【クリーピーナッツ】名前の由来はなに?二人の出会いを徹底調査

スポンサーリンク

こんにちは、イシカワです。

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのクリーピーナッツ。

 

ライブだけでなくテレビのバラエティー番組やラジオ番組、はたまたドラマにまで幅広いジャンルで活躍していますね。

ラッパーというと怖いイメージがありますがこの二人を見ているとそうではありません。

 

そんな2人の人柄がこれだけ幅広く活躍できる秘訣なのかもしれません。

そんなクリーピーナッツの「名前の由来はなに?」気になりますよね!

 

この記事では、クリーピーナッツの名前の由来や二人の出会いについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【クリーピーナッツ】名前の由来はスラング?

 

 

クリーピーナッツを直訳すると「不気味なナッツ」になります。

 

クリーピー=不気味、奇妙な

ナッツ=木の実、ナッツ類

 

しかしナッツには別の意味もあります。

ナッツのスラングだと

 

ナッツ=クレイジー、バカ

もしくは

ナッツ=金玉

 

つまりスラングで訳すと「不気味な金玉」になります。

 

これについてはラジオでクリーピーナッツ自身がそれとなく肯定するトークがあったのでそういう認識で間違いはないでしょう。

 

ファンの中では有名なのは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

 

【クリーピーナッツ】メンバーのプロフィールや経歴を紹介

メンバーのお二人は、ふたりともすごい実力と経歴の持ち主!

早速プロフィールと一緒に経歴も覗いてみましょう。

R-指定

 

 

日本一のラッパー・俳優、強面ですが優しく穏やかな性格です。

  • 大阪府堺市出身
  • 1991年(平成3年)9月10日生まれ
  • 聖徳太子スタイルというフリースタイルラップが得意

 

 

ULTIMATE MC BATTLE全国大会3連覇という前人未到の記録をもっています。

ULTIMATE MC BATTLEとは2005年から始まったMCバトルイベントのこと。

 

勝敗の全てを観客が決定する全員参加型のイベントでMCバトルイベントの最高峰として知られていますね。

つまり野球で言えば「甲子園で優勝する」、サッカーなら「天皇杯で優勝する」くらいの価値がある3連覇とうわけでしょう。

 

R-指定は間違いなく日本一のラッパーです。

さらにR-指定はライブやテレビ番組で聖徳太子スタイルというフリースタイルラップを披露していました。

 

 

 

聖徳太子スタイルとは出された複数のお題のワードを使い即興でラップをするというものです。

 

 

また、落語が好きで自身のラップは歌謡曲や落語の影響を受けていると明言していました。

ラップを始めたきっかけは子供のころにお店で流れていたSOUL’d OUTを聞いたことで、中学2年の時からすでにリリックを書き始めたそうです。

大学に進学しましたがろくに学校に行かず最終的には除籍になりました。

しかし、それがきっかけでラップの世界で生きる覚悟を決めることができたそうですよ。

 

DJ松永

 

 

世界一のDJ、チェリーボーイ。

  • 新潟県長岡市出身
  • 1990年(平成2年)8月23日 生まれ
  • オードリーの大ファン

 

2019年9月28日ロンドンで開催された「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」に日本代表としてバトル部門に出場しました。

 

DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPSとは、世界一のDJを決めるもっとも歴史のある大会です。

そこでDJ松永はディフェンディングチャンピオンのK-Swizzに勝利して優勝しました。

つまりDJ松永は世界一のDJになったのです。

 

またオードリーの大ファンで、昔からオードリーのオールナイトニッポンを聞いました。

 

DJ松永自身が「オードリーのオールナイトニッポンに助けてもらって生きてきた」というくらいですから相当なファンですよね!

クリーピーナッツが有名になるにつれオードリーとの交流をもてるようになり、ついにはオードリーのオールナイトニッポンの10周年イベントのテーマソングを作ることになります!

 

これにはDJ松永も「嬉しすぎて、まだ実感がわかない」というくらい感慨深いようです。

 

実はDJ松永は年齢₌彼女いない歴で、今までに彼女がいたことがありません!

つまりチェリーボーイ。

ちなみに相方のR指定は風俗好きですが、DJ松永は風俗にも行かないので真性チェリーボーイのようです。

 

またDJ松永は高校に進学しますが、高校1年生の時にDJ活動に打ち込むため中退。

DJに自分の全ての時間をかけたいという思いがあったようです。

 

10代で自分の道を決め走り続けるのはかっこいい!

素直に尊敬できますね。

 

スポンサーリンク

【クリーピーナッツ】二人の出会いは?

 

 

「R-指定」と「DJ松永」の初めての出会いは、お互いが10代頃にラッパーやDJを集めたイベントで知り合ったのがきっかけです。

当時の20歳になる前ぐらいの世代を全国から集めたイベントで、当時ラップはアンダーグラウンド化してました。

 

なので全国から集まってきたのは強面の不良ばかり…。

その中に「DJ松永」だけ短パン・サンダルでひょろひょろ姿。

 

R-指定のDJ松永への第一印象は「こいつ雑魚そうやな」

 

R-指定のグループも不良じゃなくて和気あいあいした連中ばかりでしたのでDJ松永と友達になれそうだと思ったようです。

各地からくる街の不良代表みたいな奴らが集まってくるのにR-指定のグループは恐れていましたが、新潟からひょろひょろ姿の松永が来たので「おいでおいで」ってすぐ仲良くなりました。

 

ちなみにDJ松永もR-指定たちのことを「雑魚そう」と思っていたようです。

そこからしばらくは友達の関係が続きました。

 

しかし一緒に曲を作ってみたりして、友達以上ユニット未満のような期間があったようです。

そしてだんだんと仲良くなった自然な流れでユニットを組むようになりました。

 

ユニットを組むのに明確なポイントはなかったようですが、組むのにあたって「音楽を抜きにして友達になれるか」という点が大事だったようです。

 

補足ですが、R-指定とDJ松永が出会って3言目ぐらいで

R-指定「DJ松永さんって童貞ですか?」

DJ松永「ロンモチ!」

というやりとりがあるくらい気が合ったそうです。

 

性格が180度違う二人だからこそ、成り立っているのかもしれませんね。

ちなみにR指定は「遅刻魔」ということでも有名で、DJ松永が怒りつつネタにしていることも有名ですね。

ラジオやメディアで溜まった鬱憤を吐き出し、MCバトル最強の「R-指定」に話す隙すら与えずこてんぱんに言い負かす「DJ松永」がなんとも面白いですよね。

タジタジになっている「R-指定」も可愛いですw

 

この流れを楽しみにしているファンも多いはず。

最高のコンビなのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

こうしてみるとクリーピーナッツの2人が最初からイケていた訳ではないことが分かりますね。

  • クリーピーナッツの名前の由来はクリーピー=不気味な、ナッツ=金玉
  • R-指定は大学を除籍されてからラップで生きていくと覚悟を決めた
  • DJ松永はチェリーボーイ
  • 2人の出会いは10代のころのイベント、周りに比べお互いにさえていない同士だったから仲良くなった

しかしそこからラップの日本一やDJの世界一までのぼり詰めていくストーリーや実績があるにも関わらず腰が低いところが彼らの魅力なのかもしれませんね。

これからますます活躍するであろうクリーピーナッツに注目です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!

スポンサーリンク

10月26日 19:23