povo(ポヴォ)回線速度が遅い?利用者の口コミや声!電波が悪い地域はどこ?メリットやデメリットを調査

スポンサーリンク

こんにちは。

 

2021年3月21日より提供が始まったKDDI(au)のオンライン専用プランpovo(ポヴォ)」

20GB月額2,728円から利用でき、自分の使い方によってプランをトッピングできるところが話題になっていましたね。

 

povoに乗り換えようと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では

  • povo(ポヴォ)回線速度が遅い?
  • povo(ポヴォ)利用者の実際の口コミや声
  • povo(ポヴォ)の電波が悪い地域は?
  • povo(ポヴォ)メリットとデメリット

について解説していきます。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

povo(ポヴォ)回線速度が遅い?

povo

引用 povo公式サイトより

 

20GB月額2,728円という破格な価格設定のpovo。

そんなに安くて回線速度は大丈夫なの・・・?と心配になりますよね。

 

povoはauと同じネットワークを使用しているので安定した回線で使が可能!

なので、都内地下鉄や大きな商業施設の中でもスムーズに繋がるようになっています。

 

auと同じ電波ならau既存の利用者も電波が悪くなることがないので安心ですね!

 

そんなpovoのお得なプランはこちら↓

 

povoのプラン内容

月額料金 2,480円(税抜)(税込2,728円)
月間データ容量 20GB
トッピング
5分以内通話かけ放題 500円(税抜)(税込550円)
通話かけ放題 1,500円(税抜)(税込1,650円)
データ使い放題24時間 200円(税抜)(税込220円)
データ追加1GB 500円(税抜)(税込550円)
ネットワーク 5G(2021年夏提供開始予定)/4G LTE

お申し込み窓口

オンライン限定

 

自分の使い方によってプランをトッピングできるのは嬉しいですね。

2021年夏からは5Gにも対応になります。

 

ただし、申込みはオンライン限定で電話サポートなどは一切ないので気を付けましょう。

 

au回線を使っているからといっても「今までとなんか違うかも?」と感じている人はいないのでしょうか?

実際にpovo利用者の声を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

povo(ポヴォ)利用者の実際の口コミや声

povoは低価格で回線も安定していることがわかりました。

では、povoを実際に利用した人の声を見ていきましょう。

 

 

 

手続きはオンラインで行います。

30秒かからずで終わるのは驚きですね。

 

 

 

 

 

回線の速度は問題なさそうですね。

 

口コミを見ているとpovoに乗り換えてよかったという声が多く見られました。

 

利用者の声をまとまると

  • 手続きはオンラインで簡単!
  • 価格も大満足
  • 回線速度も快適

いいとこずくめのpovoですが、全国どこにいても電波が繋がるのか気になりますよね。

 

スポンサーリンク

 

povo(ポヴォ)の電波が悪い地域は?

povoの電波が届きにくい地域があるのか調べてみました。

 

 

 

povoはauの電波を使用しているので全国に電波が届きます。

 

 

地下鉄では問題なく電波が繋がるという声が多く見られました。

 

一部では否定的な声もちらほら見られますね。

3月より利用が開始されたばかりでユーザーが一気に増えたことが関係しているのでしょうか?

 

他にも山奥で使用する場合は電波が弱くなることもあるそうです。

 

ですが、普段の生活で使用する分にはまったく問題ないでしょう。

povoは2021年夏に5G対応が始まります。

 

今後は、5G対応になることで電波が繋がりにくい地域も繋がりやすくなりそうですね。

 

スポンサーリンク

povo(ポヴォ)メリットとデメリット

これまでpovoの回線についてや利用者の声を紹介していきました。

ここからはpovoのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

povoのメリット

  • 20GB2728円という低価格
  • プランをトッピングできる
  • 手数料がかからない

詳しく見ていきましょう。

 

20GB2,728円という低価格

税込20GB 2,728円。

docomoが出した「ahamo(アハモ)」税込2,970円と比べて242円安い価格設定になっています。

povoに変更してから4,000円近く安くなった!という方も。

毎月払うものなので安くなるのは嬉しいですね。

 

プランをトッピングできる

基本料金に合わせて、プランをトッピングできるというのがpovoの特徴です。

 

5分以内通話かけ放題 500円(税抜)(税込550円)
通話かけ放題 1,500円(税抜)(税込1,650円)
データ使い放題24時間 200円(税抜)(税込220円)
データ追加1GB 500円(税抜)(税込550円)

 

「データ使い放題24時間」というプランは他の携帯会社のサービスにはありません。

このプランにはデザリングも無制限もついてきます。

旅行や出張に行ってwifiが使えない、通信制限がかかっちゃった!という場合にも安心ですね。

 

手数料がかからない

今までは事務手数料3,300円かかるのが一般的でした。

契約期間も決まっていることが多く、期間内に契約解除すると高額な違約金が発生することもしばしば。

povoは事務手数料がかからないことや、契約期間の決まりがないのが最大のメリットですね。

 

スポンサーリンク

 

povoのデメリット

続いてデメリットに
  • 手続きはすべてオンライン
  • データ繰り越しができない
  • キャリアメールが使えない

ついて順番に解説していきますね!

 

手続きはすべてオンライン

povoの手続きやサポートはオンラインのみとなっています。

店頭や電話では一切サポートを受けられません。

 

インターネットの使い方がわからない、苦手という方はおすすめできません。

オンライン手続きに抵抗がなければ素早く終わるので快適に手続きできるでしょう。

 

データ繰り越しができない

povoではデータ使用料を1か月20GB以内に収めたとしても、残りのGBを翌月に繰り越しすることはできません。

データが極端に余るようならばプランを見直す必要があるかもしれません。

しかしpovoは20GBで2,728円という大変お得なプランですのでデータを余らせても損をすることはないでしょう。

 

キャリアメールが使えない

povoでは「@ezweb.ne.jp」キャリアメールが使えません。

Gmailなど新しいアドレスを取得する必要があります。

今までいろいろなサイトでキャリアメールを使用していた方は、別のメールアドレスで登録しなおしましょう。

 

スポンサーリンク

 

povo(ポヴォ)回線速度・口コミまとめ

これまでpovoの回線速度や利用者の口コミを紹介していました。

回線速度はauと同じネットワークなので安定しているので安心できますね。

 

口コミでは

  • 20GBで2,728円はお得
  • 手続きが素早くて簡単
  • 自分の使い方に合わして利用できるのでうれしい

という声が多く見られました。

 

価格設定が安いプランが世の中に色々とでてきましたが、他の携帯会社にはないトッピングという新しいサービスが魅力でしたね。

皆さんもpovoを試してみてはいかがでしたでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23