【鬼滅の刃】透き通る世界とは?炭治郎と覚醒者たちは他にどんな人物

こんにちは!

今回は超話題の人気漫画【鬼滅の刃】に登場した”透明な世界”についてざっくり紹介したいと思います。

 

「透き通る世界ってなんだっけ?」

 

「鬼滅の刃は読んだことがないけれど、周りと話を合わせたい…」

 

という方まで。

 

是非参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】透き通る世界とは?

戦いの中での無駄な動きを極限まで削り、最大限の力を出そうとすると、頭の中が段々透明になり、すると透き通る世界が見え始める。

透き通る世界とは文字通り、相手の身体が透けて見える力を言い、相手の次の行動などを予測することができる。

また、時間がゆっくり進んでいるように感じるため、戦いに有利!

ザックリ解説するとこのような感じになります。

「頭の中が透明」というのはなかなか理解できない感覚かもしれませんが、プロのアスリートでいう、いわゆる”ゾーン”の感覚に近いのではと、私は考察します。

透き通る世界を使用できる人物の一人、炭次郎の父、竈門炭十郎曰く

「頭の中が透明になると”透き通る世界”が見え始める。しかしこれは力の限りもがいて苦しんだからこそ届いた領域」と語られています。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】覚醒者たちはどんな人物?

透き通る世界を覚醒しているのは炭次郎だけではありません。

ここでは覚醒者たちがどんな人物なのか紹介していきたいと思います。

 

①竈門炭治郎(かまどたんじろう)

本作の主人公。

家業である炭焼きを営みつつ、母、兄弟たちと慎ましやかに暮らしていた。

ある日炭次郎が家に帰ると、家族が鬼に殺されていた。唯一生き残っていた妹のねずこは鬼へと変貌させられていた。

妹を人間に戻すため、炭次郎は鬼を狩る組織「鬼殺隊」へ入隊する。

 

②竈門炭十郎(かまどたんじゅうろう)

炭次郎の父であり、物語開始時にはすでに病死している。

竈門家に伝わる厄払いの舞「ヒノカミ神楽」の達人でもある。

未だ謎の多い人物で詳細な強さは不明だが、炭次郎が幼いころ、九尺ある大型の熊を斧一つで倒していることから、相当な強さだったと思われる。

 

スポンサーリンク

③黒死牟/継国厳勝(こくしぼう/つぎくにみちかつ)


顔にある六つの目が特徴的。約400年生き続けている。

かつては継国厳勝という名の人間であり、すべての呼吸の元となる「日の呼吸」の開祖だった。

この事からもわかる通り、鬼としても圧倒的な強さを見せ、作中屈指の実力者たちを苦しめた。

④時透無一郎(ときとうむいちろう)

鬼殺隊の柱の一人。

中世的な外見をしている。

上記で紹介した「継国厳勝」の子孫であり、剣術の才能に恵まれている。

その才能は、2か月で鬼殺隊の柱に昇りつめたほどである。

 

スポンサーリンク

⑤悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

鬼殺隊の柱の一人であり、柱たちの中心人物。

盲目であるが柱の中でも最強クラスの実力を持つ。

⑥継国縁壱(つぎくによりいち)

上記で紹介した継国厳勝の双子の弟である。

晩年は鬼と化した兄を憂いて対峙する。

その剣技は衰えてはおらず、黒死牟に剣を抜く隙も与えずに一太刀を浴びせるほど。

しかし戦いのさなかで寿命を迎え、その生涯を終えた。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】透き通る世界とは?炭治郎と覚醒者たちの強さや謎を考察・まとめ

【鬼滅の刃】透き通る世界とは?炭治郎と覚醒者たちの強さや謎を考察させていただきました。

現時点で透き通る世界が使えるキャラクターは、今紹介した6人です。

どこをとっても最強クラスの実力者ですね。

今後もまた透き通る世界を使えるキャラクターが増えていくのでしょうか。

これからの展開も楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事はこちら↓

鬼滅の刃(きめつのやいば) 最新刊19巻の電子書籍を無料で読む方法は?

約束のネバーランドを全12話無料でフル視聴する方法!スマホで簡単にすぐ見れる

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23