【I-LAND】ケイが脱落理由は韓国アンチが原因?炎上や悪編の真相や内容まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。

BTSに続く世界で活躍できるボーイズグループオーディション番組『I-LAND』。

 

オーディションには日本人メンバーが3人参加していて、その中でもケイは、その美貌に加え、実力や表現力も魅力的で応援していたファンも多かったハズ!

2020年9月18日に生放送最終メンバー選抜で、ENHYPEN(エンハイフン)のデビューメンバーが決まりました。

 

誰もがデビューすると感じていたケイの脱落が決まり唖然となった方も多いのではないでしょうか?

この結果には、ある韓国人のアンチから始まった炎上が原因と言われています。

 

この記事では、【【I-LAND】ケイが脱落理由は韓国アンチが原因?炎上や悪編の真相や内容を細かくまとめさせていただきました。

スポンサーリンク

I-LAND】ケイの脱落で波紋

 

2020年9月18日にて行われた「I-LAND」の最終選考。

デビューメンバーは7人であることは、オーディションん冒頭に発表されており、そのランキングは

  • パフォーマンス後のプロデューサー評価ランキング
  • グローバル人気投票ランキング

で選抜され、最終メンバー選考では上位6人とプロデューサー選抜1名の7人がデビューするといった流れでした。

 

最終グローバル投票の結果はこちら

1位:ジョンウォン(1,417,620票)

2位:ジェイ(1,417,620票)

3位:ジェイク(1,179,633票)

4位:ニキ(1,140,728票)

5位:ヒスン(1,137,323票)

6位:ソンフン(1,088,413票)

7位:ケイ(946,046票)

8位:ソヌ(935,771票)

9位:ダニエル(773,792票)

 

グローバル投票では7位となったケイ。

プロデューサーが選んだ最終メンバーはソヌとなりデビューメンバーに選ばれませんでした。

 

 

まず、1つ前のパフォーマンスプロデューサー評価で1位を獲得していたケイが、最終投票で7位まで下がった事プロデュサー枠にも入れなかったことに驚かれた方も多いのではないでしょうか?

それもそのハズ、パフォーマンスも参加メンバーの中も目を引く存在であり、多くの方から注目を集めていたメンバーです。

 

 

YouTubeランキングは常に2位をマークしていた事から、人気の高さがわかりますね。

 

 

デビューメンバー発表の結果を目の前で見届けていた、BTSメンバーの表情も注目されていました。

 

そんなケイは、最終選考でグローバル投票が下がった原因やプロデューサーから選ばれなかったのには、あるアンチと炎上が関係していると言われています。

 

スポンサーリンク

 

【I-LAND】ケイの脱落したのはなぜ?韓国アンチが原因?

 

誰もがデビュー間近と感じていたケイが脱落してしまったのには、韓国での大炎上が原因とされています。

 

韓国での炎上が活発化したのが、9月6日。

あるアカウントから、ケイが中学生の時にしたツイートを持ち出し、様々なアンチタグがついたツイートを拡散されることとなります。

 

 

さらには、アンチの行動は日に日に増していくこととなります…。

 

 

9月4日に撮影された、PD評価で、ケイは見事1位を獲得しそれが最終選考の1週間前9月11日に放送されました。

そこで、”ケイのデビューが目前”との話題より更にアンチ活動が活発に…。

 

またたく間に、韓国ツイッターではケイのデマが拡散。

企画の事務所やビックヒットの公式メールやTwitter、FAXをいくつものアカウントで、事務所へ『辞退要請』を送り続けたとされています。

では、拡散されたデマがどんなものだったのか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

流されたデマ①:差別主義者

デマの中で問題とされたのが、人種差別をする人柄だというデマです。

グローバルを意識した企画グループが、そのような情報が流れるのは事務所も嫌うのは言うまでもないですよね…。

 

ちなみにどんなところからその様な流れになったのか、たどってみると…。

 

ケイが中学生の時にツイートした

「原宿で黒人と絡んでも友人と一緒なら大丈夫だよ」

と書かれた文面を引用し、差別主義者であると拡散されたものでした。

 

このデマの真相は…

ケイが原宿の竹下通りでしつこい呼び込みで話しかけてくる黒人を無視して歩いた。
というもので、けいくんが人種差別するような人という誤解を招いていました。

 

原宿竹下通りの黒人とは?

 

日本人なら誰でも知っての通り、原宿の竹下通りの呼び込みの黒人は捕まるとかなりしつこく、高額な洋服を買わされる事で有名な話です。

竹下通りへ行ったことがある人ならわかりますが、無視して通り過ぎるのは普通な対応です。

 

この事を人種差別する人とデマ拡散。

拡散に使われたアカウントは速削除され、その後もアンチが続きます。

 

 

流されたデマ②:未成年飲酒

ケイが10代の時に、居酒屋EXILEへ遊びに行ったツイートを引用し、未成年で飲酒をしているというデマが拡散されます。

 

居酒屋エクザイルとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

恩地佑亜(@yuuaonchi)がシェアした投稿

 

居酒屋EXILEは毎年夏に行われる「子どもから大人まで楽しめる、国内最大級の屋外テーマパーク」です。

ここでは、LDH所属アーティストによるライブパフォーマンスやサプライズ登場の可能性もあるので、EXILEや3代目ファンにはたまらない空間であり、幅広い年齢層のファンが遊びに行くイベントです。

 

名前が居酒屋というだけで、EXILEのイベント名です。

もちろん大人はお酒も飲むことが出来ますが、年齢確認が行われるので未成年はお酒は飲めません。

フェスと同じです。

 

このイベントへ参加したことで、飲酒をしたというデマが拡散されました。

これは「言葉の壁」やニュアンスの違いから生んだ勘違いだったのでしょうか。

 

それにしても、なぜこのようなデマを流すほど、ケイは標的とされたのでしょうか?

そのきっかけになったのは、ケイの悪編とも言われています。

 

スポンサーリンク

 

【I-LAND】ケイの悪編とは?デマ拡散につながる炎上理由は『言葉の壁』が原因?

i-land最終回の数週間前から、ケイのイメージを悪くするいくつかの要因がありました。

 

実際に番組を見て応援していた方も中盤より、ケイへ悪いイメージを感じた方もいたのではないでしょうか?

 

特に海外や韓国から悪いイメージが付き出したのは、ケイの悪編や言葉の壁による誤解から始まっているとされています。

 

ケイの悪編とは何だったのでしょうか?

1:ソヌのグローバル1位に納得が行かないように首をかしげる様に編集されすごく悪い印象を与える。

2:ニキがリーダーを努めた時のきつい指導シーンはクローズアップされ仲直りについてはあまり取り上げられていない。

3:自分の意思を押し通す場面が長時間使われ自己中なイメージを付けた。

 

などが、悪魔の編集=悪編と言われ。

I-LANDでのパフォーマンスのパート配分を決める時に起こった「言葉の壁」が原因で悪いイメージがつくこととなります。

 

ヒスンがケイから「俺とレベルの違いがあると言われた」ということを話していたシーンが有りました。

実際にケイが話しているシーンはありませんでしたが、これも国が違う故に言葉のニュアンス違いで起こったこととされます。

※どちらが悪いとかではなく言葉の壁から起こったことでしょう

 

ここに参加した練習生メンバーには、準備期間の違いがありました。

ケイは、最年長参加者&2年8ヶ月と長く下積みを行っているメンバーです。

 

自身もデビューを掴みたいという気持ちも強く、また年齢的にも兄であることから、率先して皆をまとめている姿が印象的でしたよね。

 

もともとスポーツ界で活躍していたケイは、そのストイックさが、視聴者にはきつい印象を与えてしまっていたのもアンチを生んだ原因とも言われています。

 

※スポーツ本気でを行っていた人は、上下関係や粘り強さ配慮などもすごく鍛えられていて、そもそもが忍耐強い人が多い印象です。

 

他にも悪編と言われた内容も見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ニキに指導する姿が悪編となる

ケイのストイックな性格故に、厳しく指摘するシーンなどが番組内で多数持ち上げられたことがイメージダウンに繋がったとされています。

 

ニキは自分の脱落をおそれ、得意とするダンスの実力をアピールするためにアドリブを入れて踊ったことが原因でケイが怒ることに…。

ケイは、「チームとして」のパフォーマンスの大切さを教えるために愛情持って厳しく指導をしていました。

「ニキに変わってほしい!」と話していたのも印象的です。

 

その時の動画はこちら(短いです)↓

 

このシーンでケイが怖いとイメージがついた人も多かったかもしれません。

ですが!

この時のケイは、「自分の事しか考えられなかった」ニキに対してチームワークの大切さを伝えています。

※自分も思うようにランキング評価をされず辛い時だったのです

ただ 、参加メンバーの一番年上だからといってずっと周りに配慮していないとだめなのでしょうか…。

ケイも疲れていたし、「疲れる」って素直に伝えただけだと感じませんか?

 

実際に、この時のパフォーマンス評価は高く評価されPD(プロデューサー)より絶賛されました。

「チームとして」のパフォーマンスの大切さを教えるために愛情持って厳しく指導をしたことで、ニキが大きく成長した姿がこのパフォーマンスで確認することが出来ました。

ニキもアドリブを入れず、4人が揃った完璧な仕上がりでしたね。

 

 

この時のニキを見てもわかりますが、2人はいざこざを乗り越え達成感に満ちあふれた姿でした。

ですが!!

番組では仲直りするシーンなどは取り上げられ無かった為にケイのイメージダウンだけが残ってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

ヒスンがケイを苦手と話すシーン

自分の意見を素直に伝えてくるケイに対して、イランダーは一番年上となるケイに対して「意見がいいづらい」というシーンを長く取り上げられました。

この時、リーダーのヒスンが「2番パートをやりたい」と言った時に

ケイも「2番をやりたい」といいます。

そして、ケイがいい出した時に他のメンバーの顔をクローズアップされ、「ケイに何も言えない」という悪い雰囲気を煽るような編集になっていました。

 

正直、サバイバルオーディションですので自分がやりたいパートを主張するのは自然と考えますが、どこか悪者のような扱いに…。

 

 

更には、皆での話し合いシーンからケイが涙します。

 

 

 

この事件からヒスンとケイの絆を感じるように画面上では見えますが、それについても目立つように取り上げられるシーンはなく。

イメージがあまり良くないままとなり、韓国や海外から評価が得られなかったのでしょうか。

 

 

ちなみに画面上で見る限りケイ&ヒスンとても仲良しであったことは間違いないと言えます。

 

 

番組を面白くするために標的を作ることが目的なのかはわかりませんが、悪いイメージが付く編集をしたら挽回するようなシーンも入れていただきたいと感じてしまうのは私だけでしょうか…。

ケイは愛情溢れた素晴らしい子なのですよ…。

 

スポンサーリンク

 

 

【I-LAND】ケイのデマ拡散した韓国中学生が謝罪

I-LANDの最終オーディションが終了した後に、拡散したものはデマであったという謝罪文がツイートされていました。

内容はこちら↓

 

日本語に翻訳されているのがこちら↓

 

オーデションが終わってしまってから、謝罪されてももう時間は戻らないですし。

夢を追って2年8ヶ月も練習生として頑張ってきたケイは報われません。

 

ネットのちから、言葉の力が怖いということが痛いほど感じますね。

ケイは今後も「夢を諦めない」と話していましたし、近いオーディションでのデビューを待ち望むいが今の私たちには出来きません。

 

どかしい気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23