくことの多いこれからの季節に、おススメですよ。

スポンサーリンク

洗える夏マスクのおすすめはこれ!

 毎日使うものだから、清潔かつ経済的なマスクを3つご紹介します。

 

 マスク 洗えるマスク 冷感マスク 3枚セット

D立体構造だから顔にフィットして、隙間を作りません。

顔の輪郭がスッキリして見えるので、小顔効果も期待できます。

カラーバリエーションも単色ながら5種類用意されていますので、毎日使うものとしてコーディネートにも合わせられます。

派手さはありませんがスタイリッシュなデザインなので、女性におススメかもしれませんね。

柔らかく肌触りの良い素材でできていながらも、しっかりとした丈夫な作りなので、何度も洗って繰り返し使用することができます。

 

サスティナブル冷感マスク!

 

涼しさを求めるなら、これがおススメ!

接触冷感でひんやり涼しく、息を吸い込むとスーッとした冷気が口や鼻の中に入ってくるので、暑くなってくるこれからの季節に最適です。

蒸れにくく呼吸もしやすいように生地が薄いので、違和感なく装着できます。

鼻が当たる部分にはワイヤーが入っていて、眼鏡も曇らず快適に過ごせます。

快適さを求めるなら、これを選びましょう!

 

安心の国産!布マスク 接触冷感

 

こちらは国産の布マスク

中国などの海外製が信用できない人、日本産にこだわりたい人にはこれがおススメです。

「ハイテンション生地」という、伸縮性の高い日本製の素材を使用して丁寧に縫製し、キレイに仕上げています。

伸縮性と耐久性に優れていますので、日常生活で何度も洗って使うことを考えると、信頼性も高く倹約にも繋がります。

以上3点、いずれも夏に役立つこと間違いなしの布マスクを、それぞれの特徴で比較してみました。

好みや生活スタイルに合わせて選び、ウイルス拡散を防ぎましょう。

 

スポンサーリンク

 

洗える夏マスク使用洗剤や洗濯方法

 布マスクは、他の衣類などの洗濯物と一緒に洗濯できません。

 一緒に洗濯をしたら、洗濯物の全てがウイルスまみれになってしまうかもしれません。

 ちゃんとしたお手入れをして、翌日に備えましょう。

 

マスク使用洗剤はどんな物がいい?

ウイルス対策とはいえ、使う洗剤はご家庭で一般的に使用する洗剤で問題ありません。

特別に用意するのなら、つけおき洗い用の洗剤を使いましょう。

こちらは赤ちゃん用の衣類にも使えるほど肌に優しいのに、血液などの汚れにも使用できるほど洗浄力が強いものです。

マスク専用の洗剤がでています↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マスクスッキリ洗剤
価格:660円(税込、送料別) (2020/5/20時点)

楽天で購入

 

 

また顔に長時間つけるものなので、肌が気になる方には固形石鹸をおススメします。

石鹸を直接洗いたい箇所に塗り付ければ、合成洗剤と比べても洗浄力は強くなります。

ただ人工香料が入っているものを使うと、マスク装着時に人工化合物を吸い込み続けることになってしまうので、できるだけ人工香料無添加のものを選びましょう。

固形石鹸 衣類用 シャボン玉 スノール純石けん 180g↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャボン玉 スノール純石けん 180g固形石鹸 衣類用
価格:154円(税込、送料別) (2020/5/20時点)

楽天で購入

 

 

マスク洗濯方法

マスクの洗濯と言っても洗剤で洗って、ハイターで消毒して、干す。

簡単に言えば、これだけです。

お風呂に入る前に洗っておいて、お風呂を出てから干すなどの工夫をすれば、大きな手間もかかりません。

細かい手順は以下の通りです。

① 標準濃度の洗剤を入れた水に10分つけおく。

② 繊維を痛めないよう、優しく揉み洗いをする。

③ たっぷりの水ですすいで、水気を拭き取る。

④ 塩素系漂白剤(衣料用ハイター)を入れた水に、10分つけおく。

  ※濃度は水1リットルに対して、漂白剤15ml程度が目安

⑤ すすぐ際は水を2回入れ替えて、しっかり水気を拭き取ってから干す。

 

注意点もいくつかあります。

 

  • 水は水道水を使う。
  • 使用した水はウイルス入りかもしれないので、飛び散らないように静かに捨てる。
  • 感染リスクを下げるため、他の人のマスクと一緒に洗わない。
  • 漂白剤で手が荒れないように、手袋を使用する。
  • 水分を拭き取る際は、清潔なタオルかペーパータオル等を使用する。
  • 乾燥機などは使わず、陰干しで自然乾燥させる。

 

少々面倒ですが、特別に用意しなければならないものはほとんど必要ありません。

実際にやってみれば、それほど難しい作業もありません。

手順をしっかりと守って、清潔な毎日を過ごしましょう!

 

厚生労働省・経済産業省よりマスクの洗い方が動画で説明されています。

 

こちらも参考にしてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

洗える夏マスクのおススメとお手入れの方法、おススメの洗剤をご紹介しました。

夏用の涼しいマスクは、ここで紹介したもの以外も色々と販売されています。

これから夏に向けて、さらに増えていくに違いありません。

好みのものを色々と探してみても、楽しいかもしれませんね。

お気に入りのマスクを見つけて少しでも快適な毎日を送りましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!